記事検索
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】

IEEE 802.11n仕様の最終決定は9月。ドラフト製品は正式版扱いに


Wi-Fi Allianceのケリー・ディヴィス・フェルナー氏

 Wi-Fi Allianceは23日、無線LAN規格「IEEE 802.11n」における今後の展開に関する説明会を開催した。

 IEEE 802.11nに関しては、2007年6月に「IEEE 802.11n ドラフト2.0」の相互接続認定プログラムを開始。Wi-Fi Allianceによれば、2009年7月23日時点で649製品が認定を取得済みで、2009年に出荷される無線LANチップセットの45%がIEEE 802.11nに対応するとした。また、2012年には全体の60%にまで比率が伸びると見込んでいる。

 IEEE 802.11nの動向について、Wi-Fi Alliance マーケティング ディレクターのケリー・ディヴィス・フェルナー(Kelly Davis-Felner)氏は、「IEEE(米国電気・電子学会)が9月に開催予定の会合で、IEEE 802.11nの仕様が最終決定される見込みだ」と説明。その上で、「基本機能に変更はなく、ドラフト 2.0認定を受けた製品は、正式版認定製品として扱う」と述べた。このため、すべてのドラフト 2.0認定製品は、IEEE 802.11n認定ロゴを使用できる。

 認定プログラムに関しては、IEEE 802.11nの最終仕様に追加される一部オプションをテスト項目に9月下旬から追加する。追加されるのは、データ伝送効率を向上させる「パケット アグリゲーション(A-MPDU)」や、一定環境でパフォーマンスを高めるためのマルチアンテナ伝送手法「Space-time Block Coding(STBC)などで、詳細なテスト情報は追って告知される。


IEEE 802.11nの動向 認定プログラムにオプションテストを一部追加する ドラフト2.0認定製品は650を超えるという

 フェルナー氏は合わせて、無線LAN設定システム「Wi-Fi Protected Setup(WPS)」に関して、2010年をめどに、無線LANアクセスポイントを介さずに無線LAN機器同士が直接通信する「アドホックモード」をWPSの対象に加えることを明らかにした。

 また、IEEE 802.11nおよびIEEE 802.11a/gを対象にした新たな認定プログラム「Wi-Fi device-to-device connectivity」を、2010年に開始すると紹介した。同プログラムでは、無線LANネットワークやインターネット環境がない場合でも、複数の無線LAN機器間の接続をサポートするもの。

 接続した機器同士ではアプリケーションの利用も可能で、例えば、カメラとプリンタを組み合わせた写真の印刷、携帯電話からテレビへの写真表示などの利用シーンを想定する。この際、1台の機器が無線LANアクセスポイント、それ以外の機器がクライアントとして動作するという。

 このほか説明会では、無線LAN対応の携帯機器が2009年に約1億200万台に達する調査会社の指標が示され、フェルナー氏は「Wi-Fi Allianceにとって、携帯機器の無線LAN対応は成長著しい分野の1つである」と述べた。


WPSではアドホックモードも対象に加える 新たな認定プログラムも2010年に開始予定 無線LAN対応の携帯機器は急速に成長しているという

関連情報



(村松 健至)
2009/7/23 15:21  
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.