Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第76回:これさえあれば外出中も安心!
携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」


 自宅に残してきたペットや子供の様子が心配。そんなときに便利なのが、DIONがトライアルサービスを開始した「EZ de DIONモニター」だ。携帯電話を使って、自宅の様子を動画で確認できる。早速、トライアルに申し込んで、利用してみた。


自宅の様子を確認したい!

 ペットを飼っている人に話を聞くと、自分が留守の間、ペットがどうしているかが心配でならないことがあるらしい。特にペットが病気をした翌日などは、無事に過ごしているかが気が気でなく、自宅に帰るまで頭からペットのことが離れないなんてこともあるそうだ。

 他ならぬ筆者も、普段は家で仕事をしているものの、たまに外出すると同じように自宅の様子が気になることがある。ただし、筆者の場合はペットではなく、自分の子供なので、自宅に電話をして同居人に様子を聞けばいいだけの話。何か確認する手段があれば、それほど自宅のことも気にはならない。

 しかし、1人暮らしの場合であれば話は別だろう。まさかペットしかいない自宅に電話をかけるわけにもいかないので、何らかの方法で自宅の様子を確認できれば確かに便利だ。

 そこで利用したいのが、DIONがトライアルサービスを開始した「EZ de DIONモニター」だ。利用できるのはDIONが提供するADSLやFTTHなどの接続サービスを利用しているユーザーに限られるが、PCに接続したUSBカメラなどで自宅の様子を監視。その様子を携帯電話やパソコンで確認できる。

 もちろん、同様のサービスはこれまでにも存在したし、自分でサーバーを用意したり、キャプチャした画像をアップロードするする手段を整えることで、同様の機能を実現することはできた。しかし、このサービスが面白いのは、静止画だけでなく携帯電話向けの動画も扱える点だ。PCに接続したカメラの映像を「EZムービー」形式の動画として保存できるため、EZムービー対応のau携帯電話を使って、動画で自宅の様子が確認可能だ。

 実際に利用するには、カメラを接続したPCを起動させたままにしておかなくてはならないが、比較的、手軽に使えるサービスなので、留守中の自宅を確認したいと切実に思っている人には面白いサービスだろう。


使い方はカンタン

 使い方は簡単で、複雑な設定などは一切必要ない。DIONのWebサイトから、サービスに加入(2004年3月末まで無料)すると、サーバーに動画をアップロードするためのIDとパスワードが発行される。同時にPC用のソフトウェアをダウンロードし、これをUSBカメラなどが接続されたPCにインストールすれば準備完了だ。

 あとは、ソフトウェアを起動し、先ほど取得したユーザーIDとパスワードを入力。メイン画面に用意されている「Start」というボタンをクリックすれば、自動的に動画が撮影され、サーバーにアップロードされる。

EZ de DIONモニターのメイン画面。スタートボタンをクリックすれば、定期的に動画が撮影され、自動的にサーバーにアップロードされる

 サーバーにアップロードされた画像を見るには、サービス加入時に指定されたURLに携帯電話からアクセスするだけでいい。たったこれだけで、自宅の様子を動画で確認することができるようになるほか、過去の映像や履歴も参照できる。また、同じURLにPCやEZムービー非対応の携帯電話からアクセスすれば、静止画も自宅の様子を確認できる。

auのEZムービー対応携帯電話を利用すれば、携帯電話で動画を再生可能。サイズはかなり小さいが、様子を確認できる
PCからアクセスした場合は静止画のみ表示可能。会社のPCなどからでも手軽に利用できる

 なお、撮影される動画は、長さが15秒で、10分間隔で更新されるようになっており、これを変更することはできない。ただし、画像のサイズに関しては「S(96×80)」と「M(128×96)」の2種類を選択可能だ。

動画の長さや更新間隔は変更不可能。サイズを2種類から選択できるのみ

 実際、無線LANで接続されたノートPCをリビングに設置し、自宅の様子を確認してみたが、確認用としては悪くない印象だ。決して画面サイズは大きくないし、Mサイズの場合で15fpsという動画自体もなめらかとは言えないが、自宅で誰が何をしているのかは十分に確認できる。音声も再生されるので、話し声なども何とか聞き取れる。これなら十分に実用範囲内だろう。


ポイントはカメラの設置位置

 ただし、カメラをどこに設置するのかはよく考える必要はある。あさっての方向にカメラのレンズを向ければ、声は聞こえど、姿が見えない動画が再生されることになる。確認したい対象の行動パターンを把握して、もっとも長く居る場所に向けてカメラを設置しておくのが良いだろう。

 また、この画像で撮影対象の表情まで見極めようとするのは難しい。確かに、撮影対象がアップになるようにカメラを設置すればそれも不可能ではないのだが、ペットや1人歩きのできる子供がじっと動かずに居ることはまれだろう。このため、なるべく広範囲を撮影できるような場所にカメラを設置するケースが多くなると思われる。子供なら、まだ声でその様子をうかがうことも可能だが、ペットの表情などから体調を察知するなどといった使い方は難しいかもしれない。

 さらに、撮影場所が明るければ問題なく撮影できるが、夜間、電気が消えた暗い部屋などの確認には、赤外線撮影に対応したカメラやナイトショットモードなどを備えたデジタルビデオカメラなどを使う必要があるだろう。幸い、本サービスではカメラの機種は限定されていないうえ、USB接続に加えてIEEE1394接続のカメラなども利用できる。このあたりは、利用場所に応じて、カメラの機種を工夫する必要がありそうだ。なお、デジタルビデオカメラの場合は一定時間で電源がOFFになることもあるため注意が必要だ。


監視される側の意見も重要

 このように、EZ de DIONモニターは、動画を使った監視が手軽にできる面白いサービスだと言える。使い方によっては、ペットや子供の様子を確認するだけでなく、他の用途にも応用できるだろう。

 ただし、ペットならまだしも、人間の様子を確認する際は、監視される側の気持ちも十分に考える必要がありそうだ。今回のテストで意外に使えるサービスであるとわかったので、自宅のリビングに常時設置しておこうかと考えたのだが、同居人から強固に反対されてしまった。やはり監視されるのは、あまりいい気がしないようだ。自分が監視されるとなれば、やはり反対すると思うので、それも当然のことだろう。

 使い方によっては、単身赴任の父親が自宅の様子を確認するために使えるかとも思ったのだが、監視される家族にとってはあまり気持ちのいいものではない可能性もある。年頃の子供がいれば強固に反対されるのは必至だろう。ペットの様子を確認する、留守中の防犯対策として利用するといった使い方が本サービスではもっとも適しているのではないだろうか。

(2003/10/28 清水理史)


□EZ de DIONモニター
http://www.dion.ne.jp/service/homepage/ezmonitor/
□関連記事:DION、携帯電話から動画で自宅の様子が確認できるトライアル
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/2965.html

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるADSL eAccess版 無線LAN対応」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.