Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える
すでに802.11gに対応した機種も……


 インテルのCentrinoテクノロジの登場によって、ノートPCのアーキテクチャが大きく変わろうとしている。しかし、新型のPentium Mや855PM/GMチップセットなどは良いとしても、こと無線LANに関しては物足りない部分も多い。今回は、このようなノートPCの無線LAN環境の現状と将来について考えてみる。


無線LANの状況を考えると手を出しにくい新型ノートPC

富士通のFMV LOOX T60D。下位モデルとなるため、あまり注目を集めていないが、筆者が購入したものはIEEE 802.11gに対応していたことがわかった。写真のように液晶の映り込みが気になるポイント

 インテルの新しいノートPC向けアーキテクチャは、非常に良くできたものだと言える。実際、評価機や店頭などでPentium Mを搭載したノートPCを数機種使ってみたが、その良好なパフォーマンス、長時間駆動可能なバッテリーライフと完成度の高さに感心させられるものがあった。パフォーマンスやバッテリーライフを重視するのであれば、このテクノロジーが登場した今がノートPCの買い時だと思っても差し支えはないだろう。

 しかし、今回のCentrinoでもテクノロジーの核とされている無線LANについて考えてみると、素直に今が買い時とは思えない部分も多い。このあたりは、すでにさまざまなメディアで取り上げられている通りだが、IEEE 802.11bしかサポートしない現状のCentorinoでは、やはり通信環境が十分とは言えないわけだ。

 もちろん、現状はIEEE 802.11b以外の規格がそれほど普及しているわけではないため、実質的にIEEE 802.11bのみのサポートでも困るシーンは少ない。特に企業内や外出先での利用がメインということであれば、まだまだIEEE 802.11bでも十分だろう。しかし、ノートPCは決して安い買い物ではないことを考えると、少なくとも1年、通常はそれ以上の年数の利用でも古さを感じさせない製品でなければ手を出しにくい。

 その点、無線LANの技術に関しては、IEEE 802.11gの正式策定が間近に控えているうえ、IEEE 802.11a/b/gに対応したデュアルバンド・トライスタンダードの製品も徐々に登場しつつある。しかも、チップレベルでの進化も目前に控えており、デュアルバンド・トライスタンダードの製品に関しては、無線LANチップが現状の4チップ、もしくは3チップ構成から、2チップ構成(RFとベースバンド各1ずつ)に進化することも予想されている。

 インテルはこの分野では、無線LANを専門とするチップベンダーに遅れを取っているため、デュアルバンド・トライスタンダードの製品リリースまでに時間がかかるかもしれないが、Intersil、Atherosといった大手無線LANチップベンダーに関しては、すでにこの計画が着々と進んでいる。つまり、これから秋、もしくは年末にかけて無線LAN技術は大幅な進化を遂げ、次の世代へと移り変わることが確実なわけだ。このような状況を考えると、現状のIEEE 802.11bしかサポートしないノートPCは、やはり手を出しにくい。


少なくともIEEE 802.11gが必要

 とは言え、日々進化するテクノロジーを待ち続けていては、いつまでたってもパソコンを購入することなどはできない。どこかのタイミングで買い時を見極める必要があるわけだ。もちろん、CPUやチップセットに明らかなアドバンテージがある現在を買い時と考えるのも悪くはないが、個人的には無線LAN環境がもう一段階進化するタイミングを狙いたい。具体的には、IEEE 802.11gが実装されるタイミングだ。IEEE 802.11gの正式策定については6月の中旬から下旬の予定と言われるが、さすがにこのタイミングでIEEE 802.11g搭載機がすぐに登場するとは考えにくいので、実質的なノートPCの買い時は秋モデル以降ということになるのだろう。

 もちろん、このタイミングであれば、デュアルバンド・トライスタンダードの無線LANが実装されることも期待できるが、必ずしもデュアルバンド・トライスタンダードに固執する必要はないだろう。この理由のひとつとして挙げられるのはコストの問題だ。シングルバンドとデュアルバンドの製品の価格差は、近い将来には無きに等しいところまで近づくと予想されるが、今年の後半まで待ってもまだ多少の価格差は存在すると予想される。また、PCベンダー側も無線LAN以外の部分(CPUやHDDなど)を組み合わせて、意図的に価格差を設定してくる可能性もある。

 費用は気にしないというのであれば話は別だが、この価格差がなくなるまでにはまだ1〜2年はかかる。であれば、近々、登場するであろうIEEE 802.11g搭載製品を選ぶのが現時点では得策と言える。


非公式にIEEE 802.11gに対応している機種を発見!

 このような状況の中、実は大きく注目したいノートPCが1台ある。富士通から新たに発売された2スピンドルのモバイル向けノートPC「FMV LOOX」だ。LOOXシリーズには、Pentium M 900MHzを搭載したハイエンドのT90D、Baniasコア採用のCeleron 600AMHzを搭載したT60D、基本的にはT60Dと同様のスペックだが無線LANの代わりにAirH"INを搭載したT60Wの3機種がラインナップするが、ここで取り上げたいのは、このうちのT60Dだ。

 筆者が個人的に一般のパソコン店で購入し、使ってみて驚いたのだが、T60Dの内蔵無線LAN機能は公式にはIEEE 802.11b準拠となるものの、実際にはIEEE 802.11g(ドラフト)に準拠しており、何の設定変更なしにIEEE 802.11gのアクセスポイントに54Mbpsで接続することができた。FTPデータ転送による実測でも13Mbps程度のスループットを確認できたので、間違いなくIEEE 802.11gで接続できていることになる。

LOOX T60DでWindowx XPのワイヤレスネットワーク接続のプロパティを開いたところ。間違いなく54Mbpsで接続されていることがわかる

 よくよく調べてみると、本体に内蔵されているMiniPCIの無線LANモジュールに、Broadcom製の「BCM4306」というチップが搭載されていた。このチップはメーカーの公称通り、IEEE 802.11bに準拠したチップだが、ドラフト版のIEEE 802.11gにもしっかりと準拠している。発売時点ではパソコンのスペックとしてIEEE 802.11g準拠と発表しなかっただけで、実質的にはIEEE 802.11gに準拠しているわけだ。

 同じ新型LOOXでも上位モデルとなるT90DはCentorinoブランドとなるため、Intelの無線LANチップが採用されており、IEEE 802.11bにしか対応していない。CPUや光学ドライブのスペックはT90Dにアドバンテージがあるが、IEEE 802.11gの通信が可能なことを考えるとT60Dを選ぶメリットもあるのではないだろうか。もちろん、公式に対応しているわけではないので、T60Dを購入してIEEE 802.11gによる通信ができない可能性もある。これはあくまでも個人的な予想に過ぎないが、おそらく規格の正式策定後に、富士通側からIEEE 802.11g準拠であることがアナウンスされるのではないかと思われる。

 なお、LOOXの場合、背面のハードディスクにアクセスするフタをひとつ開けるだけで、本体に内蔵されているMiniPCIのモジュールの姿を拝むことができる。サポート外のことだが、将来的にモジュールだけを交換することもできるだろう。しかも、全く別の用途向け製品となるが、メルコからIEEE 802.11g準拠のMiniPCIモジュールも販売されている。実際に装着して動作するのか、対応ドライバをどこから入手するのか、無線部分の改造が許されるのかといった問題はあるものの、このような交換可能な構造になっている点は非常に興味深い。

背面のフタを開けると、MiniPCIの無線LANモジュールが姿を現す。搭載されているベースバンドチップはBroadcom製のBCM4306。実際には難しいと思われるが、交換は不可能ではなさそう

必ずしもCentorinoにこだわる必要はない

 このように、あくまでも無線LAN環境を重視した場合、現段階で購入するのであればLOOX T60Dはかなりお買得なノートPCであると言えそうだ。この製品を見る限り、必ずしもCentrinoブランドにこだわる必要がないのだというのがよく分かる。ただし、この製品には液晶への映り込みが激しく、重量もかなり重いという欠点があるので、総合的には自分のニーズに合うかは別問題だ。

 今後、ノートPCの重要な装備となる無線LAN。このようにT60DのようなIEEE 802.11gに対応した機種以外は、少なくとも今年の秋モデルが登場するくらいまで、ノートPCの購入には慎重になった方がいいだろう。前述したように、無線LANの状況は、これから年末にかけて大きく変わることが予想できる。くれぐれも衝動買いは避けた方がよい。

(2003/06/03 清水理史)


□製品情報(FMV LOOX)
http://www.fmworld.net/product/frame/pcpm0305/biblo_loox/index_loox.html
□関連記事:マウスコンピューター、IEEE 802.11g無線LAN搭載のデスクトップPC
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/889.html

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できるADSL eAccess版 無線LAN対応」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.