Broadband Watch logo
最新ニュース
【 2009/12/25 】
【 2009/12/24 】
インテルなど3社、つくばエクスプレス車内での無線LANトライアルを実施

NTTBP代表取締役社長の小林忠男氏(左)
インテル代表取締役共同社長の吉田和正氏(中央)
首都圏新都市鉄道代表取締役社長の高橋伸和氏(右)
 インテル、首都圏新都市鉄道、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)の3社は14日、8月24日に開業予定の「つくばエクスプレス(TX)」の列車内および駅構内での無線LAN利用環境の整備を目的とした実験運用を協力することで合意したと発表。つくばエクスプレス列車内での公衆無線LANサービスのトライアルや、駅構内での公衆無線LANサービス提供などを実施する。

 つくばエクスプレスは、東京都の秋葉原駅から茨城県のつくば駅までを結ぶ鉄道路線。列車運行は、これまでの関東私鉄での最高速度である京浜急行電鉄の最高時速120kmを上回る最高時速130kmで行ない、秋葉原駅〜つくば駅間を最短45分で接続する。車両は、秋葉原〜守谷間の直流区間のみに対応し全車ロングシートのTX-1000系と、直流区間と守谷〜つくば間交流区間に対応する中間車両にクロスシートを採用したTX-2000系の2種類を運行。全車両6両編成で運行するほか、自動列車運転装置(ATO)支援によるワンマン運転を行ない、各駅にはホームドアが設置される。

 今回の合意に基づいて、8月24日のつくばエクスプレス開業当時には秋葉原駅を始めとする9駅構内にて公衆無線LANサービスを展開、また列車運行中に車内でのインターネット接続が可能となる無線LAN機器の設置やトライアルを実施する。トライアルでは、列車内公衆無線LANシステムの実現性や有効性の確認、接続性やスループットなどの技術的検証などを行なう。なお、トライアルの開始時期や実施方法、商用サービスへの移行などの詳細は現在検討中としている。


つくばエクスプレスのTX-2000系 TX-2000系車内での公衆無線LAN利用イメージ

つくばエクスプレスのイメージキャラクター「スピーフィ」

 列車内での無線LANシステムは、首都圏新都市鉄道が敷設した光ファイバ網を利用し駅構内に無線LAN基地局を設置、列車の前後に設置したアンテナとIEEE 802.11g/bで通信を行なう。列車内では、モバイルルータを介して車内に設置する複数のアクセスポイントにIEEE 802.11aで接続。アクセスポイントからユーザーの端末まではIEEE 802.11bで接続する。

 駅と列車の接続については、高速ハンドオーバー技術やモバイルIP技術を利用することで時速130kmでの走行時の通信をサポート。また、電波伝送距離については、駅プラットフォーム両端に狭指向性のハイゲインアンテナを設置して駅両端約1kmを通信エリア化できるという。駅への無線LAN基地局については、トライアル当初は主要駅に設置、続いて全駅へ設置を完了した後に駅間の線路沿線に基地局を設置してつくばエクスプレス全区間を通信エリアとする予定だ。

 また、列車内のアクセスポイントは1台につき約2両分をサービスエリアとしてカバー可能。モバイルルータと各アクセスポイントの接続には無線LAN技術「MIMO(Multi Input Multi Output)」を採用し通信の安定化を図る。また、データセンタから列車までのネットワーク間にL2トンネルを設置し、複数VLAN機能と共用アクセスポイントの組み合わせによりマルチESSIDの利用が可能だという。

 なお、つくばエクスプレスは茨城県新治郡の「気象庁地磁気観測所」での地磁気観測の影響を考慮して、秋葉原駅〜守谷駅間を直流で、守谷駅〜つくば駅間を交流で電化している。このため、直流電化区間と交流電化区間の境界がある守谷駅〜みらい平駅間にはデッドセクションと呼ばれる無給電区間が存在し、現状のシステム構成では数秒から数十秒にかけて電力化が供給されず、モバイルルータやアクセスポイントの再起動時間も含めて1分ほど接続が切断してしまうという。NTTBPでは、UPSの導入などを検討し継続して接続可能な環境構築を目指すとしている。

 また、車両へのアクセスポイント設置については国土交通省による車両点検終了後から可能としており、8月22日に実施予定のつくばエクスプレス開業記念式典までには最低1編成に設置、以降3社にて運行状況などを考慮して検討し、全編成への設置を行なうとしている。なお、首都圏新都市鉄道によれば、交直流区間を走行できるTX-2000系への設置を優先したい意向を示しつつも、早期の全編成への設置完了を目指すとしている。

 駅での公衆無線LANサービス提供については、8月24日より秋葉原駅、新御徒町駅、浅草駅、南千住駅、北千住駅、青井駅、六町駅、柏の葉キャンパス駅、つくば駅の9駅でサービスを開始し、今秋には残り11駅でのサービス提供開始を予定している。また、駅構内での公衆無線LANサービス提供を予定している事業者とサービスは、NTT東日本の「フレッツ・スポット」およびNTTドコモの「Mzone」となる。


システム構成イメージ 列車内無線LANシステム構成イメージ

エリア展開方法 新御徒町駅つくば方面の無線LAN基地局とアンテナ

 今回の実験運用の協力合意について、インテル代表取締役共同社長の吉田和正氏は「公衆無線LANの利便性向上には利用可能な環境を整えなくてはならない。移動中の列車内での無線LANサービス提供は非常に大きなチャレンジだ。インテルは東京とつくばに本社があるため、実際に社員をユーザーとして実験を行ないたい」と実験運用開始に期待を表わした。また、「つくばエクスプレスを核として沿線周辺でも公衆無線LANサービスを展開し、街を進化させるプログラムのきっかけになる」と今後の事業展開も示唆した。

 首都圏新都市鉄道代表取締役社長の高橋伸和氏は「つくばエクスプレスは、大きく発展しようとしている秋葉原と世界に誇るつくばを結ぶだけでなく、ATOなどの最新技術を搭載する“ITエクスプレス”と認識していただきたい」とつくばエクスプレスを紹介、また、「インテルから提案された列車内での無線LANサービスが実現すれば、“ITエクスプレス”の名に恥じない画期的なことだ」とコメントした。


関連情報

URL
  ニュースリリース(インテル)
  http://www.intel.co.jp/jp/intel/pr/press2005/050714.htm
  つくばエクスプレス
  http://www.mir.co.jp/
  NTTブロードバンドプラットフォーム
  http://www.ntt-bp.net/

関連記事
「無線による車内情報サービス実証実験」が延長。実験内容や車両数拡大
インテルなど4社、両国国技館で大相撲情報の無線LAN配信サービスを開始


(大久保有規彦)
2005/07/14 16:19
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.