Broadband Watch logo
バックナンバー

「日記、コミュニティに並ぶ新機能を予定」mixiの笠原健治氏
[2006/01/13]
「個人ユーザーがSNSを作れるASP展開を」paperboy&co.の家入一真氏
[2005/12/02]
世界で通用する日本初のサービスを〜写真共有サービスの「フォト蔵」
[2005/10/28]
「情報の海を快適に航海できるツールを」レッドクルーズの船木信宏氏
[2005/09/30]
RSSリーダーを超えた情報プラットフォームを目指す「glucose」
[2005/08/26]
ブログの文章から評判や話題を抽出できるブログ検索「blogWatcher」
[2005/07/29]
「RSSで個人が発言力を持てるメディアを支援」MyRSS.jpの赤松洋介氏
[2005/07/01]
「コミュニケーションと情報発信がブログの魅力」ドリコムの内藤裕紀氏
[2005/06/10]
「85%が女性のブログ」かわいさと使いやすさにこだわる「ヤプログ!」
[2005/05/20]
「ユーザーの情報発信をうまく調節する役割に」グリーの田中良和氏
[2005/04/28]
「ショッピング・ブログ・アフィリエイトを連動」楽天広場の大島薫氏
[2005/03/25]
「“インターネットはまずブログから”が目標」ライブドアの有賀之和氏
[2005/02/25]
「ソーシャルソフトウェアが2005年の鍵に」Bulkfeedsの宮川達彦氏
[2005/02/04]
「ブログはインターネット全体を変える存在」ニフティの清田一郎氏
[2005/01/14]
「良いサービスを作ることがサービスの発展に」はてな代表の近藤淳也氏
[2004/12/17]
「使う人が便利なツールを」FeedBackやAmazletを開発した伊藤直也氏
[2004/12/03]
「シンプルで使いやすいRSSリーダーがモットー」InfoMakerの大倉貴之氏
[2004/11/19]
ブログの“つながるきっかけ”を応援する「BlogPeople」
[2004/11/05]
「こうさぎ」「Rabbit Ticker」の生みの親、ワークアットの工藤友資氏
[2004/10/22]

「情報の海を快適に航海できるツールを」レッドクルーズの船木信宏氏


 ブログ関連サービスに携わる方にお話を伺い、ブログの世界をつないでいくインタビュー連載です。第16回は、RSSリーダー「eクルーザー」を提供するレッドクルーズの船木信宏氏です。

船木信宏(ふなき のぶひろ)
 レッドクルーズ最高技術責任者。RSSリーダー「eクルーザー」、ブログ向けのコミュニケーションツール「ログログシール」などの開発を手がける。

□eクルーザーの開発日誌
http://www.redcruise.com/blog/





ビジネス展開を視野に入れてRSSリーダーを開発

――本日はよろしくお願いします。はじめにRSSリーダー開発のきっかけを教えてください。

船木:研究分野からブログという単語を耳にしたのは2〜3年前のことですが、その時にRSSというXMLの形も出てきたらしいと言うことを知りました。その頃はメールマガジンがスパムメールに押され、クリック率などの効果もなかなか出ない状況で、企業の情報を一般消費者に伝えたいというニーズはあっても、それがなかなか実現できなかった。

 RSSを使えば、企業と一般消費者をつなぐパイプのようなものが実現できる。それもユーザーが意識的に取りに行くのではなく、自動的に電光掲示板のような形で情報を流していけるツールは便利なのではないか、そう考えてRSSに取り組みました。

――最初は研究目的でRSSに取り組まれたのでしょうか。

船木:RSSを知ったのは研究がきっかけですが、取り組みは最初からビジネスを目的としていました。最初に手がけたのは「ReadOne」です。学生の仲間同士で集まって作っていたのですが、その頃は「ビジネスモデルってどうやって考えたらいいんだろう?」という段階で、具体的な話はありませんでした。ただし、ベンチャーはやりたいなとその頃から考えていました。


船木氏が最初に手がけたRSSリーダー「ReadOne」。アクセス履歴を元にユーザーの興味を自動で学習する「ニュースマイニング」機能を搭載。現在は公開を中止している
――ReadOneの特徴は。

船木:当時、ReadOneにつけていたキャッチコピーが「学習するRSSリーダー」でした。あの頃はすでに「SharpReader」など初期のRSSリーダーが登場し始めていたので、単なるRSSリーダーを出しただけでは面白くないと思ったんです。僕自身の研究がパーソナライゼーションだったこともあり、RSSで情報を収集するソフトにもパーソナライゼーションを使ってみよう、というコンセプトを曲がりなりにも形にしたというのが1つの特徴です。

――ReadOneでのビジネス化は難しかったのでしょうか。

船木:一番大きな問題は、ReadOneがサーバー型だったということですね。ユーザー数も多くなり、サーバー側での処理も大きくなるにつれて、自宅のサーバーでは運営が難しくなっていました。これをビジネス化するには非常にコストがかかるので、広告モデルでの運営は厳しい。かといってシステムをまるごと売るには、内容が複雑すぎるという問題もありました。その後、レッドクルーズ社長の増田に声をかけてもらったのがきっかけで、レッドクルーズで「eクルーザー」の開発を始めました。





ターゲットユーザーを広げるためにティッカー型を採用

――eクルーザーのコンセプトは。

船木:ReadOneは正直なところマニアックすぎたと反省しています。もっと簡単なRSSリーダーを作ることもできたんですが、「学習するRSSリーダー」というキャッチコピーは、アーリーアダプター層のユーザーには受けても一般層には届かない。ティッカー型は初心者層にもわかりやすい形式なので、ターゲットユーザーを広げるという意味で選択しました。


ティッカー型のRSSリーダー「eクルーザー」。デザインを変更できるスキン機能も搭載

ログログシール
http://deck.redcruise.com/loglog/
ブログのサイドバーなどに設置できるブログツール。ログログシールのユーザー間で足あとが残せるため、異なるブログサービスのユーザーでもコミュニケーションが図れる
――ティッカー型のRSSリーダーは多くありますが、eクルーザーならではの特徴は。

船木:今までずっと心がけてきたのは、使っていただくユーザーの意見や要望を反映することです。他のソフトに比べてバージョンアップも頻繁に行なって完成度を高めてきました。

 企業向けのカスタマイズバージョンを提供していることもあり、スキンが変更できる点も特徴ですね。企業ごとのデザインをeクルーザーに反映できるようになっています。おかげさまで、今のところ20社近い企業に採用していただいています。

――予定されている機能拡張は。

船木:eクルーザーは今のところ、自己完結型のツールなので、ユーザー間でコミュニケーションが取れるような機能が欲しいと考えています。弊社では「ログログシール」というサービスも提供していますが、それ以外にも読んだ記事を共有するとか、面白い記事を薦めるといった機能に挑戦してみたいですね。

――ログログシールの位置付けは。

船木:ログログシールは、ユーザーに楽しんでもらえるツールを作れたら、と思って開発しました。ダウンロード数などは非公開ですが、ページビューは順調に伸びています。

――スキン変更による広告モデルもできそうですが。

船木:今の段階では正直難しいですね。新しいサービスはなかなか企業では受け入れられないので。今はようやくブログやRSSの認知度が高まってきていて、今までは「RSSとは何か」というのを説明するところから入っていたのが、今はRSSというものを何となくわかってもらえている。ログログシールはその先のサービスと言えます。

――ログログシールの機能拡張は。

船木:いろいろと考えています。1つは昔はやった「ビックリマンチョコ」のように、シールを集められる機能ですね。自分で集めてもいいし、人と交換してもいい。そんな機能を考えています。





ReadOneの再開は無期延期に

現在ReadOneのサイトにアクセスすると「reboot ... failed!」の文字だけが表示される
――時期、ReadOneが再開するとの話がありましたが(現在、ReadOneは公開を中止している)

船木:予定自体はあったんです。今年のエイプリルフールに間に合わせて公開しようと思っていたんですが、間に合わなくてそのままずるずる伸びてしまいました。

――RSSリーダーの数も増えてきた今であれば、ReadOneのコンセプトは受け入れられそうにも感じます。

船木:現状はまだまだ、シンプルでオーソドックスなRSSリーダー、というニーズが強いですね。サーバサイドのRSSリーダーだとユーザが増えて動作が重くなったりしますが、安定してすぐに見られるRSSリーダーが求められていると感じています。

――公開予定だったReadOneの特徴は。

船木:4月頃に公開を予定していたこともあり、その頃話題だったAjaxをふんだんに利用して開発していました。リリースのタイミングが流れてしまったので、今のところ公開は未定です。





リアルも含めた情報管理の統合的存在を目指す

――企業向けはどのようなサービス展開でしょうか。

船木:OEMのように売りっぱなしではないので、ASPに近いですね。バージョンアップの際にはすべての企業向けバージョンを含めて行なっていますし、メンテナンスも対応しています。

 RSSリーダーの提供だけではなく、RSS配信も含めたトータルソリューションを行なっています。現状では、RSSのアイコンが置いてあるだけというサイトも多いですが、あのかたちだとなかなかうまくいかないと思います。RSSがわかる人はいいが、今はRSSがわからない人のほうが圧倒的に多いでしょう。eクルーザー自体もRSSリーダーを誇張することなく、新しい情報を取得するためのツールとして展開しています。

――企業向けの他のサービスは。

船木:「eクルーザーJIVE」と「ブロガーチャンネル」ですね。eクルーザーJIVEは、RSSに動画や音声などをパッケージ化して提供できるサービスです。例えば、流れてくるティッカーで「新曲発売」という情報をクリックすると、楽曲の購入ページ以外にプレーヤーが立ち上がって音楽を再生する、といった仕組みで、Podcastingに近い技術です。

 ブロガーチャンネルは、ユーザーがブログに投稿した商品やサービスの評価を収集してRSSで配信する「口コミ情報配信システム」です。RSSがメインとしながら、ブログなどのサービスをくっつけていくことで、RSSでの情報提供に付加価値や連携を加えられれば、というコンセプトです。

――Podcastingへの対応予定は。

船木:現状は検討段階です。Podcastingではコンテンツがすべてだと思いますので、今はまだ難しいでしょう。もっとコンテンツがたくさん登場すれば、Podcastingできるツールも増えていいと思います。


――Windows Vistaなどの次期OSがRSSの対応を表明していますが、RSSが一般に普及した場合のレッドクルーズの位置付けは。

船木:Windows Vistaが普及するには非常に時間がかかるでしょう。そこまでのリードタイムが2年あるとすれば、RSS市場はある程度勝負がつくのではないでしょうか。Internet Explorer 7の開発者向けベータ版も見てみましたが、今のところRSSリーダー機能はついていないようです。今後はどうなるかわかりませんが、RSSの知名度が上がるという点ではいいことだと思います。

 企業ではまだWindows 98を使っているところもあって、Windows XPも登場してから4年近く経ちますが、まだ市場には無視できない数の古いWindowsが存在しています。これがVistaになるともっとスペックの高いPCが必要になってユーザーの敷居も高くなり、結果として普及するのかどうか疑問なところもあります。

 また、仮に5年後にWindows Vistaが普及したとすれば、その頃にはもっと新しい市場もあるのではないでしょうか。RFIDはうまくいけば後5年くらいで普及するといわれていますが、スーパーマーケットなどがタグで情報を管理するようになれば、そのタグ情報の管理も必要になるでしょう。

 そういった情報管理のニーズはPCからリアルの世界にどんどん近づいていて、現実の世界でもRSS的なものが出てくるのではないか。その時に企業から消費者に届けたい情報もあると思いますし、レッドクルーズとしてはRSSに限らず情報をまとめてコントロールしていければと考えています。

 よく情報は海に例えられますが、レッドクルーズという社名は情報の海を快適に航海するためのツールを提供していく、との意味でつけられました。今後もそういった情報のコントロールをターゲットとしてビジネスを進めていきます。まずは今年をRSS元年にしたい、それが今の目標ですね。

――本日はありがとうございました。

 次回は、写真共有サービス「フォト蔵」を運営するウノウの方々にお話をお伺いします。

□フォト蔵
http://photozou.jp/


関連情報

URL
  レッドクルーズ
  http://www.redcruise.com/

関連記事
OnGen、アーティストや配信楽曲の新着情報をRSSで配信
レッドクルーズ、異なるブログ間で足跡が残せる「ログログシール」
レッドクルーズ、口コミ情報を収集してRSS配信する企業向けサービス


(甲斐祐樹)
2005/09/30 11:04
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.