Broadband Watch logo
バックナンバー

第70回:「HD」コンテンツって何のこと?
[2005/12/16]
第69回:どんなサービスでIPv6は使われているの?
[2005/12/09]
第68回:IPv6で何が変わるの?
[2005/12/02]
第67回:スカイプって何が便利なの?
[2005/11/25]
第66回:無料で映画やドラマが見られる「GyaO」ってどんなサービス?
[2005/11/18]
第65回:無線LANを簡単に設定できる機能って?
[2005/11/11]
第64回:新しいIEEE 802.11aはアップデートしたほうが良い?
[2005/10/28]
第63回:「ダイナミックDNS」ってどういうことができるの?
[2005/10/21]
第62回:NASってどこが便利なの?
[2005/10/14]
第61回:コンセントでインターネットにつながるって本当?
[2005/10/07]
第60回:家電とパソコンがつながるDLNAってどういう意味?
[2005/09/30]
第59回:パソコンで録画した番組をテレビで見たい!
[2005/09/16]
第58回:外出先から自宅の様子を確認したい!
[2005/09/09]
第57回:無線LANはまだまだ速くなる?
[2005/09/02]
第56回:外出先から自宅のPCにアクセスするには?
[2005/08/26]
第55回:外出先でもブロードバンドを楽しみたい!
[2005/08/19]
第54回:Windows XPで自宅のPC同士を共有して便利に使おう
[2005/08/05]
第53回:電子マネーや非接触ICカードってどうやって使うの?
[2005/07/29]
第52回:ギガビットイーサネットってどれくらい速いの?
[2005/07/22]
第51回:テレビで見られるブロードバンド放送ってどういうサービス?
[2005/07/15]
第50回:インターネットの音楽配信ってどうやって使うの?
[2005/07/08]
第49回:インターネットラジオってどうやって聴くの?
[2005/07/01]
第48回:動画などの大きなファイルを相手に渡すには?
[2005/06/24]
第47回:デジタルカメラで撮った写真を友達に見せたい!
[2005/06/10]
第46回:メッセンジャーってどこが便利なの?
[2005/06/03]
第45回:ソーシャルネットワークサービス(SNS)ってどういうサービス?
[2005/05/27]
第44回:ニュースサイトやブログで見かける「RSS」ってなに?
[2005/05/20]
第43回:最近話題の「ブログ」って何ができるの?
[2005/05/13]
第42回:P2Pってどういう仕組みなの?
[2005/04/22]
第41回:アフィリエイトってどういうメリットがあるの?
[2005/04/15]
第40回:フィッシングって何が危険なの?
[2005/04/08]
第39回:Windows XP SP2って何が違うの?
[2005/04/01]
第38回:危険なホームページを子供に見せたくない!!
[2005/03/25]
第37回:電話加入権がいらない「直収電話」ってどういうサービス?
[2005/03/11]
第36回:「03」や「06」から始まる普通の電話番号のIP電話を使いたい!
[2005/03/04]
第35回:IP電話があれば、固定電話は解約しても大丈夫?
[2005/02/25]
第34回:ブロードバンドのテレビ電話ってどういうサービス?
[2005/02/04]
第33回:1GbpsのFTTHって何が違うの?
[2005/01/28]
第32回:無線で使えるFTTHってどういうサービス?
[2005/01/21]
第31回:「VDSL」ってADSLと違うの?
[2005/01/14]
第30回:FTTHの「占有型」と「共有型」って何が違うの?
[2004/12/17]
第29回:FTTHは本当に100Mbpsなの?
[2004/12/10]
第28回:FTTHってどうやって導入するの?
[2004/12/03]
第27回:インターネット電話ってIP電話と違うの?
[2004/11/26]
第26回:IP電話を使うには何が必要なの?
[2004/11/19]
第25回:IP電話サービスを選ぶ基準は?
[2004/11/12]
第24回:IP電話ってお得なの?
[2004/11/05]
第23回:プロバイダーの無線LANレンタルってお得?
[2004/10/29]
第22回:知らないアクセスポイントが表示されたんだけど……
[2004/10/22]
第21回:無線LANのセキュリティ対策はどうすればいいの?
[2004/10/08]
第20回:無線LANの「11a」「11b」「11g」って何が違うの?
[2004/09/17]
第19回:無線LANを始めるには何が必要なの?
[2004/09/10]
第18回:無線LANってどこが便利なの?
[2004/09/03]
第17回:オンラインショッピングってセキュリティが心配!?
[2004/08/27]
第16回:プロバイダーのウイルスチェックサービスって便利なの?
[2004/08/20]
第15回:Windows Updateって必要なの?
[2004/08/06]
第14回:セキュリティ対策って何をすればいいの?
[2004/07/30]
第13回:ブロードバンドルータって必要なの? その2
[2004/07/23]
第12回:ブロードバンドルータって必要なの?
[2004/07/09]
第11回:回線の速度ってどうやって測るの?
[2004/07/02]
第10回:スループットってどういう意味?
[2004/06/25]
第9回:フレッツ・スクウェアってどうやって使うの?
[2004/06/11]
第8回:パソコンにLANポートがないんだけど?
[2004/06/04]
第7回:1M ADSLってお得なの?
[2004/05/28]
第6回:ADSLの「タイプ1・2」「ライトプラン」って何が違うの?
[2004/05/21]
第5回:ADSLってどういう仕組みなの?
[2004/05/14]
第4回:ブロードバンドをはじめたいんだけど……その4
どのコースを選べばいいの?
[2004/05/07]
第3回:ブロードバンドをはじめたいんだけど……その3
どのプロバイダーを選べばいいの?
[2004/04/23]
第2回:ブロードバンドをはじめたいんだけど……その2
どの事業者を選べばいいの?
[2004/04/16]
第1回:ブロードバンドをはじめたいんだけど……その1
[2004/04/09]

第29回:FTTHは本当に100Mbpsなの?


 FTTHのメリットは、ADSLなどに比べて圧倒的に高い通信速度です。しかし、実際に100Mbpsの速度が得られるのでしょうか? その疑問に迫ってみましょう。

 FTTHの100Mbpsという速度は、あくまでも理論上の最高速度でしかありません。回線自体が100Mbpsのキャパシティを持っていたとしても、家庭内やインターネット側のボトルネック、帯域の共有などによって、実際に100Mbpsの速度を実現することは難しいでしょう。利用する回線や環境にもよりますが、実際の実効速度は20〜60Mbps程度と考えておくのが無難です。


100Mbpsの帯域をフルに使えるわけではない

 料金の低価格化や導入が容易になったこともあり、FTTHの導入を検討しているユーザーも少なくないことでしょう。特にマンションなどの集合住宅では、すでに建物にFTTHが導入されているケースもあり、価格面でもADSLとの差額が数百円というレベルにまで達しています。戸建て住宅の場合は、まだ割高感があることは否めませんが、100Mbpsという速度と高い安定性が得られることを考えれば、FTTHへの移行も悪くはない選択肢と言えるでしょう。

 しかし、本当に100Mbpsの速度が出るのかというのも気になるところです。結論から言えば、FTTHであっても、残念ながら100Mbpsの速度を得ることはできないでしょう。まずは、以下の画面を見てください。これは、筆者宅に敷設済みのFTTH(NTT東日本 Bフレッツ・ニューファミリータイプ)で実際に速度を計測した値です(Pentium 4 3GHzのCPU、1GBのメモリ、GigabitEthernetのLANインターフェイスを搭載したPCを使用)。



 実際の速度は、NTT東日本の網内にあるフレッツ・スクウェア(左)で下り62.75Mbps、インターネット上の速度測定サイトであるRBB TODAY(右)で下り74.39Mbps、上り59.66Mbpsという結果になりました。ADSLと比較すれば十分すぎる結果とも言えますが、100Mbpsという最大通信速度から考えれば、少々低いのではないかと考える人もいるはずです。

 では、なぜ100Mbpsの速度が出ないのでしょうか? これにはいくつかの理由があります。まずは、ネットワーク側の問題です。前述した速度測定は、インターネット(フレッツ・スクウェアは地域IP網内)に設置されたサーバーで速度を測定するという仕組みになっています。このため、自宅とサーバーまでの経路の違いや混雑状況、サーバー自体の混雑状況などによって、速度は少なからず影響を受けことになります。これにより、回線速度が100Mbpsだとしても、実際にはそれ以下の速度しか得られず、測定するサイトや時間によって速度が変化するというわけです。





家庭内のPCやルータの性能も大きく影響

 家庭内の環境も速度に大きな影響を与えます。利用するPCや回線に接続しているルータの性能が低いと、これらがボトルネックになって速度が低下する可能性があります。(ルーターのスループットについては第10回を参照)。

 さらに、アクセスラインも常に100Mbpsで通信できるとは限りません。今回のテストに利用したNTT東日本のBフレッツ・ニューファミリータイプなどでは、NTT収容ビルと自宅の間を結ぶアクセスラインを複数のユーザーで共有する仕組みが採用されています(共有型については次回で詳しく説明します)。また、マンションなどの集合住宅の場合も同様で、建物に引き込んだ回線を複数の住戸で共有する仕組みです。このように、複数ユーザーで帯域を共有する共有型のFTTHの場合、同時にインターネットを利用するユーザーが増えれば増えるほど、各ユーザーが利用できる帯域が狭くなり、速度が低下することになります。

 つまり、ネットワーク、家庭内の環境、アクセスラインの利用方法など、複数の理由から、次第に速度が低下してしまうというわけです。100Mbpsと言っても、実質的な速度は20〜60Mbps程度と考えておくとよいでしょう。


最大100Mbpsと言っても、実際にはさまざまなボトルネックが存在するため、実質的には100Mbps未満の速度になってしまう

 なお、最近では1Gbpsというさらに高速な通信速度を実現するFTTHサービスも登場してきましたが、このようなサービスも同様の理由で1Gbpsの速度が実現できるわけではありませんし、現在、提供されているサービスの場合、家庭内に設置されるメディアコンバータやONUのLANインターフェイスも、最大100Mbpsまでしかサポートしていません。そのため実質的な速度は100Mbps以下となる点に変わりはありませんが、アクセスラインがギガビット化されることで、帯域を複数のユーザーで共有する場合は高速化が見込めるでしょう。


関連情報

関連記事
NTT東、1Gbpsの回線を共有する「Bフレッツ ハイパーファミリータイプ」
KDDI、「KDDI光プラス」に戸建て向け1Gbps回線共有プランを追加
ソフトバンクBB、1Gbpsの光ファイバサービス「Yahoo! BB 光」

2004/12/10 11:27

清水理史
製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるブロードバンドインターネット Windows XP対応」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.