Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第43回:祝・FTTH2回線開通
〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する〜


 念願のFTTHをついに導入。筆者の住む地域ではNTT東日本の「Bフレッツ」と有線ブロードネットワークスの「BROAD-GATE 01」の両方が利用可能だが、今回はテストの意味も含めて両方の回線を導入してみた。両者のサービスで何か違いは見られるのだろうか? さっそく比較をしてみた。


それぞれがやっかいな問題を抱えている日本のブロードバンド

  次世代のブロードバンドインフラの本命と言われながら、なかなか普及が進まないFTTH。ADSLの高速化、低価格化が劇的に進んでしまったこともあり、その陰もすっかり薄くなってしまった感さえある。現状、FTTHには導入の難しさ、料金の高さといった問題がある以上、まだまだ普及に時間がかかるのも確かだ。

 しかし、速度や安定性といった技術的な面で見れば、やはりFTTHに軍配が上がる部分も多い。実際の用途は? という問題もあるものの、100Mbpsという圧倒的な伝送速度は魅力的である上、ADSLのように伝送距離によって速度が低下するということがない特徴を備えている。

 もちろん、ADSLも次世代の24Mbpsの姿がすでに見え始めてはいるが、これは主に近距離ユーザー向けの技術となることを考えると、誰もが分け隔てなく利用できるサービスとしては現状の12Mbps以上の技術が登場することは考えにくい。しかも、現状、ADSLは干渉騒動、NTTの接続約款の変更など、技術的なこと以外にさまざまな問題を抱えている。現段階でもっとも手軽でコストパフォーマンスの高いサービスは間違いなくADSLだが、その将来が明るいかと言われると決してそうとも言えないだろう。このような状況を考えて、FTTHに期待しているユーザーも少なくないはずだ。


Bフレッツ・ニューファミリーとBROAD-GATE 01を導入

 筆者もこのような理由からFTTHの導入を決意したひとりだ。筆者宅は、幸運なことに、複数の事業者がサービスを提供する地域にある。もちろん、サービスが提供されている地域であっても実際にFTTHを導入できるとは限らない。集合住宅や賃貸物件などの場合、管理組合や大家さんの承諾を得なければ、実際にFTTHを導入することはできない。しかし、筆者のケースでは、こういった障害がまったくなく、FTTHを導入しやすかったという経緯もある。

 今回、実際に導入したのはNTT東日本のBフレッツ ニューファミリータイプと有線ブロードネットワークスのBROAD-GATE 01 TypeEの2つの回線だ。FTTHの場合、ADSLほど事業者による技術的な違いは存在しないが、サービス内容にはそれぞれ違いが見られる。主な違いは以下の表の通りだ。

Bフレッツ ニューファミリー BROAD-GATE 01 TypeE
事業者 NTT東日本/西日本 有線ブロードネットワークス
工事費用 27,100円 33,000円
月額料金 5,800円(別途ISP費用が必要) 5,700円
認証方式 PPPoE -
IPアドレス ISPに依存(基本的にDHCP) グローバルIPアドレス固定(5個)

 もっとも大きいのは認証方式とIPアドレスの部分だろう。Bフレッツは他のフレッツ・シリーズと同様にPPPoEによる認証方式を採用しており、IPアドレスの付与の方法はISPに依存する。これに対して、BROAD-GATE 01ではPPPoEは採用しておらず、IPアドレスは必ずグローバルIPアドレスが付与される(利用可能なのは5個)。また、BROAD-GATE 01の場合、ISPサービスも含まれるため、別途ISPとの契約が必要ないという特徴もある。

 このように、サービス面だけで比較した場合、個人的にサービス内容が充実していると感じるのはやはりBROAD-GATE 01の方だ。何と言っても固定IPアドレスが付与されるのは大きな魅力だし、価格的なアドバンテージも大きい。もちろん、ユーザーによっては固定IPアドレスなどは必要なく、むしろフレッツ・シリーズのようにISPを自由に選択できるメリットの方が大きいと感じるケースも考えられる。しかし、やはり価格的なメリットはやはりBROAD-GATE 01の方が大きいと言えるだろう。

 また、今回は価格帯のレベルを合わせるという意味もあり、Bフレッツはニューファミリータイプを選択したが、このサービスは基本的に100Mbpsの回線を分岐させ、複数のユーザーで共有する方式となる。このため、場合によっては100Mbpsの帯域をフルに利用できないことも考えられる。これに対して、BROAD-GATE 01は、複数のユーザーで共有するような形態とはなっていない。つまり、BROAD-GATE 01のサービス内容は、Bフレッツで言うところのベーシックタイプとほぼ同等だと言える。Bフレッツのベーシックタイプが月額9,000円であることを考えると、やはりコストパフォーマンスは高いと言えそうだ。


工事はどちらもスムーズ

 実際の工事に関しては、どちらもスムーズで特に大きな差はなかった。筆者宅の場合、家の直前にある電柱から2本先のところまで、すでに光ファイバーが敷設されていたため、そこから自宅まで新たに光ファイバーを敷設し、自宅へと引き込むだけという簡単な工事となった。時間としては2〜3時間といったところだ。

 なお、電柱から自宅への引き込みには、エアコンの室外機用の穴を利用することにした。この穴は電話回線を引き込むためにも利用しているのだが、電話工事の際、担当者に光ファイバーの導入を検討していることを伝えたところ、あらかじめエアコンの穴に9mmの塩化ビニール製の配管を通しておいてくれたようで、その配管を使ってスムーズに光ファイバーを室内に敷設することができた。

エアコンの穴に9mmの配管を通し、そこから光ファイバーを敷設。工事は、噂通り、道路を通行止めにして行なう大がかりなものであった

 光ファイバーは、必要以上に曲げたり、強い負荷がかかると折れてしまうこともあるので、実際にFTTHを導入する際には、筆者宅のように何らかの方法で配管を通しておいてもらうといいだろう。

 なお、メディアコンバーターに関しては、Bフレッツは一般的なタイプだが、BROAD-GATE 01の場合は特殊な製品となった。筆者宅は、NTTの収容ビルからは1.5km前後と近いものの、有線ブロードネットワークスの基地局からは3kmと距離が遠くなる。このため、通常のタイプのメディアコンバーターでは出力が足りず、エラーが発生する可能性があるのだそうだ。このため、筆者宅では、アライドテレシス製の「CentreCOM MMC103」が設置されることとなった。後から、同社のWebサイトでスペックを確認してみたところ、確かに受信感度、送信パワーともに高いレベルの製品であるようだ。

無事に設置されたメディアコンバーター。左側がBフレッツで、右側がBROAD-GATE 01。BROAD-GATE 01は一般的なメディアコンバーターでないため、見た目があまり良くない黒いケースに収められている
BROAD-GATE 01ではケース内にアライドテレシス製のメディアコンバーターを収納。距離によっては出力の大きいタイプが必要になる

速度は互角、安定性は…

 では、実際のパフォーマンスはどうなのだろうか? これはほぼ互角と言えそうだ。実際にインターネット上の速度測定サイトを使って計測してみたところ、以下のような結果となった。

  Bフレッツ ニューファミリー BROAD-GATE 01 TypeE
直結 フレッツ・スクウェア 35.02Mbps -
ブロードバンドスピードテスト 44.4Mbps 72Mbps
RBB Today 36.1/7.32Mbps 77.48/30.52Mbps
BA8000 Pro経由 フレッツ・スクウェア 69.28Mbps -
ブロードバンドスピードテスト 63Mbps 61Mbps
RBB Today 66.94/13.47Mbps 78.75/23.16Mbps
※Bフレッツではプロバイダーに「ぷらら」を利用。パソコンはPentium4 1.8GHz、メモリ512MBを使用

 どちらの回線もほぼ60〜70Mbps程度の速度を実現している。若干、BROAD-GATE 01の方が高速だが、PPPoEによるボトルネックやプロバイダーの違いなど考慮すると、ほぼ同等の速度と言って差し支えないだろう。なお、PCとメディアコンバーターを直結した場合、Bフレッツの速度が極端に遅いが、これは回線自体の問題というよりは、PCのOS側の問題となる。今回、測定にはWindows XPを利用したが、Windows XPのPPPoEはあまりパフォーマンスがあまり良くない。実際、ルーター(NTT-ME BA8000PRO)を利用して計測したところ、どちらの回線もほぼ60〜70Mbpsほどの速度を計測することができた。もちろん、MTUなどの値をチューニングするなどすれば、直結の状態でも多少パフォーマンスを改善することも可能だが、今回はチューニングをさけて、あくまでも標準の状態で計測することにした。

 今回の結果で、興味深かったのは、Bフレッツのニューファミリータイプでもかなりのパフォーマンスが実現できる点だろう。ニューファミリーの場合、1本の光ファイバーを敷設し、そこから各戸へと光ファイバーを分岐させる方式となっている。つまり、基本的には複数のユーザーで100Mbpsの帯域を共有する格好だ。このため、多数のユーザーが存在し、アクセスが集中すれば、パフォーマンスは低下する傾向にある。

 しかし、筆者宅ではこのようなパフォーマンスの低下はほとんど見られなかった。もちろん、環境にもよるのだろうが、現状、FTTHユーザーが少ないことを考えると、ニューファミリーでもパフォーマンス面の不満はあまりないと考えられる。

 また、ここで計測した値はあくまでも最高速度であり、実際にインターネットに接続する際には、ここまでのパフォーマンスが必要となるケースが滅多にないのが現状だ。実質的には20Mbpsもあれば十分すぎるほどで、最近増えてきたWindows Media Player9向けの6Mbpsのストリーミング(この品質は一見の価値はある)、サイズの大きなファイルのダウンロードなどもまったく苦にしない。このような実質的な速度域でかまわないのであれば、月々の料金が安いニューファミリーを選択する方が効率的と言えるだろう。

 一方、安定性に関しては、Bフレッツはかなり良好だ。導入から1カ月以上経過したが、回線が切れるなどのトラブルはまったく発生していない。一方、BROAD-GATE01に関しては、導入から2回ほど使えなくなるトラブルが発生した。1回目はメディアコンバーターの不調で、2回目はウィルスによる被害だ。

 前述したように筆者宅では有線ブロードネットワークスの基地局から遠いため、出力の高いメディアコンバーターを利用している。この機器は、たまにさわってみるとかなり熱く、発熱量が多いことがわかる。しかも、筆者宅ではメディアコンバーターをエアコンの真下に設置しているため、エアコンの暖かい風が直に当たるようになっている。トラブルとしては、Ethernetが認識しなくなったのだが、しばらくの間、電源を抜いておいたら復旧したので、おそらく発熱によって誤動作したのではないかと推測できる。

 2回目のトラブルは、1月末に世界中で猛威をふるった「Slammer」の影響だ。BROAD-GATE 01は固定IPが利用できるためか、サーバーを設置して利用しているユーザーが多いと聞く。その中に感染被害にあったユーザーもいたようで、この影響で回線がつながらない状態になってしまったことが1度あった。

 まあ、これらのトラブルは原因もはっきりしているため、対処するのは容易だったが、FTTHと言えどもトラブルとはまったく無縁というわけではないのだということを認識するよい機会になった。


今後はコンテンツ勝負の時代に

 このように、今回、2つのFTTHを比較してみたが、トータルで見た場合の満足度は互角と言えそうだ。BROAD-GATE 01は固定IPがもらえる点や速度面にアドバンテージがあるが、何と言ってもサービスエリアが狭い。ほぼ全国で使えるようなサービスにならないかぎり、ユーザーが比較対象として考えるのは厳しいだろう。一方、Bフレッツは、ニューファミリータイプであるため、現状はパフォーマンス面に影響がなくても、将来的にパフォーマンスが低下する可能性も秘めている。だからといってコスト的にベーシックタイプにするわけにはいかない。安定性などはかなり良好だが、どうしてもコストパフォーマンスで考えるとBROAD-GATE 01ほど有利とは言えない。

 ただし、これはあくまでも回線自体の比較であり、今後の展開次第では有利、不利がはっきりしてくる可能性がある。今後の展開とは、コンテンツの整備だ。ユーザーが求めているのは、回線自体ではなく、あくまでも回線を利用したサービスだ。FTTHの速度を活かせるようなコンテンツを整備できなければ、今後の回線の主流とはなりえないだろう。

 もちろん、BフレッツもBROAD-GATE 01も、現状、ある程度のコンテンツを用意してはいる。しかしながら、BROAD-GATE 01はコンテンツ数はそこそこ多いものの2Mbps程度のストリーミングとなるため、FTTHではなくても良いのでは? と疑問に思ってしまう。一方、Bフレッツ側は前述したように6Mbpsのストリーミングなども用意されているが、サンプル的な映像が多く、一度見れば十分というレベルにすぎない。

 コンテンツを整備するのは、回線事業者なのかプロバイダーなのか、それともコンテンツ事業者なのかという議論があるのも確かだが、ここをうまく整備できなければ、事業者ごとの差別化も難しいし、そもそもADSLとの差別化さえできない。このあたりの工夫で、ぜひともADSLではなく、FTTHでなければならないのだという説得力のある回答を示してもらいたいところだ。

(2003/02/04 清水理史)


□有線 BROAD-GATE 01
http://ftth.gate01.com/
□フレッツ・シリーズ(NTT東日本)
http://www.ntt-east.co.jp/flets/
□関連記事:第41回:新環境でADSL 3回線を比較
http://bb.watch.impress.co.jp/column/shimizu/2003/01/14/

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できる ADSL」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.