Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
鷹山、WiMAX方式を採用したFWAによるIP携帯電話サービスを12月にも開始

現在開発中のIP電話端末試作機

フィールドテストの構成図
 鷹山は、WiMAX方式を採用した無線LAN対応のIP携帯電話サービスのフィールドテストを2005年6月より東京都内で開始すると発表した。同社では12月をめどにFWA(Fixed Wireless Access)によるIP携帯電話の商用サービスを開始したい考えで、音声・データ・メールを月額3,000円で定額サービスとして提供するという。

 WiMAXは、IEEE 802.16をベースにした無線LAN規格。すでに標準化が完了したIEEE 802.16-2004に準拠する基地局では半径6〜10kmのエリアをカバーが可能で、通信速度はバンド幅20MHzの場合で最大75Mbpsだという。また、標準化作業が進んでいるIEEE 802.16e準拠の基地局では半径2〜4kmをカバーし、移動中でも最大20Mbps程度の通信が可能だとしている。なお、IEEE 802.16-2004は固定通信向け、IEEE 802.16eは移動通信向けでの利用が想定されているという。

 2005年6月をめどに同社が実施予定のフィールドテストは、WiMAX Forumに参加する英国・Airspan社が世界の主要地域に展開する10社を選定して行なうフィールテストに、日本エリアとして鷹山が選定されたことにより実施されるもの。フィールドテストは、東京都千代田区、豊島区、中央区、品川区、世田谷区などをエリアに、Airspan社とベルネットの2社と協力して実施していくという。

 正式サービスについて鷹山では、総務省による電波帯域の開放政策の動向を注意深く見守りながら、2005年12月頃にFWAによるIP携帯電話サービスを開始したい考え。同サービスはベルネットと協力して販売され、2005年9月に加入申し込みを開始するとしている。

 なお、WiMAXに対応した端末が準備の関係上、サービス開始から当面の期間は基地局とIP携帯電話端末の通信はIEEE 802.11規格で行なわれる。採用するIEEE 802.11規格については、現在未定だとしている。

 サービス開始当初のエリアは東京都23区内で、首都圏を中心に順次エリア拡大も実施される。また、利用料金は自社および提携事業者網内の音声通話のほか、データ通信やメールが定額で利用が可能で、月額3,000円で提供するとしている。加えて、対応無線LANカードを無料配布するほか、加入ユーザーを対象に一定期間無料キャンペーンも展開するという。なお、他事業者が提供するIP電話網との有料の相互接続も実施予定だという。

 インフラ面では、PHS基地局のPHS無線部をWiMAX方式の5GHzに対応した無線部へと交換するとともに、回線部分もISDN回線から光ファイバ回線へと交換するという。これにより、1つの基地局で、半径数kmをカバーすることが可能になるとしている。なお、鷹山が東京都内に設置する基地局は、主幹基地局が約600局、中継基地局は約4,000局だという。

 また、同社のPHSサービスを利用するユーザーのうち、希望者を対象に無償でIP携帯電話端末を提供し、第三者への譲渡不可を条件に利用料金も特別価格で提供するという。ポケットベル事業については、2007年までに通信衛星を利用した接続方式に変更した新サービスに移行予定だという。

 加えて、2006年上期をめどに現行PHSサービスをFWA形式のIP携帯電話サービスへの巻き取りを図るほか、1.9GHz帯を利用した音声通話サービス「ボイススポットフォン(VSフォン)」ユーザーにWiMAX対応のVS-PhoneIIIを無償で提供し、現行のテレメトリング装置については高速タイプのユニットに変更するとしている。


関連情報

URL
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.yozan.co.jp/yozan/ir/pdf/050210.pdf

関連記事
インテル講演「広域エリアをカバーするWiMAXで現在の無線規格を補完」


(村松健至)
2005/02/10 16:54
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.