Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
アクトビラ、H.264形式も用意する「アクトビラ ビデオ」を9月に開始

アクトビラ ビデオ
 テレビポータルサービス(TVPS)は、VOD形式による対応デジタルテレビ向け動画配信サービス「アクトビラ ビデオ」を9月1日に開始すると発表した。10月31日までは無料タイトルが配信され、有料サービスは11月1日を予定する。対応デジタルテレビは今後発売される予定。

 アクトビラ ビデオは、STBなどを利用せずにブロードバンド回線を接続した対応デジタルテレビ上で、映像コンテンツをオンデマンド配信により視聴できるサービス。コンテンツは、ネオ・インデックス、バンダイチャンネル、ギャガ・コミュニケーションズなどから提供を受け、ジャンルは映画やドラマ、バラエティ、アニメなどをラインナップする。

 映像配信形式は、H.264を採用したHD画質の映像を配信する「アクトビラ ビデオ・フル」と、MPEG-2のSD画質を配信する「アクトビラ ビデオ」の2種類を用意。DRMはMarlinを採用し、ビットレートはアクトビラ ビデオ・フルが4〜8Mbps程度、アクトビラ ビデオは2〜4Mbps程度になる。両コンテンツの区別は、アクトビラのパンフレットなどでマーク表示による区別を行なっていくという。

 また、9月1日から10月31日までは無料のおためしサービスを実施され、ポール・マッカートニーやU2、オアシスなどの海外アーティストライブ映像など50タイトルが無料で視聴できる。その上で、11月1日に有料サービスを開始する考えで、当初は300タイトルを配信する予定。来春をめどに1,000タイトルまで拡充するとしている。

 入会金、基本料金は無料。コンテンツ利用料金は1本105円からで、視聴時間はコンテンツごとに異なる。決済方法はクレジットカードとISP課金の2種類で、ISP課金はSo-netから順次拡大する。加えて、電子マネー決済への対応も検討していく。

 なお、サービスの利用には、アクトビラ ビデオに対応したデジタルテレビが必要で、現在市販されている静止画と文字をベースにした情報配信サービス「アクトビラ ベーシック」にのみ対応したデジタルテレビでは同サービスは利用できない。TVPSによれば、対応デジタルテレビは各社から今後発売されるとしている。

 TVPSでは合わせて、9月1日に会社名を「株式会社アクトビラ」へと変更する。同社では、サービスブランドと社名を一致させて、ブランドに込められた「activeでaliveなデジタルテレビ向けの新しいネット・サービスを提供し続けていく」という。


サービス利用イメージ

関連情報

URL
  アクトビラ ビデオ ニュースリリース(PDF)
  http://actvila.jp/pdf/press_20070808_2.pdf
  社名変更 ニュースリリース(PDF)
  http://actvila.jp/pdf/press_20070808_1.pdf

関連記事
アクトビラが説明会を開催。「テレビに標準搭載される点が大きな特徴」


(村松健至)
2007/08/08 12:29
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.