Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
マイクロソフト、音楽配信サービス「MSNミュージック」をサービス開始

MSNミュージック
 マイクロソフトが運営するMSNは、音楽配信サービス「MSNミュージック」を10月20日より開始する。料金はシングル1曲につき158円〜367円で、アルバムが1,300円〜2,200円。サービス開始当初より5万曲を用意、2004年内には10万曲へと拡大する予定。

 MSNミュージックの楽曲提供レーベルは東芝EMI、ワーナーミュージック・ジャパンなど10社。利用には「.Net Passport」の取得が必要で、料金決済はクレジットカードとWebMoneyに対応する予定。楽曲はサービス開始当初5万曲を用意し、2004年内には10万曲を取り揃える予定という。

 楽曲はアーティスト名やタイトル名、50音で検索できるほか、日本で販売されているCDのカタログデータも検索可能。検索したCDをMSNショッピングを通じて購入することもできる。また、マイクロソフトが現在開発中の検索エンジン次期バージョンの正式提供時には、入力ミスなどを修正して楽曲やアーティストを検索できる機能といったバージョンアップを予定しているという。

 MSNが提供する各種サービスとの連携も特徴で、MSNメッセンジャーのタブへMSNミュージックの最新情報を通知してユーザー間で共有できる機能、楽曲やアーティストのページへのリンクをブログサービス「MSNスペース」に挿入し、ブログから楽曲を試聴・購入できる機能などを提供する。これらの機能は配信楽曲数が拡充された後に導入される予定。さらに今後提供予定の「Windows Media Player 10」では、プレーヤーから直接楽曲をダウンロード購入することが可能になるという。

 楽曲のコーデックはWindows Media Audio(WMA)を、DRMはWindows Media DRM ver.9をサポート。上記コーデックとDRMに対応したポータブルプレーヤーに3回まで楽曲を転送できる。楽曲の再ダウンロードは無制限なほか、OSの再インストールやPC買い換えの際のライセンス再発行も3回まで利用できる。

 MSNミュージックのサービス開始に合わせて、MSN編集部が楽曲を紹介するコーナー「ミュージックコンパイラ」も開設。コーナーは毎週更新され、J-POPやDANCE、60'Sといったさまざまなジャンルから音楽を紹介していく。


楽曲ページの画面イメージ Windows Media Player 10での表示イメージ

MSNメッセンジャーのタブ表示イメージ

関連情報

URL
  MSNミュージック(10月20日〜)
  http://music.msn.co.jp/

関連記事
マイクロソフト、新検索エンジンの試作版を近日公開
オリコン、オリコンチャート連動の音楽ダウンロードサービスを立ち上げ
USEN、カラオケ音源なども利用できる楽曲ダウンロード配信「Ongen」
エキサイト、音楽ダウンロードサービス「Excite Music Store」を開始


(甲斐祐樹)
2004/10/13 10:03
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.