Broadband Watch logo
バックナンバー
第七十景:大家さんを口説くならNTTにおまかせ!?
[2003/12/26]
第六十九景:ダイヤルアップ→ISDN→ADSL→Bフレッツへの移行
[2003/12/18]
第六十八景:「自宅だったら1Mbpsで十分じゃん!」
[2003/12/11]
第六十七景:セキュリティシステム対応マンションの落とし穴
[2003/12/05]
第六十六景:瀬戸内海ブロードバンド物語
[2003/11/20]
第六十五景:ブロードバンドのインフラに期待するもの
[2003/10/30]
第六十四景:「ホームノマド」のための宅内快適ネットワーク構築
[2003/10/24]
第六十三景:引っ越し先はブロードバンドの敵だらけ!?
[2003/10/16]
第六十二景:IT砂漠地帯に残されたVDSLというライフライン
[2003/10/09]
第六十一景後編:新しいモノ好きの通信環境(木地本昌弥)
[2003/10/02]
第六十一景前編:新しいモノ好きの通信環境(木地本昌弥)
[2003/09/25]
第六十景:プロバン素人は開拓者の後を悠然と歩く(藤野竜介)
[2003/09/19]
第五十九景:電話をかけるとつながる回線の謎(寄添温守)
[2003/09/11]
第五十八景後編:やっと導入したFTTHは超庶民的配線(すずまり)
[2003/09/05]
第五十八景前編:やっと導入したFTTHは超庶民的配線(すずまり)
[2003/09/04]
第五十七景:空を見上げて待ち続けた光ファイバ接続(あひる)
[2003/08/28]
第五十六景:すべてはチャットから始まったインターネットライフ(山田正宏)
[2003/08/21]
第五十五景(3):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視(かつみぱぱ)
[2003/08/12]
第五十五景(2):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視(かつみぱぱ)
[2003/08/07]
第五十五景(1):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視(かつみぱぱ)
[2003/07/31]
第五十四景:自宅Webサーバーには寂しい新潟ADSL事情(宮沢@新潟県新津市車場)
[2003/07/24]
第五十三景:光ファイバで重い画像も快適送信! ……までが長かった(河田一規)
[2003/07/17]
第五十ニ景:タイミングと営業力が運命を分けました(北原静香)
[2003/07/10]
第五十一景:ADSLよ! 早くおウチにも来ておくれ!(タケ)
[2003/07/03]
第五十景:常時接続はリモートコントロールのために!?(tan)
[2003/06/27]
第四十九景:自宅にWebサーバー【パート2】(芝藤和久)
[2003/06/19]
第四十八景:8Mサービス拒否!? 茨城のADSL奮戦記(ぷっぷくぷ〜太郎)
[2003/06/12]
第四十七景:2カ月で手放したFTTH生活(ブロバン太郎)
[2003/06/05]
第四十六景:引っ越しとブロードバンド化の同時進行で四苦八苦(アルチザン 矢部雅一)
[2003/05/30]
第四十五景:OCNエコノミーから無料サービスジプシーへ変貌(江須田)
[2003/05/22]
第四十四景:Yahoo! BBで、快適! ブロードバンド・パラダイス(北口 宏)
[2003/05/15]
第四十三景:ノロノロ56kbpsからの脱出! メカ音痴な音楽家のADSL事情(仁乃 唯)
[2003/05/08]
第四十ニ景:『FUSION IP-Phone for BIGLOBE』でIP電話を体験(法林岳之)
[2003/05/01]
第四十一景:手間はかけても金はかけない。こだわりのブロードバンドライフ(赤坂 豊)
[2003/04/24]
第四十景:FTTHでアップロードも快速! でもイマイチな点も(西尾 淳)
[2003/04/17]
第三十九景:大阪なにわのブロードバンド事情(山口真弘)
[2003/04/10]
第三十八景:どこでも常時接続 〜 空気のようなインターネット「Air H"」(時の渡り竜)
[2003/04/03]
第三十七景:ボイスチャットでネットゲーム開眼! Xbox Liveとブロードバンド(森田秀一)
[2003/03/26]
第三十六景:Yahoo! BB難民、漂流先はCATV(目黒廣道)
[2003/03/13]
第三十五景:無線LANあってこそのブロードバンド(カンターノ)
[2003/03/06]
第三十四景:高速回線への欲望は、ネットゲームから!(ぷち)
[2003/02/27]
第三十三景:速すぎて宝の持ち腐れ!? 有線ブロードネットワークス導入記(大坪知樹)
[2003/02/20]
第三十ニ景:家族の白い目に堪える時代から一家で常時接続へ(斉藤成樹)
[2003/02/13]
第三十一景:400K倶楽部から光ファイバへの苦難の道のり(平 雅彦)
[2003/02/06]
第三十景:自宅にWebサーバー!! そこには想像以上の利用価値があった!!(芝藤和久)
[2003/01/30]
第二十九景:なんちゃってADSLとAir H"のナローなブロードバンド!?(森永 みぐ)
[2003/01/23]
第二十八景:「My電柱」のお陰でラクラクFTTH開通(カネコ・トオル)
[2003/01/16]
第二十七景:帯域改善はダンナ改善から! 光共有マンションの落とし穴(みっち〜★)
[2003/01/09]
第二十六景:ノイズ対策よりネズミ対策! ボロアパートのADSL(川村賢也)
[2002/12/19]
第二十五景:@niftyから離れられない理由と、会社のIPR光100M導入(大庭美広)
[2002/12/12]
第二十四景:一戸建てを契機にBフレッツへ。半年にわたる戦いの日々(藤田洋史)
[2002/11/28]
第二十三景:名古屋の快適ADSL事情(奥川浩彦)
[2002/11/21]
第二十ニ景:光の国へのワインディングロード(工藤ひろえ)
[2002/11/14]
第二十一景:引っ越しを機にCATVからADSLへ乗り換え(伊達浩二)
[2002/11/07]
第二十景:ハツモノ狙いは高リスク?(礒村浩一)
[2002/10/24]
第十九景:
インターネットマンションでVDSL!(杉山淳一)
[2002/10/03]
第十八景:
USENの固定IPとFreeBSDでアプリケーションゲートウェイ設置(関野史朗)
[2002/09/26]
第十七景:
華のOLブロードバンドライフ(サッキー)
[2002/09/19]
第十六景:
常時接続十五周年漂流記(法林浩之)
[2002/09/12]
第十五景:
縛り期間のあるサービスにご注意!(西尾 淳)
[2002/09/05]
第十四景:
地方農村のブロードバンド事情(福住 護)
[2002/08/29]
第十三景:
再開発予定地の落とし穴と8M化で発覚したINS干渉(川上卓也)
[2002/08/22]
第十二景:
恵まれた地域で最先端サービスを実体験(一ヶ谷兼乃)
[2002/08/08]
第十一景:
ADSL 8Mが10kbps!? ノイズ地獄の克服(こまんち)
[2002/08/01]
第十景:
加入電話ライトサービスの実施でADSL導入を決意(多和田新也)
[2002/07/25]
第九景:
ナローな専用線からの脱出目指し奮闘中(矢部雅一)
[2002/07/18]
第八景:
CATV、めっちゃいいっす(大柴 滋)
[2002/07/11]
第七景:
スピードネットで超速ブロードバンド(熊谷直樹)
[2002/07/04]
第六景:
光収容を乗り越えて Part2(法林岳之)
[2002/06/27]
第五景:
遅れてきた田舎の常時接続(中村繁利)
[2002/06/20]
第四景:
家族でブロードバンドは難しい!(荒田淳子)
[2002/06/12]
第三景:
マンションアダプタにご用心(すずまり)
[2002/06/05]
第ニ景:
回線トラブルとの格闘(清水理史)
[2002/05/30]
第一景:
光収容を乗り越えて(法林岳之)
[2002/05/24]

第二十三景:名古屋の快適ADSL事情
奥川浩彦

損失25dBの快適マンション

 関東一円在住の方が圧倒的に多い本連載で、中部地区は初登場のようだ。今回は、名古屋の快適ADSL事情をお伝えしよう。

 名古屋と言えば「エビフライ」との誤解が広まって20年以上経つ。筆者は大学進学の時、名古屋から憧れの東京へ行くこととなった。その後何カ所か転居し十数年を経て、最終的に地元名古屋に戻ってきた。現在ではすっかり名古屋の生活に満足している。

 筆者の住む瑞穂区は市内の南東に位置し、近所には事務機やミシンで有名なブラザー工業の本社や関連施設(病院、体育館、グランド…)が点在していていわゆる「ブラザー村」となっている。自転車で行ける距離にある瑞穂競技場は、Jリーグ、グランパスのホームスタジアムでもあり、高橋尚子が走った名古屋国際女子マラソンの舞台でもある。名古屋駅、栄といった繁華街や大須まで20分程度で出掛けることができる住宅街でも普通のサラリーマンがマンションを買える安さは魅力である。月極駐車料金が1万円前後と言えば東京の方には理解いただけるであろうか。その上ADSLが超快適とあれば、しばらくこの場所に住み続けようと思うのは当然であろう。ちなみに名古屋と言えば「エビフライ」ではなく「手羽先」と「味噌カツ」と筆者は思っている。



始まりは2400bpsモデム

 筆者のネットの世界に入ったのは10年ほど前だった。Niftyの会員が50万人に満たない頃だったと思う。今では死語になりつつあるパソコン通信はテキストベースの情報ではあるが当時は魅力的なものだった。このころのPC環境は中古で買ったNECの98でCPUは386、HDDは100MBくらいだったと思う。9600bpsのモデムは高価で手が出ず2400bpsのモデムはダウンロード中に文字がそこそこ読めてしまう遅さで、現在では考えられないくらいナローバンドだ。ダイヤルアップ接続なので頻繁につないだり切ったりしながら使用していた。

 1995年、神戸の震災報道の中でインターネットという言葉を頻繁に聞くようになった。しばらくして会社にも接続環境が整いネットサーフィン(これも死語か?)が可能となったが、当時はコンテンツがプアで、必要な情報はパソコン通信の方が充実していた。

 翌1996年、引越しをきっかけにISDNを申し込むことにした。この頃はISDNブームで東京都内ではINSの工事は3〜6カ月待ちと聞いていた。妻が引越しの連絡をNTTに入れるときにINSの申し込みを同時に依頼する。名古屋でも1カ月では工事できないと言われ、同番移行ができないとか話が複雑になってきたのでNTTから会社に電話してもらうことにした。

 当時筆者は名古屋のパソコン周辺機器メーカーに勤めていた。NTTから会社に電話があり「奥川さんですか。今から会社にお伺いして手続きさせていただきます」、電話番号から会社名がわかったようで、業界関係者と言うことか、いきなり担当者の「何とかします」の一言で引越し翌日にはINSが我が家にやってきた。会社も社員向けにダイヤルアップ回線を用意してくれていたので、電話代だけでインターネット接続ができるようになり、プロバイダー契約はしていなかった。PC Watch創刊の挨拶を書かせていただいたのはこのころですっかりインターネット漬けになっていた。

 1998年、福岡に単身赴任することになり、プロバイダを色々検討したが、全国で接続できることやその他の比較の結果日本テレコムのODNを選択した。INSのライトを契約しTAは餞別に法林さんと編集の方からプレゼントしてもらった。感謝感謝。しかしダイヤルアップは変わらず、必要なときに接続する環境はそのまま、今思うと一人暮らしにブロードバンドがあったら楽しみは倍増だったという気がしてならない。

 2000年、会社を辞めてしばらくプー太郎を決めこんだ。会社を離れると自宅での接続時間は急増し、2〜3カ月くらいして電話代が激増していることに驚く。CATVやフレッツISDNなど常時接続を真剣に検討し始めた頃に仕事を始めてしまったので、また必要性を感じなくなってしまった。



遅ればせながらADSL

 2001年、ADSLは急速に広がっていた。周りの人間も名古屋めたりっくと契約したり、Yahoo!BB待ちにはまったり(?)していた。会社にADSL常時接続の環境があると自宅でそれほど必要性を感じなかったが、もともと日本テレコムのODNを利用していたのでJ-DSLのサイトは時々チェックしていた。1.5M→8MBへの無料移行のアナウンスはされていたのでその内申し込もうと考えていたのだ。

 年末、たまたまWebサイトで自宅の電話番号を入力したところ「残りの回線が少なくなっています」の文字を見て慌ててポチッとマウスをクリックしてしまった。年末年始をはさんだ関係もあり1月の後半で1.5MのADSLがスタートした。契約前からスタパバンドを読んで心構えはしていたが、現実はつなぐだけで何もすることはなかった。ADSLモデムのリンクを見ても「下り1536kbps」とフルになっていたし、計測サイトでも1.28Mbpsくらいは出ていたので満足度は高かった。4月には自動的に8Mに移行され現在に至っている。リンクを見ると「下り6944kbps」とフルではないが、計測サイトではばらつきはあるものの4〜6Mbpsとなっているので充分と言えよう。

リンク速度は6944kbps



素朴な疑問

お世話になっている笠寺局

 ADSLによって読者の多くの方が、生まれて初めて自分の家と電話局の距離に興味を持たれたのではないであろうか。筆者も思い起こせば、実家のベランダから電話局が見えたこと、学生時代電話料金が未払いになると電話が止められ、局まで支払いに行ったことなどいくつかの住居では電話局の場所を認知していたが、現在の家の電話がどこの局につながっているかは知らなかった。

 ADSL申し込み前から笠寺局が対象の電話局であることはわかった。最初は名鉄とJRの笠寺駅が思い浮かべ遠いなと思っていたが、地図を見てもそのあたりに電話局は存在しない。よくよく調べてみると自宅から800mくらいの別の地名に笠寺局は建っていた。直線で800m、道のりで1km強、「オーッ近いじゃん」とニンマリしてしまった。

 実際1.5MのADSLがつながってみると計測サイトでは1.28Mbpsくらいは出ていたので、さすが1kmと納得していた。ところがNTTの線路距離長と伝送損失のWEBサイトで確認すると1440m、25dBと表示されるではないか。エッ1440m、この差はナニ、ここから素朴な疑問に対する探求は始まったのである。

 まずは電話局のすぐそばにあるカレーショップとメガネ屋の電話番号をインターネットタウンページで調べ距離と損失を確認。

カレーショップ460m18dB
メガネ屋560m22dB

 おかしい、通りをはさんだところにある店で500m、疑問はますます膨らむこととなった。この段階で我が家も400mほどの誤差があるので電話局内の交換機の配線が400mくらいあるのではと想像していた。要するに電話局の中で配線が400m、電話局の近所で線路距離長は500mくらいで、離れるにしたがってリニアに増加していく、道なり距離+400mがNTTの計測サイトの表示と考えたのである。

電話局から自宅への道

 普通はこれで納得するのであるが、この疑問は筆者だけではないと思い始めさらに調査することとなる。

 笠寺局から筆者の自宅に向かう道は比較的商店が並んでいる。店の看板から電話番号を調べればさらに正確なデータが取れると考え、深夜にデジカメをもって電話局へ向かうこととした。まずは電話局と同じ建物の中にある生協、隣の喫茶店、電気屋、スナック、コンビニ、スーパー、パチンコ店……、片っ端から店の看板を撮影し自宅までたどり着いた。

 夜中12時過ぎにストロボをたきまくる怪しい筆者に、時々冷たい視線を送る人がいたのは当然であろう。看板に電話番号のない店はインターネットタウンページで電話番号を調べ、約50の店舗の距離と損失を調べた。グラフを見ていただきたい。結果は驚くべき(そんなことないか)内容だ。

電話局からの実距離と線路距離長と伝送損失

結論1.電話局に近いだけで線路距離が短いとは限らない

電話線は地下から地上へ

 電話局のすぐ近所だと大いに期待するところであるが、今回のデータでは電話局から実距離300mくらいまでは、線路距離長と実距離は関係がない。大半の店舗は線路長400から600mの範囲に入っている。もしこれから引越しをされる方は実距離300m以内はかなり期待できるかもしれない。ただし損失は回線によってばらつきがあるので神に祈ろう。

 実際に街を歩いてみると気付くことがある。電話局に電話線は直接入っていない。おそらく電話局には地下から接続されており、事実多くの電柱に地下から電話線が出てきている。地下から出てきた付近が一番近くで、逆に電話局のすぐ近所は少し離れた電柱からUターンして接続されているような気がする。

結論2.実距離と線路距離には400mほど差がある

 素朴な疑問の出発点となった実距離と線路距離長の差は平均404mであった。元々「ご提供する線路情報については机上計算値であり、測定器等による実測値とは異なります」とNTTのWEBサイトにも表示されているが、推定できるのは、電話局内の配線長、地下と電柱上部の昇り降りの配線長で300〜400mは必要と思われる。

結論3.不幸にもイレギュラーに線路距離長が長い電話番号がある

 理由はわからないが、実距離、近隣と比較してイレギュラーに線路距離長が遠いケースがある。今回は電話局のすぐ隣の喫茶店の線路長620m、損失33dB、実距離425mの花屋の1510m、27dBなどは不幸と言わざるを得ない。逆にいえば回線の収用替えなどを行なうと劇的に改善されるのかもしれない。


損失6dB、超高速ADSL喫茶?

 さて、今回調査した中で最も損失が少なかったのは6dBで5軒存在した。実距離は50〜150m、線路距離長も390〜420mだ。

 あえて1位を選ぶなら最も線路距離長が短かった喫茶店「○も」、実距離130m、線路距離長390m、伝送損失6dB。一応店構えを撮影してきたのでご覧いただきたいが、ブロードバンドとは少々縁遠い感じがする。「損失6dB、高速ADSL喫茶」として売り出せばと思うが大きなお世話であろう。しかし、どれくらいの実測がでるのか試してみたいものである。

 ちなみに子供会の名簿をたよりに同じマンション内も調べてみた。結果は単純で、1Fから7Fまでは筆者宅と同じ1440m、25dB、9F以上は1720m、29dB、一応上層階に行くほど遠くなっている。



次は12MそれともFTTH?

 筆者はモータスポーツファンで、今年の夏は鈴鹿8時間耐久レースをブロードバンド生中継で見た。スカパーが3時間ほど中継したので見比べると35秒ほど遅れて放送されていたが充分実用的だと思った。ラップチャートが常時表示されるのでテレビより優れている部分もあった。F1やフォーミュラー・ニッポンもスカパー生中継とF1-live.comフォーミュラーニッポン公式サイトのラップチャート情報を併用して観戦するようになった。そんなこんなで常時接続のメリットはたぶんに感じていてダイヤルアップや64Kには当然戻れない。先日、突然12MのADSLモデムが自宅に送られてきた。送り主はYahoo!BBの代理店で、その後掛かってきた電話で既にADSLを引いていることを伝え返却手続きをした。12Mに興味がないことはないが現在の8M(実測6Mbps)で特に不満はないしNTTのサイトを見ると損失25dBでは大幅なアップは期待できない。どうせならFTTHとも思うが、これ以上のブロードバンドはコンテンツ次第だと思っている。5年前にルーターやスイッチングHUBがこれほど家庭に普及するとは思わなかった。きっと2〜3年で世の中は大きく変わっているから、今はゆっくり静観しようと思っている。



参考データ

居住地区愛知県名古屋市瑞穂区
線路距離長1440m
伝送損失25dB
接続事業者イー・アクセス
プロバイダー日本テレコム J−DSL
スループット4〜6Mbps

(2002/11/21)

□Bフレッツ(NTT東日本)
http://www.ntt-east.co.jp/flets/opt/

奥川浩彦
 周辺機器メーカーを経て、「充電一直線」などユニークな商品名で知られるイーレッツ株式会社の設立に参加。イーレッツの製品ネーミングはおおむね奥川氏によるもの。最新の注目製品は廃棄するCD-Rのデータを完全に消去するためのCDシュレッダー「記録喪失」。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2001 impress corporation All rights reserved.