Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代
〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜


 6月9日の天神コアラの発表を皮切りに、各事業者から続々と発表された20Mbps超の新世代ADSL。現状は、まだ発表段階にとどまり、サービスインは7月から8月とされているが、実際に気になるのは、やはりこれまでの12Mbps ADSLとの違いや20Mbps超ADSLの全体像だろう。技術的な側面や戦略的な意味合いから24Mbpsの実像に迫ってみる。


全力疾走を続けるADSL事業者

 ほぼ1年ごとに高速化を実現するという、すさまじい進化を見せるADSL。技術的な進歩によってユーザーにメリットがもたらされるのであれば、それはそれで歓迎したいところだが、一方でここまで急激な進歩を遂げると、これまでに費やした設備投資費や広告宣伝費が回収できるのか? とも心配になってしまう。

 いわば、現在のブロードバンド市場は、3,000万ユーザーの奪い合いを最終的なゴールとしたマラソンのようなもの。端から見ていると、ADSLはフルマラソンを全力疾走しているようにも思え、どこまで息が続くのかと心配になる。マイペースながら徐々にペースアップしているFTTHの影も見え始め、今後のレース展開が注目されるところだ。

 しかも、つい先日、公正取引委員会の「インターネットサービスの取引に係る広告表示について」の調査結果といった報道もあった。それだけ社会に大きな影響を与えるほど成長したのかと感心する面もあるのだが、こうなった以上、これまでのようななりふり構わぬレースはできないだろう。

 とは言え、今になって歩みを止めるわけにはいかないのがADSLのつらいところ。今回、各事業者から発表された24/26Mbpsの20Mbps超ADSLで、さらなるペースアップを図るしかないのだろう。


ADSLの高速化手法は2通り

 さて、今回、発表された20Mbps超のADSLだが、これまでのADSLとは異なる大きな新技術が採用されている。「ダブルスペクトラム」だ。

 そもそも、ADSLの高速化手法は基本的には2通りしかない。ADSLは、それまでアナログ電話では約4kHzまでしか利用していなかったメタルケーブルを使って、高速なデジタル伝送を行なう技術だ。これまでの8/12Mbps ADSLであれば、26kHz〜1102kHz(下りは138kHzから)の帯域全体を4kHzごとの小さな帯域に分け、それぞれの帯域に搬送波を立てて個別に変調してデータを送信する。つまり、このしくみを応用しながら高速化するためには、ひとつの搬送波により多くのデータを載せるか、搬送波自体を増やすという2通りの方法しかないわけだ(もちろんオーバーラップなどの技術もあるが基本的にはこの2つの方法となる)。

 今回の20Mbps超ADSLで採用されているダブルスペクトラムとは、このうちの後者の手法。つまり、利用する周波数帯域を広げて、より多くの搬送波によってデータを送信することで速度を向上させる技術となる。具体的には、これまでの1102kHzの倍となる2204kHzまでの帯域を利用してデータを伝送することになる。

利用する帯域を1102kHzから2204kHzまで引き上げるダブルスペクトラムを採用することで、より高い速度を実現する20Mbps超ADSL

ダブルスペクトラムだけでは速度は16Mbps止まり

 しかしながら、単純に帯域を広げるだけでは24Mbpsや26Mbpsの速度は実現できない。たとえば、これまでの12Mbps ADSLの技術をそのまま利用して、単純に帯域だけを2倍に広げた場合、その最大転送速度は16Mbpsにしかならないのだ。

 これは、DMTシンボルあたりのフレーム容量が少ないためだ。フレーム容量は「S=」のパラメーターで決定されるが、これが従来の「S=1/2」のままだと20Mbps超の速度は実現できない。具体的には、以下の図を参照してほしい。

S=1/3やS=1/4を採用することで、DMTシンボルあたりのフレーム容量を増加。ダブルスペクトラムの性能を活かしきるだけのデータを生成する

 要するに、ダブルスペクトラムで帯域を2倍にした場合、各搬送波に15bitフルにデータを載せた状態で理論上28.74Mbpsの伝送速度を実現できるのだが、たとえば「S=1」の場合であれば1回の変調でエラー訂正符号を含んだ255バイトのフレームを1つしか作成できないため、最終的な速度は8.16Mbpsにしかならない。同様に、従来の12Mbpsで採用されていた「S=1/2」では、フレーム容量は2倍になるものの最終的な速度は16.32Mbpsにしかならないことになる。

 このため、今回の20Mbps超ADSLでは、「S=1/3」や「S=1/4」などの技術を利用し、DMTシンボルあたりのフレーム容量を3倍や4倍に増やしている。これによって、S=1/3時で24.48Mbps、S=1/4時で32.64Mbpsの速度を実現している。一部の事業者が、今回の20Mbps超ADSLで、理論上30Mbpsの伝送速度と発表しているのは、この「S=1/4」でフル伝送した場合の理論値ということになる。

 しかしながら、前述したように、ダブルスペクトラムの場合、138kHz〜2204kHzまでの各搬送波(479ビン存在する)に最大となる15bitのデータしか搬送できないため、最大速度は28.74Mbps止まりとなる。しかも、今回の20Mbps超ADSLでは、アマチュア無線との干渉を避けるために、1810kHz〜2000kHzまでの帯域で送信電力を落とすなどの対策がなされている。実際の転送速度が24Mbps、オーバーラップを利用した場合で26Mbpsと発表されているのはこういう理由からだ。

アッカネットワークス公表の20Mbps超ADSLの技術仕様書からの抜粋。PSDマスク(特定周波数帯域における送信信号の電力制限を規定する電力スペクトル密度のマスク値)を見ると、アマチュア無線対策のために、1810kHz〜2000kHzまでの帯域で送信電力が落とされていることが確認できる

2種類の規格が存在

 このように、20Mbps超のADSLは、全体的にはダブルスペクトラムとS=1/4という技術によって支えられている。しかし、さらに細かく見てみると、同じ20Mbps超ADSLといってもオーバーラップを除けば2種類の規格があることが確認できる。ひとつは「G.992.1 Annex I」、そしてもうひとつが「G.992.5 Annex A」だ。

 AnnexIは、現状、国内のほとんどの事業者が採用を表明している規格で、従来の12Mbps ADSLと同じG.992.1 Annex Cを発展させたものとなる。Annex Cと同様に、ISDNとの干渉を避けるためのデュアルビットマップ方式を採用しながら、ダブルスペクトラムを採用し、さらにトレリスコーディングなどの新しい符号化やS=1/3、S=1/4といったオプションを採用している。一方のG.992.5 Annex A(いわゆるADSL2+)は、国際的な利用が想定された規格だ。Annex IのようなTCM-ISDNとの干渉こそ考慮されていないが、ダブルスペクトラムを利用するなど、ほぼ同じような規格となっている。細かな違いについては以下を参照してほしい。

G.992.5 AnnexAとG.992.1 AnnexIの違い。細かなオプションなどに違いが見られる

 なお、国内ではYahoo! BBの26MbpsサービスがAnnex Iを採用しない事業者として存在するが、同社の規格がもう一方のG.992.5かどうかは正式には発表されていない。事実上、Annex Aベースでダブルスペクトラムを利用できるのはG.992.5だけなので、ほぼ間違いはないと思われるが、このあたりは同社から詳細な発表や技術仕様が公開されるまで不明だ。

 では、どうして事業者によって採用されている規格が異なるのだろうか? これには、規格の策定時期が大きく影響している。実は、G.992.5にもAnnex Cの規格は存在する。つまり、G.992.5でも、AnnexIで規定されているのと同に、TCM-ISDNと同期させながら、ダブルスペクトラムを採用することが可能なわけだ。しかし、G.992.5ベースのAnnex Cは、現在、まだ規格が策定中の段階であり、正式な策定は今年の後半となっている。このため、現時点では、この規格を採用できないわけだ。

G.992.5 AnnexCの策定はまだ先。サービスインの時期をG.992.5 AnnexAと合わせるためにG.992.1 AnnexIが策定された。さらに、今後は50Mbps超ADSLの登場も控えている

 もちろん、G.992.5ベースのAnnex Cが策定されるまで、市場に20Mbps超のADSLを投入するのを控えるという手もある。しかし、G.992.5 Annex AとG.992.5 Annex Cの正式策定に半年の開きがある以上、それはそのままサービスインの時期の遅れとして現れてしまう。冒頭でも述べたように、各事業者が全力疾走で覇権を争っている最中のADSL市場で、この遅れは命取りにもなりかねない。このため、国内の通信事業者が中心に、G.992.5 Annex Aとほぼ同時期にダブルスペクトラムを採用できるようにAnnex Iを策定したわけだ。

 このあたりは、技術的な側面よりも、どちらかというと政治的な思惑が多くからんでいると言えるだろう。


実際の効果が判断できない

  このように、さまざまな経緯があるにしろ、無事に20Mbps超ADSLが市場に投入されることとなったわけだが、1ユーザーとして、ひとつ気がかりな点もある。20Mbps超ADSLによって、実際にどれほどのメリットがもたらされるのかが、まったく判断の材料が提供されない点だ。

 これまでの12Mbps ADSLなどであれば、正式サービス前にフィールドテストが行なわれ、その結果も公表されていた。このため、実際のリンクアップ速度と距離の関係のグラフなどから、実際の効果がどれくらいあるのかがユーザーにも見えていた。しかし、今回の20Mbps超ADSLに関しては、一部でサービスの事前申し込みが開始されているにもかかわらず、こういったデータが出てこない。

 このため、今回の20Mbps超ADSLに関しては、現段階では、事業者以外、誰もその効果がわからない。中には、伝送距離と速度の関係の予想グラフやイメージ図をWebサイトに掲載している事業者もあるが、実測に基づいていない予想データでは意味がないだろう。こんな予想グラフを掲載するくらいなら、一度くらいは試しているはずの実験環境での結果を掲載した方がまだマシだ。

 12Mbpsサービスの開始時のように、技術的な側面から速度向上の効果がきちんと説明されているなら、実際の効果もある程度は推測できるが、今回の20Mbps超ADSLでは、拡張された高い周波数帯は減衰しやすいとか、1000kHz以上を利用するAMラジオからの干渉が予想されるとか、技術的に見てもネガティブな要素が多い。20Mbps超ADSLという名称を用い、しかも既存のサービスより高額な料金を徴収しようとしているのだから、早くその根拠がどこにあるのかを実際のデータでユーザーに示すべきだ。これでは、公正取引委員会から注意を受けても文句は言えない。

 今回の20Mbps超ADSLでは、NTTの接続約款の問題なども話題になってはいるが、個人的には実際の検証が不十分なまま、もしくはその結果がユーザーに公開されないままサービスインすることが問題だ。他事業者に一歩でも先んじたい気持ちはわかるが、そろそろブロードバンド市場全体を見据えて、各事業者が協調し、一緒にブロードバンド市場を盛り上げていくべき時期なのではないだろうか?

(2003/07/01 清水理史)


□関連記事:アッカ、下り最大26MbpsのADSL接続サービスを発表
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/1804.html
□関連記事:イー・アクセス、ADSLを高速化、7月から24Mbps、秋から30Mbps
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/1801.html
□関連記事:NTT東日本、下り最大24Mbpsの「フレッツ・ADSL モアII」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/1887.html
□関連記事:Yahoo! BB、下り最大26Mbpsの「Yahoo! BB 26M」
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/1850.html

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるADSL eAccess版 無線LAN対応」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.