Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
ニコン、2GBのオンラインアルバムと連動した無線LANデジカメ「S50c」

 ニコンは、IEEE 802.11b/g準拠の無線LANを搭載したデジタルカメラ「COOLPIX S50c」およびS50c向けのオンラインサービス「COOLPIX CONNECT」の製品説明会を4月3日に開催した。


無線LANでオンラインストレージへ画像をアップロード

COOLPIX S50c
 COOLPIX S50cは、無線LAN経由でS50c内の画像をオンラインにアップロードできるデジタルカメラ。製品自体は2月に発表済みで、発売は4月を予定している。オープンプライスで、店頭予想価格は40,000円前後の見込み。

 利用できる無線LANはSSIDと暗号キーを指定できる自宅などの環境に加え、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「HOTSPOT」にも対応する。対応する無線LANの暗号方式は64/128bitのWEP、TKIP、AES。なお、「COOLPIX S7c」までの無線LAN搭載モデルで対応していた、無線LAN経由のPC転送機能はS50cでは対応していない。

 カメラ機能は有効画素数720万画素の1/2.5型原色CCDで、レンズは35mm換算焦点距離38-114mm相当、F3.3〜4.2の光学3倍ズームニッコールレンズを搭載。最大4倍のデジタルズームやレンズシフト式手ブレ補正機能を備え、ISOは最大1600まで設定できる。

 本体サイズは約97.5×21×59mm(幅×奥行×高、突起部を除く)、重量は約125g(バッテリー、SDカード除く)。本体は13MBのメモリーを内蔵し、外部メモリはSDカードに対応する。液晶モニタは広視野角3.0型TFT液晶で、輝度調整機能も搭載する。


本体前面 本体背面。無線LAN機能の利用時には「Wi-Fi」ロゴが表示

本体上部。電源やシャッター、手ブレ補正ボタンなどを搭載 本体下部は電池とSDメモリーカード

2GBのオンラインアルバムとBBモバイルポイント1年分を無料で提供

COOLPIX CONNECTのサービス概要

COOLPIX CONNECTの仕様
 S50cの購入者は、オンラインアルバムサービス「COOLPIX CONNECT」が無料で利用可能。ユーザーには最大2GBのディスク容量が用意され、S50cで撮影できるJPEG形式の静止画とMotion JPEG形式の動画をアップロードできる。また、外出時にはBBモバイルポイントが初回利用から最大1年間利用可能。BBモバイルポイントの利用設定はあらかじめ行なわれているため、登録作業など必要なく利用できる。

 アップロードの方法は、サーバーにアップロードした画像を指定したメールアドレスに通知する「ピクチャーメール」、複数の画像を一括してアップロードする「ピクチャーバンク」の2種類。ピクチャーメールは最大30件まで同時にメールを送信でき、メールには最大3枚の画像サムネイルとURLを用意。メール受信者がURLにアクセスすると、送信側が指定した画像を閲覧できる。

 ピクチャーメール送信時の画像ファイルサイズは「プリントサイズ(1,600×1,200ピクセル)」、「PCサイズ(1,024×768ピクセル)」、「TVサイズ(640×480ピクセル)」、オリジナル(リサイズなし)」から選択可能。ピクチャーメールで送信した画像はCOOLPIX CONNECT上にも保存され、後から確認することもできる。

 ピクチャーバンクはメール通知を行なわずにCOOLPIX CONNECTへアップロードする機能。アップロードは手動のほか、充電時に周囲のSSIDを検索して自動でアップロードする機能も備える。アップロード時にはファイル名やファイルサイズなどを確認し、重複する画像はアップロードしないよう対策を施しているという。

 COOLPIX CONNECTにアップロードされた画像はダウンロードも可能で、画像の回転もブラウザから設定可能。また、指定した画像でアルバムを作成し、アルバム単位で他のユーザーへURLを公開する機能も搭載する。URLはパスワードなどを入力する必要なくアクセスでき、アルバムを削除すれば画像も表示できなくなる。COOLPIX CONNECTへPCから画像をアップロードすることも可能なほか、他のCOOLPIX CONNECTユーザーから送られたアルバムを表示する共有機能も備える。


初めに自分のメールアドレスとニックネームを設定 無線LANアクセスポイント経由で画像をアップロード

ピクチャーメールは30件まで送信できる 充電と同時に画像をアップロードする機能も搭載

アップロードした画像から新たにアルバムを作成することもできる アルバムの共有機能

SNSやブログ、携帯電話などへの対応も検討

ニコン 映像カンパニー マーケティング本部 第一マーケティング部 第二マーケティング課の中山正マネージャー
 ニコン 映像カンパニー マーケティング本部 第一マーケティング部 第二マーケティング課の中山正マネージャーは、S50cとCOOLPIX CONNECTのコンセプトを説明。インターネット環境の変化により無線LANの世帯普及率は20%近く、公衆無線LANの契約者数も600万件と成長している点に加え、「PC利用者の4割がブログやSNSといったサービスを利用している」と指摘。「Web上で写真や動画を利用したコミュニケーションが今後も拡大すると考えられる」という市場の背景を示した。

 そうした背景を踏まえた上で中山氏は「特にコンパクトデジタルカメラに関しては、カメラそのものが欲しいというよりも、カメラによって得られる楽しみや喜びが求められている」とコメント。「その楽しみを簡単に提供できる方法はないかと考え、今回のサービスを開発した」と語った。

 無線LAN対応のデジタルカメラは、2005年9月に「COOLPIX P1」を発売したのが始まりだが、この時は画像をPCやプリンタに転送するための機能として無線LANが用いられていた。ただし、無線LANでPCへ画像を転送するための設定を難しく感じるユーザーが多かったことに加え、海外でピクチャーメールに似たサービスを展開した際に好評だったことから、今回はPCへの転送機能を削除し、オンラインへのアップロード機能を強化したという。

 オンラインアルバムでは日本でYahoo! JAPANが「Yahoo!フォト」を運営しているほか、「フォト蔵」「livedoor PICS」などの画像共有サービスも多く存在。また、米国ではYahoo! Inc.の「Flickr」が人気を集めている。こうしたサービスについて中山氏は「Yahoo!フォトは基本的にストレージサービス。Flickrなどは蓄積もできるが多くの人と画像を共有する公開型のサービス」との特徴を示し、「COOLPIX CONNECTはパーソナルスペースに保管しながら、限られた仲間や家族とのみ画像を共有するサービス」との違いを語った。

 S50cのターゲット層は、トレンドに敏感でブログやSNSによるコミュニケーションも行なっている20代〜30代女性を第1ターゲットに、公衆無線LANやPCなどの利用に慣れているが、忙しくて画像の取り込みを面倒に感じている30代〜40代男性をターゲットに設定。女性にはピクチャーメールによる友人への画像送信機能を、男性にはピクチャーバンクによる画像の自動アップロード機能をそれぞれアピールしていく。

 今後は携帯電話など対応デバイスの拡充や、SNSやブログなどの連携も検討を進めるほか、ディスク容量の拡大についても検討を進めているという。また、COOLPIX CONNECT以外のオンラインアルバムへのアップロードについても「米国ではCOOLPIX CONNECTからFlickrへ画像を転送する機能を実装する予定」と説明。「Flickr連携は米国内での利用に限られるが」と断った上で、「日本で具体的な話があるわけではないが、前向きに対応を考えてきたい」とした。


開発の背景 オンラインアルバムサービスにおけるCOOLPIX CONNECTの位置付け

COOLPIX S50cとCOOLPIX CONNECTのターゲット層


COOLPIXにおける無線LANへの取り組み 今後の展開

関連情報

URL
  ニュースリリース(2/20)
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0220_s50_04.htm

関連記事
ニコン、IEEE 802.11b/gに準拠した720万画素デジカメ「COOLPIX S50c」
ソニー、世界初のDLNA搭載無線LANデジタルカメラ「DSC-G1」


(甲斐祐樹)
2007/04/03 17:25
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.