Broadband Watch logo

iPodの曲で爽やかな目覚めを! iPod対応アラーム機能付きラジオ


 丸紅インフォテックから発売されているiPod用ホームシステム「iHome iH5」は、iPodに保存した曲を目覚ましに使用できる外付けスピーカーだ。iPodの充電Dockとして利用しつつ、朝はiPodの曲で爽やかな目覚めを迎えることができる、今までありそうでなかった製品だ。


目覚ましとして使えるiPod用外付スピーカー

製品パッケージ。アップルストアの価格は14,800円。国内販売はホワイトモデルのみだが、製造元のSDI Technologies社ではブラックモデルもラインナップされている
 今、iPod用の外付けスピーカーが全盛である。以前は充電用Dockにスピーカーをくっつけたようなシロモノがほとんどだったが、近頃では大手AVメーカーの参入や純正iPod用スピーカー「iPod Hi-Fi」の登場もあり、すっかり1つのジャンルとして確立した印象がある。第5世代のiPodでは、従来と違ってDockが同梱されていないことも、これらのスピーカーが売れる要因となっていると思われる。

 そこに登場したのが、今回紹介する「iHome」である。本製品最大の特徴は、iPodの中の曲を、指定時間にスピーカーから自動再生できることだ。iPodを“目覚まし”として使用できる、今までありそうでなかった製品である。

 さらに、オートチューニング対応のAM/FMラジオ機能や、iPodを充電するDock機能も備えるなど、多機能ぶりが光る。発売元は本製品を「iPod対応アラームつきクロックラジオ」と表記しているが、従来のiPod用外付けスピーカーにラジオ機能とアラーム機能が追加された製品、と考えたほうがわかりやすいかもしれない。


製品本体にiPodをセットしたところ。タイマーをセットしておけば、指定時間にiPodが再生を開始し、スピーカーから曲が流れてくる 形状はスクエア。設置面積はB5よりやや小さめと、かなりコンパクト

iPodを接続し、本体のボタンまたはリモコンで操作可能

 まずは基本的な機能から見ていこう。対応するiPodは、第3世代以降のiPodとiPod mini、iPod nano。iPod Shuffleも使用できるが、本体の充電には対応しない。後述するが、背面のライン端子を経由し、iPod以外のオーディオプレーヤーを本製品経由で再生することもできる。USBでパソコンと接続する機能はないので、本製品を経由してiTunesとの連携はできない。

 接続方法は簡単で、本製品上部に対応のアタッチメントを取り付けたのち、iPodを差し込むだけ。本製品にはiPodの機種ごとに5つのアタッチメントが付属するので、手持ちの機種に合わせて装着する。他社のiPod対応スピーカーとほぼ同様の仕組みだ。


アタッチメントは第3世代以降のiPodに対応したものが付属 iPodの挿入口は機種に応じてアタッチメントを交換する方式だ

本体上面のコントロールパネル。下段のスヌーズ/ディマーボタンは、アラームが鳴っている際はアラーム停止&約9分後に再びアラーム(スヌーズ)、通常の再生時は液晶の輝度調整(ディマー)が行なえる
 本体の再生ボタンを押すと、iPodに保存した曲がスピーカーから再生される。音量はiPod本体の音量設定と関係なく本製品側で調整できるので、仮にiPod側の音量をMAXにしていた場合も、本製品側で指定した音量での再生となる。音量のコントロールは、上部左側にある大型ロータリー式のダイヤルのほか、付属のリモコンでも行なえる。リモコンでは音量以外に再生/停止、曲のスキップ/戻し操作も可能だ。

 スピーカーの出力は3W+3Wと、iPod用のスピーカーとしては標準的。音質は、現在売れ筋の1万円クラスのiPod用スピーカーに比べ、やや良といったところ。本体幅258mmとA4以下のコンパクトな筐体にしては、音にメリハリがある印象だ。ちなみにイコライザは搭載されておらず、iPod側で調整する仕様となる。


背面には時刻調整用のボタンのほか、ライン入力・出力端子を備える。他の音楽プレーヤーを接続し、本製品の目覚まし機能を利用することも可能 本体上面左にはボリュームを調整できるロータリー式のダイヤルが搭載されている。直径がおよそ4cmとかなり大型で、操作しやすい

再生の音源はiPod/AM/FMの3つを切り替えることができる。選択中の音源は、本体前面の液晶の右下に表示される
 本製品の“顔”とも言える正面のモノクロ液晶には、時刻のほか、アラームのセット状況、AM/FMの周波数などを表示することができる。スタパ齋藤氏の連載でも紹介されているように、現在一部のiPod対応製品では接続した機器側で曲名やプレイリストの表示が行なえるが、本製品の液晶表示はそれらには対応しておらず、曲名やプレイリストはiPod本体の画面でしか確認できない。iPod側のバックライト設定にもよるが、液晶画面が暗くなってしまうと再生中の曲名が視認できず、その都度iPod本体を操作する必要がある。多少不自由を感じる部分だ。


スヌーズ機能をはじめ丁寧に作りこまれた「目覚まし機能」

アラームの音源はiPod/ラジオ(AM/FM)/一般的なブザー音から選択できる
 さて、注目の目覚まし機能である。同機能は、本体上部のアラーム設定ボタンを2秒間長押しすることで、アラームの設定モードに入る。時刻の設定は本体上部右側のダイヤルを回して行なう。操作性はiPodのホイールに似て操作しやすい印象だ。時刻の設定が完了したら、アラームオン・オフボタンを押して完了となる。

 目覚ましで再生する曲はiPod側で指定するので、ふだん使い慣れたプレイリストがそのまま使える。また、iPodはもちろんのこと、AM/FMラジオを音源として使用することもできる。もちろん、一般的なアラーム音も指定することが可能だ。

 目覚ましの鳴りはじめは、いきなり指定音量で再生を始めるのではなく、ミュートの状態からだんだんとボリュームが大きくなる仕様になっており、10秒ほどかけて指定の音量になる。いきなり大音量での再生がはじまり、驚いて飛び起きるということがない。目覚まし機能へのこだわりを感じさせる作りだ。また、スリープ機能では徐々に音量を下げていくことができる。スリープ機能は15分から120分まで5段階で調節が可能だ。

 さらに本製品ではスヌーズ機能にも対応しており、1回目のアラームを止めても、その後約9分刻みで最大1時間、曲の再生を繰り返すことができる。ミニコンポなどではよく実装されている機能だが、再生開始時に徐々に音量が大きくなる機能も含め、目覚まし機能は全般的にかなり丁寧に作り込んである印象だ。


標準添付のリモコン。ボリューム調整ボタンは「+」「−」ではないため、ややわかりにくい AMラジオ用のループアンテナも同梱。本体背面のソケットに接続して使用する

輝度を調整する「ディマー機能」など、AV機器的な機能が豊富

バックライトの輝度は、オフを含め3段階で調整が可能(ディマー機能)
 目覚まし以外の特徴的な機能を紹介しておこう。1つは、部屋の照明状態に合わせて液晶のバックライトの輝度を3段階に調整できる「ディマー機能」だ。通常はいちばん明るい状態にしておき、薄暗い部屋では中間の明るさ、睡眠時はオフ、といった具合に輝度を調整できる。これなら、寝ている際もまぶしさを感じなくて済む。

 ディマー機能はリモコンからも操作できるので、枕元以外の場所に本製品を設置した場合でも、リモートで輝度が調整できる。部屋の電気を消した状態で、時間を確認する場合にもわざわざ本体まで手を伸ばさなくて済むので、なかなか気が利いた仕様と言えるだろう。

 少し残念なのは、本体上面の操作ボタンのオレンジLEDがディマー機能と連動せず、かなりキツい色のイルミネーションが点灯したままになることだ。本製品を枕元よりも高い位置に設置してあれば問題はないが、そうでない場合は色がオレンジということもあってかなりまぶしく感じる。このLEDはACアダプタを外さない限りオフにはならない仕様のようである。できれば正面の液晶と連動して輝度を落とせるようにしてほしかった。

 このほか、背面のオーディオジャックを用いて他の音楽機器を接続できる点もユニークだ。例えば、MD/CDプレーヤーなどを接続しておけば、それらの音楽をも目覚ましとして使用できるのである。これを応用すれば、本製品には本来対応していない初期型のiPodでも、目覚まし機能と組み合わせることができる。ただし、この場合はプレーヤーの曲を再生状態にしておき、時間が来たらスピーカーの電源がオンになるという仕様なので、事実上ACアダプタが必須となる点は注意したい。


輝度調整をおこなったところ。ちなみに時計は午後は「PM」のアイコンが表示されるが、午前はアイコンもなくブランクのまま。また、日付が変わった午前0時00分を「12:00」と表示するなど、少し違和感がある


多機能ぶりが魅力。iPodの利用スタイルを変えかねない一品

 これまでにも、単純にMP3の曲が使えるだけの目覚ましというのは市場にいくつか存在した。しかし、それらは目覚まし側にMP3ファイルを転送する必要があるほか、MP3ファイルを1曲しか指定できなかったり、指定した秒数しか再生できないなど、単にアラーム音の代替にMP3を使用するだけで、満足のいく製品とは言えなかった。

 しかし本製品は、iPodのプレイリストをそのまま利用できるだけでなく、目覚まし以外にもスピーカー・充電用Dockとして使用できるなど、豊富な機能を誇る。また、スヌーズ・ディマー機能をはじめ、随所に見られる細やかさが高い完成度を醸し出している。日常のiPodの利用スタイルを変えかねない一品で、iPodユーザーに文句なしにオススメできる製品だ。


関連情報

URL
  製品情報
  http://www.m-infotec.co.jp/newproduct/index22.html
  SDI Technologies
  http://www.ihomeaudio.com/


(kizuki)
2006/04/26 11:22
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.