Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ
NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す


 NECアクセステクニカから、IEEE 802.11b対応の無線LANルータ「AtermWB7000H」が発売される。すでに発売されているBR1500H、WA7500Hに続く、同社の新しいラインナップを形成する新製品だ。発売前だが製品版を試す機会を得たので、使用レポートをお届けしていこう。


新製品ラッシュを迎えたルータ市場

まもなく発売される「AtermWB7000HワイヤレスLANセット」

 今年の秋から冬にかけて、各社から続々とルータ、および無線LANルータの新製品が登場してきた。ルータ市場を全体的に見れば、今回の新製品の全体的なトレンドは、IEEE 802.11aへの対応、より高速なルーティングエンジンの搭載、高度なセキュリティ機能の実装、そして低価格化だと言えるが、ことIEEE 802.11b対応の無線LANルータに限っては、これらのうち高スループット化と低価格化が著しい。

 これまで、IEEE 802.11b対応の無線LANルータは、11Mbpsという無線LAN側の通信速度がボトルネックになることを考えて、あまり高スループット化が進まなかった。しかし、ユーザー側としては、無線LANのみでなく、当然、有線LANも併用することになる。しかも、ADSLの高速化、FTTHなどの普及といった回線側の高速化の背景もあり、高スループット化のニーズが高まってきている。このようなユーザーのニーズにこたえようというわけだ。

 また、有線ルータで、メーカー側が高スループット化のノウハウをある程度蓄積できた点も大きい。70Mbps、80Mbpsといった有線LANルータのルーティングエンジンをそのまま無線LANアクセスポイントに搭載すれば、高速な無線LANルータを設計することも難しくはない。これが、ようやく現実の製品として登場してきたわけだ。

 一方、低価格化に関しては、無線LANチップ自体の高集積化、低価格化などもひとつの要因としてあげられるが、何より市場の拡大が大きいだろう。ノートPCに無線LAN機能が内蔵されることが半ば当たり前になりつつあり、ユーザー側もあらゆるPCを無線LANで接続したいというニーズを持っている。ユーザーのニーズがあれば、ある程度の出荷台数が見込めるわけで、そうなれば今度は量産効果によって価格は下がってくることになる。また、ユーザー側が製品選びのポイントとして価格が重要な判断基準とすることを考えれば、メーカー側もコスト削減によって、これにこたえざるを得ないというわけだ。


高スループットエンジンを搭載

 このような市場動向の中、今回、NECアクセステクニカから登場したのが「WARPSTARΔ WB7000H」だ。位置づけとしては、同社がこれまでに販売していた「WARPSTARΔ WDR75FH」の後継と言えるが、機能的な面から考えると有線ルータの「BR1500H」の発展系とも解釈できるし、IEEE 802.11aに対応した無線LANルータ「WA7500H」の廉価版とも解釈できる、良い意味で中間的な位置づけを持つ製品だ。

 まず有線ルータ部分だが、これはBR1500などに搭載されているのと同様のルーティングエンジンを搭載している。BR1500Hは70Mbpsという高いスループットを誇る有線ルータだが、WB7000Hでもこれと同じ70Mbpsのスループットを実現している。もちろん、この値はメーカーがFTPによって計測した値となるので、実際にPPPoEで接続した場合の速度などは異なるが、これまでの無線LANルータに比べるとはるかに高速なスループットを実現している。ちなみに、Bフレッツ・ベーシックの回線に接続し、フレッツ・スクウェアで速度計測を行なったところ5回計測の平均で45.47Mbpsという数値が出た。この速度になるとパソコンの性能も影響してくるので、数値は参考程度にとどめてほしい。
フレッツ・スクウェア内で速度計測した結果。Pentium 4 1.6GHzを搭載するパソコンにWindows XPを使用した。

 まあ、スループットに関しては、PCのベンチマークと同じで、その値が実際にどれだけ重要な意味を持つのか疑問ではあるのだが、遅いよりも速い方がよいのは事実なので、今回の高スループット化は歓迎すべき事だと言えるだろう。

 この他、ルータの機能としては、UPnPへの対応、VPNパススルー、DMZへの対応(サブネットを分けることが可能)、IN/OUT側ともに詳細な設定が可能なパケットフィルタリング、必要に応じてポートを開け閉めするダイナミックポートコントロールなど多彩な機能を備えており、機能的な不足はまったく感じない。また、フレッツ・ADSLなどのマルチセッションにも、以前に本連載で紹介したPPPoEブリッジで対応できる。 。


機能はそのままにコストを削減

 無線LAN部分に関しては、規格、およびWEPの152bit対応状況が異なるだけで(IEEE 802.11bのWB7000Hは非対応)、IEEE 802.11aに対応したWA7500Hと設定項目的にはほぼ同じだ。同社の無線LAN製品は、ネットワーク名が不明な場合に子機からの無線検索に応答しない「ESS-IDステルス機能」がひとつのセールスポイントになっているが、この機能も当然搭載されており、アクセスポイント付近でWindows XPのWireless Zero Configや各種無線LANユーティリティを実行しても、アクセスポイントのESS-IDが表示されることがないようになっている。このあたりは、他社製の無線LAN製品には、まだあまり見られない同社ならではの特徴と言える。

「ESS-IDステルス機能」は無線LAN設定から“ネットワーク名が不明の場合の参照”を拒否にすることで設定できる

 また、WEBページでの設定に加えて、本体に添付されているユーティリティでの設定が可能な点も、これまでのWARPSTARΔシリーズと同様で、非常に簡単にセットアップ可能になっている。無線LANカードの装着から、アクセスポイントの設定、インターネットへの接続までウィザードに従って設定するだけで完了するので、このあたりは初心者には非常に心強い。このような機能面、使いやすさといった面では、現状、販売されている無線LANルータの中では間違いなくトップレベルだろう。

外部アンテナ接続用の穴は上部に設けられるが、蓋は一度取り外すと元に戻らなくなるタイプ

 ただし、既存のWARPSTARΔシリーズから変更された部分もいくつかある。まず、本体に内蔵される無線LANカードが取り出し不可能になった。これまでのWARPSTARシリーズでは、本体上部のフリップを開けることで、PCカードスロットから無線LANカードを取り出すことができたが、今回のWB7000Hではこの機構が採用されておらず、カードは常に装着された状態となった。また、本体を支える台座部分が同製品のシンボルである「Δ」形状ではなくなったり、本体前面のインジケーター部分がクリア素材でなくなったなど、外見が若干簡素化された。なお、本体には、外付けアンテナを装着するための穴を開けることはできるので、カードが取り出せなくても問題なく外付けアンテナを装着することは可能だ。

 とは言え、カードを取り出すことなど滅多にないうえ、外観の違いも全く気にならないので、これらの点はほとんど問題にならないだろう。むしろ、最初のセットアップ時に無線LANカードを装着する手間が省けるので、考えようによっては今回の筐体の方が効率的だと言える。このような変更によって、本体と無線LANカードのセットモデルとなる「ワイヤレスLANセット」で、発売前だが23,000円前後の予約価格を掲示している店が多い。ここ数カ月で登場した無線LANルータとほぼ同じ価格帯となるので、価格的な競争力も高いと言えるだろう。


IEEE 802.11b対応製品としてはお買い得だが

 このように、WA7000Hは、IEEE 802.11b対応の無線LANルータとしては、かなり高い完成度を持つ製品だと言える。しかしながら、無線LANの需要は、今後IEEE 802.11a、もしくはIEEE 802.11b/11aのデュアルへと移行していくことが明白だ。個人的には、IEEE 802.11b/1aのデュアル対応製品が登場するのを待ちたいところだが、今すぐに無線LANルータが必要という人にとって、現時点でかなり買い得度の高い製品だと言えるだろう。

(2002/11/05 清水理史)


□関連記事:NECアクセステクニカ、IEEE 802.11b対応無線ルータをモデルチェンジ
http://bb.watch.impress.co.jp/news/2002/10/10/aterm7.htm
□NECアクセステクニカ
http://www.necat.co.jp/
□AtermStation
http://121ware.com/aterm/

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できる ADSL」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.