Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
孫正義社長会見「Yahoo! BB 光はテレビのポータルサイトに」

 ソフトバンク・グループは4日、光ファイバによる新サービス「Yahoo! BB 光」開始に関する記者会見を行なった。会見ではソフトバンク・グループの孫正義代表取締役兼CEOが、光ファイバサービス参入の理由やサービスの概要について説明を行なった。


固定電話や光ファイバはブロードバンドの1つのセットに

ソフトバンク・グループの孫正義代表取締役兼CEO
 孫氏ははじめにYahoo! BB 光のサービス提供について「“なぜ光に参入するのか”“どのようなサービスを提供するのか”を、規制の面も含めて検討を重ねてきた」とコメント。「“光への参入の機は熟した”との判断からYahoo! BB 光を発表した」と語った。

 ADSL接続サービス「Yahoo! BB」のサービス開始とほぼ同時期に総務省が発表したe-Japan戦略では、2005年には光ファイバが800万回線まで普及するとの予測が示されていた。これについて孫氏は「総務省もNTTも光ファイバが主流で、ADSLは一時的なものにすぎないと言っていたが、その結果は誰もが知っている(通りADSLが主流になった)」と指摘。さらに世界各国の通信サービスにおける1Mbpsあたりの料金比較で日本が最安値を実現したというデータや、IP電話サービスの日常への浸透を踏まえた上で「Yahoo! BBがADSL事業を開始し、競争が促進されることで日本のブロードバンドは世界一の速さと安さを実現できた」と語った。

 先日発表した日本テレコムの固定電話サービス「おとくライン」については「みなさんは驚かれたかもしれないが」と前置いた上で、「私に言わせると固定通信を使ったブロードバンドや固定電話、光ファイバはすべてブロードバンドの1つのセットになっていくと考えている」とコメント。面を取り、付加サービスを積み上げていくというYahoo! BBの基本的なビジネス戦略に沿うものとした。


FTTHの加入者予測と実績の比較データ ADSLの加入者予測と実績の比較データ

技術革新と制度の変更が光ファイバ参入の理由

光ファイバと比較してADSLを選択した理由
 ADSL、固定電話を踏まえて新たに開始する光ファイバの参入理由について孫氏は、Yahoo! BBを開始した当時の事情を説明。「Yahoo! BBを開始した頃の光ファイバサービスは、10Mbpsのアクセス回線を32人で共有するサービスであり、1人あたり0.3Mbpsしか出なかった。これに対してADSLなら最大8Mbpsを1人で占有できる上に価格も光ファイバの1/4と安価」との判断から、光ファイバではなくADSLを選択したのだという。

 これに対して、今回サービスを発表したYahoo! BB 光では、1Gbpsの光アクセス回線を分岐する「GE-PON(Gigabit Ether Passive Optical Network)」を採用。この技術によって1Gbpsを最大32ユーザーで分岐した場合も1ユーザーにつき30Mbpsが確保可能となり、「同じ光でも意味のある性能になった」と孫氏は指摘。この技術向上に加え、対応機器を安く大量に生産するための体制が整ったことが光ファイバ参入の大きな理由だという。

 さらに参入のもう1つの理由として、制度的な問題も挙げられた。孫氏はアンバンドル利用するNTT東西の光ファイバ回線について「従来までは両端に接続する機器がNTTに指定され、独自の機器を利用できなかった」とコメント。このためYahoo! BBでは独自の機器を利用できるための協定について交渉を進めており、NTT東日本との間で7月末、NTT西日本との間で先週末にこの協定が成立したことから今回の発表に至ったという。


BフレッツとYahoo! BB 光のアクセス回線比較 最大32ユーザーで同時接続した場合の速度比較

Yahoo! BB 光はテレビのポータルサイトに

Yahoo! BBのバックボーン
 料金面ではNTT東日本の「Bフレッツ ニューファミリータイプ」の4,500円と比較して4,200円と大きな差はないものの、「(ニューファミリータイプの100Mbpsと比較して)アクセス回線が1Gbpsという点が大きい」とコメント。また、ルータを利用したセキュリティ対策サービスをNTT東日本がオプションサービスとして提供しているのに対し、Yahoo! BBは追加費用無料で提供する点も違いとした。

 Yahoo! BB 光のバックボーンは別個のものを構築するのではなく、ADSLで構築したものを増強して併用する。また、日本テレコムが保有する長距離ダークファイバがかなりの面で利用できるという。孫氏は「インターネットへの接続は東京からで480Gbps、大阪からで120Gbpsと強力なバックボーンを構築した」との自信を示した。

 オプションサービスには、テレビの映像を無線経由で伝送できる「無線TV パック」、多チャンネルや電子レンタルビデオが利用できる「BBTV」など、映像関連のサービスを多数取り揃える。また、Yahoo! BB 光専用のポータルサイトではこれらの映像が楽しめるほか、テレビ向けにもYahoo! BB 光のポータルサイトを提供する予定。孫氏は「Yahoo! JAPANがPCのポータルを抑えた。Yahoo! BB 光はテレビのポータルサイトを取っていきたい」との意気込みを示した。

 無線TV パックと連動し、録画したテレビ番組をインターネット上に保存できる「Yahoo! BB ネットワーク HD」については開始時期と価格を現在準備中であり、正式に決定した段階で別途発表する予定。著作権など法的な問題や技術面については徹底的に検討を行なった上でサービスを提供するとした。


Yahoo! BB 光専用サイト テレビ映像を無線で伝送できる「無線TV パック」

戸建て向けの1Gbpsサービスも提供を検討

インターネット上に録画したテレビ番組などを保存できる「Yahoo! BB ネットワーク HD」
 今後の予定としては0AB〜J番号を利用したIP電話を開発中のほか、戸建て向けの1Gbpsサービスも投入を検討しているという。会場では1Gbps対応のONUも参考として展示されていた。

 Yahoo! BBのキャンペーンと同様、機器類を店頭などで配布するのかという質問については「ADSLはユーザー宅にメタル回線が繋がっており、ユーザー自ら取り付けられるが、、光ファイバは引き込み工事が伴うので街角で端末を配ることはないだろう」と否定。「ただし、案内のパッケージや付属品を配ることはあるかもしれない」と付け加えた。

 Yahoo! BB600万ユーザー獲得については「Yahoo! BB 光のユーザーも含めて考えている」とコメント。「ADSLはここ数カ月で新規ユーザーが減りつつあるが、すでにYahoo! BBも新規のADSL端末の仕入れや生産を抑え始めている」とコメント。「ADSLがすべて光になるとは考えていないが、比率は序々に変わっていくだろう」とし、早期に100万加入を達成したい意向を明らかにした。

 サービスの目標は「やるからにはオリンピックで言えば金メダルを目指す」と強気な姿勢を見せたほか、キャンペーンも積極的に展開していく方針を明らかにした。また、ソフトバンクグループ全体での営業利益黒字化も当初の予定から変更はないという。価格面もこれから更なる検討を進めるが、「まずは徹底的に機能を重視する」との方針が示された。


戸建て向け1Gbps用のONU(参考出展) 開発中のONUの背面

開発中ながら700Mbps近い速度を計測

関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.softbankbb.co.jp/press/2004/p1004_2.html

関連記事
ソフトバンクBB、1Gbpsの光ファイバサービス「Yahoo! BB 光」
日本テレコム、固定電話サービス「おとくライン」の新料金体系


(甲斐祐樹)
2004/10/04 21:13
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.