Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
ウィルコム、データ通信が上限2800円の「新ウィルコム定額プラン」

新ウィルコム定額プランの概要
 ウィルコムは22日、2月5日からの新料金プラン「新ウィルコム定額プラン」を発表した。月額基本使用料2900円でウィルコム同士の音声通話は使い放題、パケット通信は基本料無料とし、1パケットあたり0.084円で月あたりの上限は2800円となる。

 ウィルコムではこれまでウィルコム間の音声通話およびメールが無料になる「ウィルコム定額プラン」を月額2900円で提供しており、データ通信についてはオプションプランとして月額1050円から3800円の「データ定額」を提供していた。

 今回発表された「新ウィルコム定額プラン」は、データ通信料は1パケットあたり0.084円で、基本料無料、月額上限を2800円とした。データ通信の上限を従来の3800円から1000円値下げした形になる。データ通信料金には、Web閲覧のほか、パソコン等に接続してのデータ通信も含まれる。

 音声通話は、ウィルコム同士の通話は基本料金に含まれるため使い放題となる。他社携帯電話へは30秒あたり13.125円、一般加入電話へは30秒あたり10.5円。

 また、複数回線契約者への優待プランも用意。3回線以上で契約できる「新トリプルプラン」を設けた。通常の「新ウィルコム定額プラン」の基本料が2900円のところ、「新トリプルプラン」では、1000円安い1900円となる。ただし、「新トリプルプラン」では夜間21時〜1時のウィルコム同士の通話料金が30秒あたり10円の従量課金となる。逆に他社携帯電話や一般加入回線への通話は30秒あたり10円と、「新ウィルコム定額プラン」より安くなるため、主に企業向けのプランと考えて良いだろう。

 「新トリプルプラン」を利用しなくても、2回線目以降は「ファミリーパック」適用で「新ウィルコム定額プラン」の基本料は2200円となるため、夜間21時〜1時の間の通話が多い場合は、ファミリーパックの利用とどちらが得か検討した方が良さそうだ。

 データ通信料については、「ファミリーパック」適用の場合も、「新トリプルプラン」についても、通常の「新ウィルコム定額プラン」と同様に1パケットあたり0.084円で月の上限が2800円となる。

 このほか、ウィルコム以外への通話に対するオプションプラン「070以外もお得な通話パック」の無料通話分も拡大。従来月額1050円で1250円分の通話が可能だったが、新料金プランでは2100円分まで利用可能となる。


現行のウィルコム定額プランとデータ定額 他社との比較 ウィルコム以外の音声通話料金パックも無料通話分を拡大

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/01/22/index.html
  ウィルコム
  http://www.willcom-inc.com/


(甲斐祐樹)
2009/01/22 15:25


BB Watch ホームページ
Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.