Broadband Watch logo
バックナンバー

第5回:まだまだあるぞ! いろんなIM
[2004/03/05]
第4回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その3)
[2004/03/04]
第3回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その2)
[2004/03/03]
第2回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その1)
[2004/03/02]
第1回:インスタントメッセンジャーで何ができる?
[2004/03/01]
無料の便利ツール、インスタントメッセンジャーを使いこなす!

第5回:まだまだあるぞ! いろんなIM


プロバイダーやポータルサイトが提供しているその他のIM

 第1回で紹介したIMのほかにも、プロバイダーが会員向けに提供しているIMや、コミュニケーション専用サイトが提供しているIMなどが存在する。

 面白いのは「レーダー機能」を持つIMだ。これは同じサイトにアクセスしているユーザーを探知できるというもの。共通の話題にしたいサイトへアクセスするだけでよく、人の集まるところに参加するという疑似体験も可能だ。利用率の高いサイトを教えてくれるものもあるので、参考にしてもいいだろう。


BIGLOBEメッセンジャーを起動し、Broadband Watchサイトにアクセスしてみたところ。1名のユーザーがアクセスしていることがわかった。ちなみにBIGLOBEメッセンジャーは「バザールでござーるskin」にカスタマイズしている

 これらのIMはカラフルでカジュアルな外観を持つものが多く、機能的にもチャットとメッセージ送信を別にしている点から、簡易的な電子メールとチャット機能が一体化したコミュニケーションツールという印象が強い。ビジネスユースというよりはサークル活動やオフタイムを楽しみたい人向けという位置付けのIMだろう。





Chatla(So-net)

 自分と同じホームページを見ている他のChatlaユーザーがわかるレーダー機能付き。同じページを見ているという共通点をきっかけに、コミュニケーションを開始できるのが特長だ。自己紹介用の簡易ホームページを作成するサービスも利用できる。


Chatla
(C)2004 Sony Communication Network Corporation.
環境 OS: Windows XP/2000/98/NT 4.0以上
ブラウザ: Internet Explorer5.01以上
対象 So-net接続サービス会員
料金 無料
機能 メッセンジャー(オフラインでも送信可能)、チャット、ボイスチャット、ボイスメッセージ、Chatlaユーザーのための自己紹介用のページ公開サービス、レーダー機能など



URL
  Chatla
  http://www.so-net.ne.jp/chatla/




BIGLOBEメッセンジャー

 BIGLOBEサービス会員以外でも、無料の「BIGLOBEカフェ」に登録すれば利用可能。IMのデザインを変更できるスキンが何種類も用意されており、中でも「バザールでござーるskin」はBIGLOBEならではのスキンだろう。BIGLOBEメッセンジャーでのチャットイベント、プレセントキャンペーンやメンテナンス情報などと通知するメルマガサービスも用意されている。


フレンドリストのお友達をダブルクリックすると起動する「コミュニケーションセンター」
環境 OS: Windows XP/Me/2000/98SE/NT
ブラウザ: Internet Explorer 5.0以上、Netscape Navigator 4.0〜4.79
対象 BIGLOBEサービス会員またはBIGLOBEカフェ会員
料金 無料
機能 メッセージ送受信、テキストチャット、ファイル転送、レーダー機能など



URL
  BIGLOBEメッセンジャー
  http://im.biglobe.ne.jp/index-sc.html




ODNメッセンジャー

 風水に基づいた相性占い機能が標準装備されているという珍しいIM。あらかじめ設定しておいた「いい友達」の条件に合う相手が見つかると、ともだちチャンネルの中の「相性フォルダ」に自動的に表示される仕組みだ。


ODNメッセンジャー公式サイト
環境 OS: Windows XP/Me/2000/98
対象 ODN接続会員またはODNPAL会員(受け付け終了)
料金 無料
機能 風水に基づいた相性占い機能、テキストチャット、ボイスチャット、ファイル送信、ホワイトボード機能、Webガイド機能など



URL
  ODNメッセンジャー
  http://messenger.odn.ne.jp/doc/




@niftyメッセンジャー デリポップ

 多彩なメッセージカードから好きなカードを選んでメッセージを送信できる。IMと連動したコミュニティサイト「@niftyコミュニティ」も用意されており、デリポップの起動状態やステータス、ひとことメッセージを確認できる。OSはWindowsのほか、Mac OSにも対応する。


デリポップでステータスを変更したところ。またデリポップが起動しているとキャラクタのアイコンが表示される
環境 OS: Windows XP/Me/2000Pro/98/NT、Mac OS 8.5以上
Internet Explorer 4.01以上
対象 @nifty ID取得ユーザー(無料)
料金 無料
機能 インスタントメッセージ、オエカキ作品の送受信、プライベートチャットルームなど



URL
  @niftyメッセンジャー デリポップ
  http://www.nifty.com/delipop/toha/index.html




gooメッセンジャー(ベータ版)

 アラート設定メニューを使うとニュース、天気といった情報をポップアップでお知らせしてくれる。また、自動会話ロボットとチャットが楽しめるといった機能も用意されている。ただしこの機能は準備中で、現在はgooメッセンジャーのヘルプ機能「ぐー助」の1種類のみ利用できる。


インスタントメッセージ送受信画面。ファイルも簡単に添付できる
環境 OS: Windows XP/2000Pro/98SE/
Internet Explorer5.5以上
対象 gooパスポートIDユーザー(無料)
料金 無料
機能 インスタントメッセージ、ファイル添付、アラート、自動会話など



URL
  gooメッセンジャー(ベータ版)
  http://messenger.goo.ne.jp/




Cafesta Messenger

 パワードコムが提供するポータルサイト「Cafesta」で提供しているIM。アバターを利用したコミュニケーションが特徴で、ボイスチャット、ビデオチャット機能も搭載している。


タブを切り替えてコンテンツを操作できる
環境 OS: Windows XP/2000Pro/98SE/
対象 Cafesta ID取得ユーザー(無料)
料金 無料
機能 テキストチャット、ボイスチャット、ビデオチャット、2ショットチャットなど



URL
  Cafesta Messenger
  http://www.cafesta.com/




マナーやリスクも知った上で活用したいIM

 ここまでさまざまなIMをご紹介してきた。手軽で便利なIMだが、ダイレクトに連絡が取れるがゆえに守りたいマナーもある。

 相手によっては仕事のために接続した場合も考えられるので、呼びかけても気軽な雑談に付き合えない場合もあるだろう。インスタントメッセージの場合は「即答」が求められがちだが、多忙な場合は応答が遅くなってしまう可能性があることを考慮しよう。そのため、メッセージを送る場合はまずは軽く挨拶をし、応答できる状態かどうか確認するとよいだろう。

 また、チャットはメールと比べて文章の推敲が不十分になりがち。相手を不快にするうっかり発言にも配慮したい。見知らぬ相手ならなおさらだ。このあたりは電話をかけるときのマナーを思い出すといいだろう。

 また、コンピュータウイルスや迷惑メールの問題もある。ほとんどのIMではリストに加えた特定の相手からのコンタクトだけを許す設定や、不特定多数からのコンタクトを許す設定があるが、不特定多数からのコンタクトを許す場合は注意が必要。未知の話し相手を探せるという刺激もあるが、迷惑メールに似たようなメッセージを多数受けとる可能性が増えることも知っておこう。IMの世界にもコンピュータウイルスに感染する危険性は潜んでいる。特にファイルの送受信時は要注意。他人に迷惑をかけないためにも、常にウイルスに対する自衛はしておきたい。

 シーンが変わってもコミュニケーションで求められるマナーは変わらない。また自分のプライバシーをどこまで公開するかも考えながら、楽しく活用しよう。


関連情報

関連記事
第1回:インスタントメッセンジャーで何ができる?
第2回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その1)
第3回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その2)
第4回:MSN Messenger 6.1を使ってみよう(その3)

2004/03/05 12:45

すずまり
モニタ上の世界と触感のある世界の共存を目指し、WEBデザインとライターとハンドメイドアクセサリーつくりをしている申年。お気楽文章が得意で、多機能で便利なものならなんでも大好き。見て・読んで・使ってHAPPYな世界を目指しつつ、日夜精進中。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation All rights reserved.