Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較


 「思ったより速度がでない」「ダブルスペクトラムでつながらない」など、さまざまなユーザーの声が聞こえてきた20Mbps超ADSL。では、実際にAnnexCと新たな規格であるAnnexIで、通信にどのような違いがあるのだろうか? 筆者宅に開通したイー・アクセスのADSLプラスIIを使って違いを検証してみた。


事業者とユーザーの温度差

 期待を胸に20Mbps超ADSLに加入したものの、実際に開通してモデムのステータスを確認したら12Mbps ADSLと同じAnnexCだった。そんな状況に見舞われているユーザーも少なくないことだろう。それでも、同じ規格でありながら12Mbps ADSLの時と比べれば若干の速度向上は見られることが多い。しかし、20Mbps超ADSLのウリであるダブルスペクトラム(AnnexI)でつながらないと、気分的に納得できない部分もあるはずだ。

 ただ、ここでひとつ注意すべきなのは、あくまでもダブルスペクトラムは、20Mbps超ADSLというサービスで使われているひとつの技術にすぎないという点だ。サービス発表時にダブルスペクトラムという技術にばかりフォーカスが当てられてしまったため、世間的には「20Mbps超ADSL=ダブルスペクトラム」と捕らえられがちだった。

 実は、従来のADSLにダブルスペクトラムという技術を追加した統合的なサービスが20Mbps超ADSLなのだ。もちろん、20Mbps超ADSL=ダブルスペクトラムと定義してサービスを提供することもできるだろう。しかし、その場合、回線状況が悪いケースでAnnexCよりも速度は低下する。このため、実際のところは、回線状況が良好なケースでのみAnnexIで接続され、そうでなければAnnexCで接続される設定となっているわけだ。

 もとより、事業者ははじめからそのつもりでサービスを開始しているようだが、ユーザーにきちんと周知できなかったことから、事業者とユーザーの間で温度差が生まれてしまったと言える。


強制的にAnnexIで接続してみる

 とはいえ、このことを頭で理解していたとしても、いざ20Mbps超ADSLが開通し、AnnexCで接続されていることを確認すると、実に落胆するものだ。筆者宅にもYahoo! BB 26Mに続き、イー・アクセスのADSLプラスII(24Mbps)が開通したが、結果的にはAnnexCで接続されていた。筆者宅は線路長が1.57km、伝送損失が28dBという微妙な環境なので、ある程度は予想していたのだが、やはりAnnexIで接続されなかったのは残念だ。

 では、実際にAnnexIとAnnexCでどれくらいの速度差が出るのだろうか? ここが最も気になるポイントだ。

 この検証をするためには、モデム側で接続モードを切替えなければならないのだが、イー・アクセスで提供されるモデムにはこの設定が用意されていない。しかし、イー・アクセスのモデムは、色や型番こそ違いはあるものの、基本的にNTT東西のフレッツ・ADSLで利用されているモデムと同型式の製品となる。この点に着目して、いろいろ調べてみたところ、イー・アクセスのモデムでも動作モードを手動で変更できることがわかった。

 具体的には、ADSLモデムにTELNETでアクセスし、パラメーターを書き換えれば良い。ADSLモデムのIPアドレスを指定してTELNETでログインし、「adsl linemode gdmtanxidf」と入力する。標準では、このパラメーターが「auto」になっているため、モデムが回線状況を診断して自動的にラインモードを決定するが、「gdmtanxidf」にすることによって強制的にAnnexIで接続できる。その後、「adsl save」、「save sys」のコマンドを実行して、結果をモデムに保存し、さらに再起動すれば、AnnexIで接続できる。

ADSLモデムにTELNETでログインし、コマンドによってラインモードを変更。保存後、再起動すれば、強制的にAnnexIで接続できる

 なお、同様に「gdmtanxcdf」でAnnexC固定、「gdmtanxcfs」でFBMsOL固定となり、「show adsl」や「show status adsl」などのコマンドで現在の状態を確認することもできる。また、モデムの設定値をファイルに保存し、「adsl linemode gdmtanxidf」と追記してから、設定値を書き戻せば、TELNETでなくてもラインモードを切替えることもできる。

 ただし、これらの操作はADSL事業者、およびADSLモデムメーカーの完全な保証外となるため、必ず自己責任において実行してほしい。万が一、不具合が発生しても当然のことながら保証はできないし、仕様が変更されて同様のことができない可能性もあるだろう。


AnnexIとAnnexCの速度差は?

 このコマンドによって、AnnexCとAnnexIの速度を比較してみたのが以下の画面と表だ。筆者宅においては、若干、AnnexIの方が高速な結果となった。

AnnexI接続時のADSL回線状況

表1:接続モードによる回線状態の違い
  AnnexCAnnexI
下り 上り 下り 上り
リンク速度(kbps) 8,896 1,120 9,504 1,152
インターリーブディレイ(ms) 4 1 4 1
インターリーブデプス 32 1 32 1
線路損失(dB) 39 15 41 15
ノイズマージン(dB) 4 - 4 -
AnnexIとAnnexCの回線状況の比較。AnnexIの方が約600kbpsほどリンクアップ速度が高速になっていることが確認できた

 念のため、インターネット上の速度測定サイトでも速度を計測してみたが、実効速度ベースでも、やはり数百kbpsの速度向上が見られた(以下の表を参照)。

表2:接続モードによる実効速度の違い
契約タイプ 接続モード リンク速度 RBB TODAY BB Speed Checker
下り 上り 下り 上り 下り
ADSLプラス G.992.1 AnnexC 8,416kbps 1,024kbps - - 7,252kbps
ADSLプラスU G.992.1 AnnexC 8,960kbps 1,120kbps 7.57Mbps 939Kbps 7,723kbps
G.992.1 AnnexI 9,600kbps 1,120kbps 7.98Mbps 934Kbps 8,374kbps
インターネット上の速度測定サイトでの実効速度比較。確かに速度差は数値で表れるが、この差もごくわずかだ

 ただし、わずか600kbpsの違いに何の意味があるのか問われると、ほとんど意味はないと言って良い。インターネット上に、それほど高い帯域を必須とするアプリケーションが少ない以上、600kbps速度が向上したからと言って、インターネットの使い方や生活環境が変化するというものでもないだろう。


20dBmの壁

 このように、筆者宅の環境においては、AnnexCとAnnexIの速度差はごくわずかで、誤差と言っても良い範囲であることが確認できた。では、なぜあまり速度差がないのだろうか? AnnexIはダブルスペクトラムによって帯域が倍になっているはずだ。実際に倍とまでいかないまでも、もっと速度が向上しても良いのではないだろうか?

 これを理解するためには、ビットマップを見るのが手っ取り早い。実は、前述したTELNETのコマンドを利用すると、ラインモードの変更だけでなく、ビットマップの表示も可能となる。ADSLモデムにTELNETでログイン後、「_debug」と入力する。これでデバッグモードに入れるので、そこで「debug adsl bin」というコマンドを実行すると、画面にテキストベースのビットマップが表示される。テキストベースのビットマップではわかりにくいので、表にしてみたのが以下のグラフだ。

AnnexI、AnnexC各ラインモード時のFEXTとNEXTのビットマップ。ビンへの搭載量の違いがはっきりとわかる

 グラフを見れば一目瞭然だが、確かにAnnexIはビン番号で255(1.1MHz)以上のダブルスペクトラムで拡張された領域でもデータを搭載できている。しかし、各ビンに搭載されているデータのビット数を比べてみると、明らかにAnnexCの方が多いことがわかる。AnnexCでは最大で14bitのデータを搭載できているビンも存在するが、AnnenIでは上りで最大13bit、下りでは最大でも12bitしかデータを搭載できていない。

 ダブルスペクトラムのイメージからすれば、AnnexCの1.1MHzまでのビットマップはそのままに、その上の帯域でさらにデータを搭載するという印象があるが、実はそうではないのだ。確かにビットマップで形成される山の裾野は広げられるが、逆に高さは低くなってしまうことになる。

AnnexIとAnnexCのFEXTビットマップを重ねてみた。確かにAnnexIで広げられた帯域にもデータは存在するが、1.1MHzまでの帯域では各ビンの搭載量が減っている

 これはなぜか? 実はADSL信号の送信電力が関係している。ADSLでは方式の如何にかかわらず、下り信号のトータル送信電力は20dBmまでに制限されている。つまり、1.1MHzまでの帯域しか使わないAnnexCであろうが、2.2MHzと倍の帯域を使うAnnexIであろうが、下りの信号を送信するために使える総電力は20dBmに変わりないのだ(イー・アクセスが開示している技術情報によるとAnnexC FDMは正確には19.8dBm)。

 ちょっとわかりにくいかもしれないので、図で解説しておこう。以下の図のように、AnnexCでもAnnexIでもトータルの送信電力が20dBmに制限されている以上、AnnexIでは帯域を広げた分、各搬送波で使える送信電力が低くなってしまう。信号の送信電力が低くなれば、それだけ相手に届く信号レベルが低くなるのも当然だ。これによって、1.1MHzまでの各ビンのデータ搭載量が最大14bitから最大12bitへと減少してしまったことになる。

横軸に周波数、縦軸に送信電力をとった場合、個々のビンの送信電力を積分したトータルの送信電力が20dBmに制限されている以上、帯域を広げた分だけ送信電力は落とさざるを得ない

 ADSLの速度をわかりやすく考えれば、いわば利用する周波数帯域と搬送するデータ量の単純なかけ算のようなものだ(実際には曲線を形成するので単純なかけ算ではない)。かける値の片方、もしくは両方の値を純粋に増やせれば速度は向上する。しかし、今回の例のように片方の値が増えても、もう片方の値が減るとなれば、単純に速度が向上するというわけにはいかない。場合によっては、かけ算の答えが、同等、もしくはそれ以下に減少してしまうことも十分にあり得るわけだ。


ダブルスペクトラムに対する幻想を捨てよ

 このように、ダブルスペクトラムを採用したADSLは、回線状況によっては、必ずしも高い通信速度が実現できないということがよくわかった。確かにダブルスペクトラムはADSLの技術としては、革新的ものではあるが、ユーザーとしてはそこにあまり大きな幻想を持たない方がいいだろう。場合によっては裏切られたと感じることが少なからずある。それであれば、多少なりとも低価格な12Mbpsサービスをあえて選ぶという選択肢もあるだろう。

 とは言え、ここまで複雑な技術が採用されている以上、20Mbps超ADSLが本当に自分に必要なサービスなのかをユーザーの責任において選べと言うのも酷な話だ。このあたりは、今後、すべての事業者とISPがきちんとユーザーに対して説明し、適切にサービスを選択できる環境を整備する必要があると言えそうだ。

(2003/08/19 清水理史)


□関連記事:イー・アクセス、下り最大24Mbpsの「ADSLプラスII」を7月29日より開始
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/2112.html

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるADSL eAccess版 無線LAN対応」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.