Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
「ニンテンドーDSi」が発表。カメラやSDカードスロットを搭載

ニンテンドーDSiを紹介する岩田社長
 任天堂は2日、「Nintendo Conference(任天堂カンファレンス 2008.秋)」でニンテンドーDSの新モデル「ニンテンドーDSi」を発表した。日本では11月1日に発売され、標準価格は1万8900円。

 ニンテンドーDSiは、従来の「ニンテンドーDS Lite」と比較して2.6mmの薄型化を実現。これに伴い、ゲームボーイアドバンス用スロットが廃止されたが、ゲームボーイアドバンススロット搭載の従来モデルであるニンテンドーDS Liteも「要望がある限り引き続き併売する」としている。本体カラーはつや消しのホワイトとブラック。

 画面もニンテンドーDS Liteの3インチよりも17%の大型化となる3.25インチを採用。スピーカーも音質が向上し、30万画素のカメラ機能やオーディオプレーヤー機能も搭載。カメラは本体外側と内側の双方に装備している。また、カメラの写真をカスタマイズできる「DSiカメラ」機能、音楽ファイルを編集できる「DSiサウンド」といった機能も標準で搭載する。

 SDカードスロットも搭載し、DSiで録音した音声をAAC形式で保存して再生できるほか、カメラで撮影した写真も保存できる。本体保存メモリも新たに搭載され、さまざまなソフトを「DSiショップ」からダウンロードして組み込める。これはWiiのショッピングチャンネルと同様の仕組みだという。

 ブラウザ機能も本体発売と同時に無償でダウンロード提供。OperaをニンテンドーDSi向けにチューニングしたもので、本体に内蔵できるほかニンテンドーDSブラウザーと比べて動作の高速化も図られた。また、ニンテンドーDSi専用ソフトではより高速な通信が可能など、無線の高速化も図られている。

 本体サイズは137.0×74.9×18.9mm(横×縦×厚)で、重量は約214g(タッチペン、バッテリーパック含む)。電池持続時間は輝度設定により異なり、最低輝度の場合が約9〜14時間、最高輝度が約3〜4時間。なお、充電時間は約2時間30分になる。

 無線LANセキュリティは、これまでWEPのみだった方式がWPA(TKIP/AES)、WPA2(TKIP/AES)をサポート。さらに無線LAN接続設定方式も従来まで対応していたバッファローの「AOSS」、NECアクセステクニカの「らくらく無線スタート」に加えて、Wi-Fi Allianceの「WPS」をサポート。設定プロファイルも設定システム用が3個、手動設定が3個の合計6個まで保存できるようになった。


本体外観 11月1日発売予定で、価格は1万8900円。海外の発売は来年となる

会場に展示されたニンテンドーDSiの実機 ブラックカラーのニンテンドーDSi

十字ボタン下に電源ボタンが移動したほか、折りたたみ部にカメラを搭載。電源ランプも3種類に増えている 本体背面にもカメラを搭載

DSカードスロットと電源端子 薄型化によりGBAスロットは廃止された

左側面に音量ボタン 右側面にタッチペンとSDカードスロット



本体外観


関連情報

URL
  ニュースリリース
  http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2008/081002.html  
  製品情報
  http://www.nintendo.co.jp/ds/dsi.html

関連記事
任天堂、「ニンテンドーゾーン」をマクドナルドで開始
任天堂岩田氏「ニンテンドーDSiは1人1台の“マイDS”を目指す」


(甲斐祐樹)
2008/10/02 14:00


BB Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.