Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
ウルトラシリーズをブロードバンド配信する「円谷チャンネル-BB」

発表会の模様。ウルトラシリーズの出演者も登場
 松下電器産業は、円谷プロダクションと提携、11月初旬よりブロードバンド配信サービス「円谷チャンネル-BB」を開始する。月額料金は800円で、サービス開始時は「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の3作品が配信される。

 円谷チャンネル-BBは、円谷プロダクション、小学館、松下電器産業、TBSラジオ&コミュニケーションズ、デジタルウルトラプロジェクト(DUP)の5社によるプロジェクト「ULTRA COLLABORATION2」の一環として展開されるもの。このプロジェクトでは他にもウルトラマンの制作秘話を綴った書籍や、DVD「怪奇大作戦」などが販売される。携帯電話向けには公式サイト「円谷ステーション」がすでに開設、10月5日からはラジオ新番組「ウルトラQ倶楽部」もスタートする。

 松下電器と円谷プロは、1999年2月にデジタルメディア分野における展開について提携しており、松下電器では「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」のデジタル原盤制作や円谷プロのオフィシャルサイトなどを手がけている。松下電器はこれらのデジタルリマスタリングされた原盤を活用し、円谷チャンネル-BB向けにコンテンツを提供する。

 円谷チャンネル-BBの配信は、ISP連合「メガコンソーシアム」の幹事会社を務めるKDDI、NEC、日本テレコム、松下電器が設立した「ブロードバンドサービス企画」が手がける。ブロードバンドサービス企画ではまずDION、BIGLOBE、ODN、Panasonic hi-hoの会員向けに円谷チャンネル-BBを配信、その後配信先を順次拡大していく予定という。ISP会員はブロードバンド接続会員に限らず、コンテンツ会員なども利用できるという。

 円谷チャンネル-BBの月額料金は800円で、視聴にはWindows Media Playerを使用し、配信帯域は500kbps。サービス開始時には「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」の3作品を1週間に1話ずつ配信される。作品は1週間ごと入れ替えが行なわれ、配信が終了した作品は視聴することができない。

 円谷チャンネル-BBでは本編のほかにも、制作スタッフのインタビューや制作秘話などを紹介する「エクストラ・ムービー」を配信する。そのほかオンラインでのゲーム大会など、ユーザーが参加できるイベントも実施される予定だ。今後は他のウルトラシリーズや他のヒーローなどの配信も予定しているという。


ウルトラマンとウー(右)の対決シーン
(C)円谷プロ
ウルトラセブン
(C)円谷プロ

発表会に登場したウルトラマン(中央)と「ウルトラQ」のペギラ(左)、「ウルトラマン」のバルタン星人(右) ウルトラセブン(中央)と「ウルトラセブン」のエレキング

配信情報
名称: 円谷チャンネル-BB
日時: 11月初旬〜
URL: 未定
対象: DION、BIGLOBE、ODN、Panasonic hi-ho会員
料金: 月額800円
対応プレーヤー: Windows Media Player
配信帯域: 500kbps


関連情報

URL
  松下電器産業
  http://www.matsushita.co.jp/
  円谷プロダクション
  http://www.m-78.com/
  ブロードバンドサービス企画
  http://www.bb-service.co.jp/
  関連記事:DUP、DVD「怪奇大作戦」を年末に発売 −新作ドキュメンタリー「ウルトラの揺り籠」も同時リリース
  http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030918/ultra.htm

関連記事
東映特撮BB、「仮面ライダーV3」「電子戦隊デンジマン」などを配信
「ブロードバンドサービス企画」が事業会社化。KDDIが筆頭株主に


(甲斐祐樹)
2003/09/18 17:25
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.