Broadband Watch logo
バックナンバー
第76回:これさえあれば外出中も安心! 携帯電話で自宅の様子を確認できる「EZ de DIONモニター」
[2003/10/28]
第75回:無線LAN運用のカギはチャネルに有り 干渉を避けるための設定方法を探る
[2003/10/21]
第74回:これからの情報発信の本命になるか? blogの魅力を探る
[2003/10/14]
第73回:デュアルバンド対応&機能強化で巻き返しを図るアイ・オー・データ機器「WN-AG/BBR」
[2003/10/07]
第72回:低価格路線で変わるプロバイダーのあり方
[2003/09/30]
第71回:インターネット経由でのWakeup On LANに挑戦
[2003/09/16]
第70回:Yahoo! BB 26M+無線LANパックは実用的か?
[2003/09/09]
第69回:アッカ・ネットワークスの26Mbps ADSL開通! 〜他のADSL事業者との違いが明確に〜
[2003/09/02]
第68回:イー・アクセスのADSLプラスIIでAnnexC/Iの違いを比較
[2003/08/19]
第67回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その2 実際にWPAの利用と問題点〜
[2003/08/12]
第66回:WPAで無線LANはどう変わるのか? 〜その1 WEPの弱点とWPAのしくみ〜
[2003/08/05]
第65回:Yahoo! BB 26Mを再検証 〜約2Mbpsの速度向上を確認〜
[2003/07/29]
第64回:Yahoo! BB 26M速攻レビュー
〜ダブルスペクトラムの効果はいかに?〜
[2003/07/22]
第63回:エレコム LD-WLS54AG/APが実現するデュアルバンド同時通信環境
[2003/07/15]
第62回:長い沈黙を破って登場した新Atermシリーズ 〜AtermWR7600Hでトリプルワイヤレスは本格化するか?〜
[2003/07/08]
第61回:ついにやってきた20Mbps超ADSL時代 〜24/26Mbps ADSLの全体像を考察する〜
[2003/07/01]
第60回:アクセスポイント間通信でネット家電の無線化に挑戦
[2003/06/24]
第59回:リビングのテレビでお手軽Webブラウジング パナソニック「Tナビ」の実用度はいかに?
[2003/06/17]
第58回:モデル追加されたメルコ LinkStation 静音化対策&機能追加でリベンジなるか?
[2003/06/10]
第57回:ノートPCの無線LAN環境を考える すでに802.11gに対応した機種も……
[2003/06/03]
第56回:MPEG2やDivXも家庭用テレビで再生可能 「Play@TV」で快適なテレビ生活ができるか?
[2003/05/27]
第55回:PHSと無線LANの一発切替ツールが登場 b-mobileはモバイル通信の救世主となるか?
[2003/05/20]
第54回:待望の802.11a/gデュアルバンド対応無線LAN アイ・オー「WN-G54/BBR-S」の完成度はいかに?
[2003/05/13]
第53回:HDD&DVDビデオレコーダーをネットワーク対応に パナソニック ブロードバンドレシーバーを試す
[2003/05/06]
第52回:デスクトップPCもワイヤレス化したい!エレコム LD-WL5411/PCIを試す
[2003/04/22]
第51回:IP電話は普及するのか? VoIPサービスの現状と今後を考える
[2003/04/15]
第50回:IEEE 802.11gに登場した新たな選択肢 corega WLAP-54GT Setを試す
[2003/04/08]
第49回:こんなにも多機能になったプリントサーバー 使いやすく進化した2製品を試す
[2003/03/25]
第48回:汚名返上を目指すドラフト版IEEE 802.11g 新ファームウェアでメルコWBR-G54とLINKSYS WRT54Gを試す
[2003/03/18]
第47回:実力を発揮するのはこれから? ソニー ブロードバンドAVルータに隠された謎を解けるか
[2003/03/11]
第46回:ハードディスクもネットワークで増設する時代に メルコ LinkStation HD-80LANを試す
[2003/03/04]
第45回:ブロードバンドはどこを目指すのか? 混迷するADSL
[2003/02/25]
第44回:5,000円でも機能は十分? 低価格ルータ3機種を比較
[2003/02/18]
第43回:祝・FTTH2回線開通〜BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する
[2003/02/04]
第42回:リンクシスの意欲作〜802.11g対応無線LANルータ Wireless-Gを試す
[2003/01/21]
第41回:新環境でADSL 3回線を比較
[2003/01/14]
第40回:どうする? どうなる? 引越に伴うADSLの移設
[2003/01/07]
第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜イー・アクセス編〜
[2002/12/24]
第38回:フレッツ・ADSL モア開通 〜NTT東西の12Mbpsの実力はいかに?〜
[2002/12/17]
第37回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く 〜アッカ・ネットワークス編〜
[2002/12/10]
第36回:大幅に進化したIEEE 802.11aチップセット アイコム SL-5000を試す
[2002/12/03]
第35回:待望の802.11a対応ワイヤレスLANコンバーター ソニー PCWA-DE50を試す
[2002/11/26]
第34回:常時接続環境でストリーム配信に挑戦 BROAD STREAM TSR-MS4をテスト
[2002/11/19]
第33回:アッカ・ネットワークスの12Mbps ADSL開通 オーバーラップの効果は如何に?
[2002/11/12]
第32回:低価格化が進むIEEE 802.11b対応無線LANルータ NECアクセステクニカ「WARPSTARΔ WB7000H」を試す
[2002/11/05]
第31回:インターネット経由でテレビが見たい! 「INFOCITY ドコデモTV」を試す
[2002/10/29]
第30回:第2世代チップで普及へ弾みを付けるIEEE 802.11a Atheros Communicationsインタビュー
[2002/10/22]
第29回:PPPoE 2セッション同時接続可能になったフレッツ・ADSLを検証
[2002/10/08]
第28回:ホットスポットをどこまで便利に使えるか? ソースネクストの「どこでも無線LAN」を試す
[2002/10/01]
第27回:フレッツ・ADSL モアで何が変わるのか? NTT東日本インタビュー
[2002/09/24]
第26回:単体製品へと回帰するIEEE 802.11b 小型アクセスポイント3機種を試す
[2002/09/17]
第25回:選択肢が増えてきた802.11a対応製品 NECのAterm WA7500Hを試す
[2002/09/10]
第24回:このままでいいのか? あまりに違うルータのパッケージ記載内容と実性能
[2002/09/03]
第23回:無線LANのセキュリティソフトは有効!? ソースネクストの「鉄壁 無線LAN」を試す
[2002/08/20]
第22回:Yahoo!BB 12M開通! 他のADSLへの影響はいかに
[2002/08/13]
第21回:FREESPOT始めました! メルコの導入キット「FS-01」を試す
[2002/08/06]
第20回:これからの無線LANはセキュリティ設定がカギ IEEE 802.11aに対応したアイコム「AP-120B」を試す
[2002/07/30]
第19回:NASの実力はいかに? アイ・オー・データの「HDA-i120G/LAN」を試す
[2002/07/23]
第18回:ADSL 12Mタイプの方式乱立で混迷の時代となるか?
[2002/07/16]
第17回:NETWORLD+INTEROP 2002 TOKYOレポート ようやく見えてきた次世代技術の使い道
[2002/07/09]
第16回:速度だけを強調したルーターはもう古い
[2002/06/25]
第15回:緊急警告!! 今すぐ無線LANのセキュリティを設定せよ
[2002/06/11]
第14回:2回線のADSLを同時接続しスピードアップに挑戦
[2002/05/28]
特別編:USENのHFC通信の詳細について聞く
[2002/05/23]
第13回:イー・アクセスの新ファームウェアを試す
[2002/05/14]
第12回:プレイステーション 2を無線LAN化
[2002/04/30]
特別編:アッカ・ネットワークスに聞く
[2002/04/24]
第11回:フレッツ・ADSLを8Mタイプに移行
[2002/04/16]
第10回:ルータとしての完成度はいまひとつ?!
[2002/04/02]
第9回:安定性向上に効果あり、FBM方式を試す
[2002/03/19]
特別編:アッカ・ネットワークス インタビュー
[2002/03/13]
第8回:アッカの8Mbps ADSLを導入
[2002/03/05]
第7回:UPnP対応ルータで半分だけ解決されるMessenger問題
[2002/02/19]
特別編補足版:近端漏話とカッド構造の密接な関係
[2002/02/15]
第6回:802.11a対応無線LANアクセスポイントを試す
[2002/02/05]
特別編:つながらない!? ADSL 8Mサービスの現状を探る
[2002/01/30]
第5回:ハッキリ言ってくだらないスループット論争
[2002/01/22]
第4回:エレコム LD-WBBR4のWindows Messenger対応ファームを試す
[2002/01/08]
第3回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・3
[2001/12/18]
第2回:Windows XPのブロードバンド度をチェック・2
[2001/12/04]
第1回:Windows XPのブロードバンド度をチェック
[2001/11/15]

第39回:12Mbps ADSLの最新の動向を事業者に聞く
〜イー・アクセス編〜


 前回のアッカ・ネットワークスに続いて、イー・アクセスにも12Mbps ADSLの現状を伺ってみた。今回は、同社技術企画部の渡辺芳治氏にお話を伺った。


予想以上の効果があった12Mbps ADSL

 1.5Mbpsから8Mbpsへの移行時から比べると全体的に順調で、大きな混乱もない印象の12Mbps ADSL。昨年の8Mbps ADSL登場時には、つながらない、リンク速度が落ちたなどの報告が各所でなされていたが、12Mbps ADSLに関してはあまり聞こえてこない。ユーザーを統計的に見た場合、ほとんどのユーザーで速度や安定性の向上は見られたのだろうか?

 この点について渡辺氏は、「まだ全体的なデータを集計し切れていない」としながらも、いくつかの例を出して説明してくれた。まず、速度の向上に関してだが、当初は平均500kbpsほどの速度の上積みとされていたが、実際にはさらに速度が上積みされるケースも見られるようだ。「今回の方式では、規格上は8Mbpsから12Mbpsへと4Mbpsほど速度が向上しています。このため、近距離ユーザーを中心に1Mbps前後の速度向上が見られる場合もあります。」と、距離や回線状況によっては500kbps以上の速度向上が見られた例を示してくれた。

 ADSLである以上、いくら新方式を採用したとしても距離による減衰などは発生する。この基本原則は8Mbpsだろうと12Mbpsだろうと変わることはない。このため、速度の上積みにおいても距離などの状況に応じて、その上積みの度合いが変化するというわけだ。当初の500kbpsというのは、あくまでも全体的に見たときの平均的な目安であり、それ以上の速度向上が見られる場合、そしてそれ以下しか速度向上しないケース(距離が遠い場合など)もある。実際にどれくらい速度が向上するのかは、やはり12Mbpsに移行してみないとわからないというところなのだろう。

同社の12Mタイプの、距離と速度の分布

 ただし、サンプルとして取得したユーザーの回線速度を伝送損失別にグラフとしてプロットしてみると、「ある程度の伝送損失から速度が低下しはじめ、さらに一定の伝送損失になると今度はゆるやかに速度が低下していく傾向が見られます。これは、他社が公表しているデータとほぼ同じ傾向となります。(渡辺氏)」ということなので、仕様が異なる他社と比べても遜色のない速度向上が見られることになる。当初はオーバーラップを使う他社の技術の方が速度を向上させやすいように見られていたが、実際にはオーバーラップを使わなくてもかなりの効果を実現できたという証だろう。

 また、伝送距離に関してもかなりの向上が見られたという。現状、同社が把握しているデータは、NTTが公開している線路情報ベースのもので、一部、正確ではない距離が表示されることがあるようだが、「これまでは5km前後までつながれば良い方で、6kmになるとまばらにしかつながるケースがなかったが、今回の12Mbps ADSLでは、6〜7kmでもかなりのユーザーが接続できています(渡辺氏)」とのことだ。もちろん、ここまで遠い距離になると、速度はあまり期待できないが、実際7.2km(減衰59.5dB)もの距離でも352kbpsでの接続も可能な例もあるそうだ。

距離が7.2kmで、下り速度が352kbpsでリンクアップしている例のビットマップ

 12Mbps ADSLというと、速度面ばかりが強調されてしまうが、実際にはこれまでADSLを利用できなかったようなユーザーをしっかりと救えるという点こそが大きなメリットだと言える。これは、ビジネス的に見ても非常に影響が大きい。これまでADSLを利用できなかった潜在的なユーザーを取り込めれば、それだけ業務の拡大も容易だ。マーケット規模の拡大という観点からも12Mbps ADSLの戦略は成功だったと言えるのだろう。


ごくまれに見られる速度低下も改善される予定

 このように、いいことずくめのように見える12Mbps ADSLだが、インターネット上の掲示板などでは8Mbps時よりも速度低下した例などが掲載されていることがある。理論上、速度が低下することはあまり考えられないのだが、それでも事実として報告されているのはなぜなのだろうか?

 実際、同社でもこの例は確認しているそうだ。「現状、8Mbpsから12Mbpsへ移行したユーザーは数万件におよぶが、その中でコンマ数%の割合だ。速度の向上が見られなかったために8Mbpsに戻したというユーザーは存在するが、速度低下が原因の変更は報告されていない(渡辺氏)」と言う。速度低下の原因は、現在調査中とのことだが、推測できる原因をいくつか提示してくれた。

 主な原因としては、モデムやDSLAM側の機器のチューニングの問題が考えられるとのことだ。ADSLモデムなどを設計する際、メーカーは、一定の品質の回線を想定して、その環境でパフォーマンスを発揮できるようにチューニングを行なう。この想定した回線は、ほとんどのケースに合致するものだと言えるが、ユーザー宅の環境によっては想定外の環境となっているケースがごくまれに存在する。このような場合、ビットマップがうまく生成できないことなどがあり、速度が低下してしまうようだ。

 しかも、今回の12Mbps ADSLで、同社はユーザー宅側で利用するモデムを従来大手のISPで採用されていた住友電工製から、NECアクセステクニカ製に変更している。モデム自体の性能にはまったく問題がなくても、メーカーが異なることで設計時に想定している回線が変わってしまうため、このような現象が見られるのだろう。ただし、このようなケースは、本当に希で、月間ベースで数件〜数十件程度だという。速度が低下するケースがあるのも事実だが、全体的にみれば問題はないと言えるだろう。

 もちろん、同社としてもこの問題に関しては、品質問題として真剣に取り組んでおり、ユーザー宅側での調査やモデム側のチューニングなども行なっている模様だ。12Mbps ADSLがスタートして数カ月という状況を考えれば、数々の新技術が投入されている12Mbps ADSLで、まだ対応が追いつかないのもしかたがない。しかし、確実な原因がつかめれば、この問題も早々に改善されていくだろう。

 個人的には、万が一、速度が低下したとしても実用上問題がないのであれば、8Mbpsに戻さない方が良いと考える。恐らく対応版のファームウェアなどが登場すれば、それで改善される可能性が高いからだ。8Mbpsに戻してしまうと、何らかの改善策が登場した時点でまた12Mbpsに移行しなおさなければならない。このような何度もの変更で、費用を浪費するのは無駄だろう。


実装が難しい20Mbps超の次世代ADSL

 さて、ADSLに関しては、次世代の方式として2倍となる2.2MHzの帯域(ダブル)を利用したものなどが検討されているが、これについては慎重な意見となった。確かに規格自体は「Annex I」の名称などで、検討が進められている最中だが、高い周波数帯を利用する以上、近距離のユーザーしか恩恵を受けることはできない。今回の12Mbps ADSLのようにすべてのユーザーが恩恵を受けられるようなサービスではないわけだ。

 そして、何よりも実装が難しいと予想できる。これはあくまでも一般論だが、利用する帯域が倍になると、モデムなどの機器などの処理能力も2倍、もしくはそれ以上のものが要求されるようになる。となると、現状のモデムやDSLAMの技術で20Mbps以上の速度を実現することは難しく、それ以上の処理能力をモデムやDSLAMに持たせなければならない。

 もちろん、技術革新が進めば、それも可能になるだろう。しかし、個人的には、今度はコストの問題が出てくると予想できる。また、DSLAMが大型化すれば、NTT局舎内の有限のスペースが占領されてしまう。技術的には可能であっても、それをユーザーに魅力がある形で提供するのは難しいというわけだ。これまで、ADSLはほぼ1年おきに速度を向上させてきたが、次回の20Mbps超も1年で提供できるかは難しいところだ。このあたりは、同社をはじめ、ADSL事業者やモデムメーカーの今後に期待したいところだ。

 このように、12Mbps ADSLは、全体的に順調な滑り出しを見せたと言える。もちろん、現状も問題点がないとは言えないが、これも時間が経てば解決していくだろう。個人的には、技術的に見て、これから従来の1.5Mbpsや8Mbpsのサービスを利用するメリットはないと思える。もちろん、料金的なメリットは若干あるが、やはり実例を見ても12Mbpsサービスの速度や安定性にアドバンテージがある。今後のADSLには、まだ不透明な点も多いが、とりあえず12MbpsでADSLは最盛期を迎えると言っても過言ではないだろう。

(2002/12/24 清水理史)


□イー・アクセス
http://www.eaccess.net/
□関連記事:第37回:アッカ・ネットワークス編
http://bb.watch.impress.co.jp/column/shimizu/2002/12/10/

清水理史
 製品レビューなど幅広く執筆しているが、実際に大手企業でネットワーク管理者をしていたこともあり、Windowsのネットワーク全般が得意ジャンル。最新刊「できる ADSL」ほか多数の著書がある。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.