Broadband Watch logo
バックナンバー

海外から日本のTVが視聴できる3製品を使ってみました
[2006/09/11]
番外編:海外で日本のTV番組が見たい!
[2005/09/22]
番外編:師走のお引越し! フツーの光からハイパーファミリーへ
(後編)
[2005/02/24]
番外編:師走のお引越し! フツーの光からハイパーファミリーへ
(前編)
[2005/02/17]
第百景(最終回):ブロードバンドのためならば、引っ越しだってしちゃいます
西野滋仁
[2004/12/22]
第九十九景:紆余曲折を乗り越えて、FTTHが我が家にやってきた!!
[2004/12/16]
第九十四景:光ファイバへの2年越しの恋、ついに結実!? その3
[2004/12/09]
第九十八景:それでもやっぱりADSL 〜えっ速度が4倍に!?〜
[2004/12/02]
第九十七景:デジタルとケミカル
永田正男
[2004/11/18]
第九十六景:北陸金沢のブロードバンド事情
[2004/11/11]
第九十五景:アナログから一気に光へ。インターネットで写真を納品
水谷たかひと
[2004/11/04]
第九十四景:光ファイバへの2年越しの恋、ついに結実!? その2
[2004/10/21]
番外編:中国でホットスポット体験、そしてIP電話にも挑戦!
山谷剛史
[2004/10/14]
第九十四景:光ファイバーへの2年越しの恋、ついに結実!? その1
戸塚直太郎
[2004/09/30]
第九十三景:草の根ネットから光ファイバへの道のり
アラカバ大尉
[2004/09/16]
第九十二景:安易な申し込みは混乱の元
Antonio
[2004/09/02]
第九十一景:長かったブロードバンドへの道
小泉 茜
[2004/08/12]
第九十景:生活インフラの中でブロードバンドが最安?
SASUKE
[2004/08/05]
第八十九景:ITアレルギーではないが無知なユーザーの場合
増子夕夏
[2004/07/22]
第八十八景:「細く長く」をめざした長い旅
天野 司
[2004/07/15]
番外編:風光明媚な中国・桂林のブロードバンド旅館
山谷剛史
[2004/07/08]
第八十七景:ブロードバンドでデジカメ画像も即日納品
広路和夫
[2004/07/01]
第八十六景:ファームウェア更新にはご用心!
水浦みお
[2004/06/24]
第八十五景:もう抜けられない。ブロードバンドは生活必需品
kuro
[2004/06/10]
第八十四景:ISDNからADSLへの変更は、回線の奪い合いから
miburo
[2004/05/27]
第八十三景:光の見えない通信隔離地帯
いさおん
[2004/05/20]
番外編:中国の奥地でADSL
山谷剛史
[2004/05/13]
第八十二景:ITによる地域活性化は本物か!?
アマキー
[2004/04/22]
第八十一景:FTTHまでの長い道のり
篠原野明
[2004/04/15]
第八十景:最新のビデオ・オン・デマンド! 予断を許さず!?
井州都幸秀
[2004/04/02]
第七十九景:電話代に泣くも、順調なインターネットライフ、かな?
[2004/03/18]
第七十八景:ブロードバンド花粉症?
[2004/03/11]
第七十七景:最新のデザイナーズマンションにFTTH回線を!(後編)
[2004/03/04]
第七十七景:最新のデザイナーズマンションにFTTH回線を!(前編)
[2004/02/26]
第七十六景:新年ブロードバンド開けましておめでとうございます
狩野大輔
[2004/02/19]
第七十五景:待ちかねたぞ! 100Mbps!
平 雅彦
[2004/02/12]
第七十四景:田舎にもIP電話がやってきた!(後編)
中村繁利
[2004/02/05]
第七十四景:田舎にもIP電話がやってきた!(前編)
中村繁利
[2004/01/28]
第七十三景:わけがわからないままAirH"からCATVに変えました
西野麗子
[2004/01/22]
第七十二景:ネットで納品するならやっぱし光回線とサーバーの設置!
川上卓也(メディアート)
[2004/01/15]
第七十一景:サービスエリアで家選びの顛末
bsubsu
[2004/01/08]
第七十景:大家さんを口説くならNTTにおまかせ!?
津久浦 慶治
[2003/12/26]
第六十九景:ダイヤルアップ→ISDN→ADSL→Bフレッツへの移行
福永健司
[2003/12/18]
第六十八景:「自宅だったら1Mbpsで十分じゃん!」
西尾 淳(WINDY Co.)
[2003/12/11]
第六十七景:セキュリティシステム対応マンションの落とし穴
木地本昌弥
[2003/12/05]
第六十六景:瀬戸内海ブロードバンド物語
田中達也
[2003/11/20]
第六十五景:ブロードバンドのインフラに期待するもの
木村俊一郎
[2003/10/30]
第六十四景:「ホームノマド」のための宅内快適ネットワーク構築
ゼロ・ハリ
[2003/10/23]
第六十三景:引っ越し先はブロードバンドの敵だらけ!?
てんきゅう
[2003/10/16]
第六十二景:IT砂漠地帯に残されたVDSLというライフライン
mao
[2003/10/09]
第六十一景:新しいモノ好きの通信環境(後編)
木地本昌弥
[2003/10/02]
第六十一景:新しいモノ好きの通信環境(前編)
木地本昌弥
[2003/09/25]
第六十景:プロバン素人は開拓者の後を悠然と歩く
藤野竜介
[2003/09/19]
第五十九景:電話をかけるとつながる回線の謎
寄添温守
[2003/09/11]
第五十八景:やっと導入したFTTHは超庶民的配線(後編)
すずまり
[2003/09/05]
第五十八景:やっと導入したFTTHは超庶民的配線(前編)
すずまり
[2003/09/04]
第五十七景:空を見上げて待ち続けた光ファイバ接続
あひる
[2003/08/28]
第五十六景:すべてはチャットから始まったインターネットライフ
山田正宏
[2003/08/21]
第五十五景(3):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視
かつみぱぱ
[2003/08/12]
第五十五景(2):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視
かつみぱぱ
[2003/08/07]
第五十五景(1):マンションに3つのブロードバンド導入! さらば速度重視
かつみぱぱ
[2003/07/31]
第五十四景:自宅Webサーバーには寂しい新潟ADSL事情
宮沢@新潟県新津市車場
[2003/07/24]
第五十三景:光ファイバで重い画像も快適送信! ……までが長かった
河田一規
[2003/07/17]
第五十ニ景:タイミングと営業力が運命を分けました
北原静香
[2003/07/10]
第五十一景:ADSLよ! 早くおウチにも来ておくれ!
タケ
[2003/07/03]
第五十景:常時接続はリモートコントロールのために!?
tan
[2003/06/27]
第四十九景:自宅にWebサーバー【パート2】
芝藤和久
[2003/06/19]
第四十八景:8Mサービス拒否!? 茨城のADSL奮戦記
ぷっぷくぷ〜太郎
[2003/06/12]
第四十七景:2カ月で手放したFTTH生活
ブロバン太郎
[2003/06/05]
第四十六景:引っ越しとブロードバンド化の同時進行で四苦八苦
アルチザン 矢部雅一
[2003/05/30]
第四十五景:OCNエコノミーから無料サービスジプシーへ変貌
江須田
[2003/05/22]
第四十四景:Yahoo! BBで、快適! ブロードバンド・パラダイス
北口 宏(ひろくん)
[2003/05/15]
第四十三景:ノロノロ56kbpsからの脱出! メカ音痴な音楽家のADSL事情
仁乃 唯
[2003/05/08]
第四十二景:『FUSION IP-Phone for BIGLOBE』でIP電話を体験
法林岳之
[2003/05/01]
第四十一景:手間はかけても金はかけない。こだわりのブロードバンドライフ
赤坂 豊
[2003/04/24]
第四十景:FTTHでアップロードも快速! でもイマイチな点も
西尾 淳(WINDY Co.)
[2003/04/17]
第三十九景:大阪なにわのブロードバンド事情
山口真弘
[2003/04/10]
第三十八景:どこでも常時接続 〜 空気のようなインターネット「Air H”」
時の渡り竜
[2003/04/03]
第三十七景:ボイスチャットでネットゲーム開眼! Xbox Liveとブロードバンド
森田秀一
[2003/03/26]
第三十六景:Yahoo! BB難民、漂流先はCATV
目黒廣道
[2003/03/13]
第三十五景:無線LANあってこそのブロードバンド
カンターノ
[2003/03/06]
第三十四景:高速回線への欲望は、ネットゲームから!
ぷち
[2003/02/27]
第三十三景:速すぎて宝の持ち腐れ!? 有線ブロードネットワークス導入記
大坪知樹
[2003/02/20]
第三十ニ景:家族の白い目に堪える時代から一家で常時接続へ
斉藤成樹
[2003/02/13]
第三十一景:400K倶楽部から光ファイバへの苦難の道のり
平 雅彦
[2003/02/06]
第三十景:自宅にWebサーバー!! そこには想像以上の利用価値があった!!
芝藤和久
[2003/01/30]
第二十九景:なんちゃってADSLとAir H"のナローなブロードバンド!?
森永 みぐ
[2003/01/23]
第二十八景:「My電柱」のお陰でラクラクFTTH開通
カネコ・トオル
[2003/01/16]
第二十七景:帯域改善はダンナ改善から! 光共有マンションの落とし穴
みっち〜★
[2003/01/09]
第二十六景:ノイズ対策よりネズミ対策! ボロアパートのADSL
川村賢也
[2002/12/19]
第二十五景:@niftyから離れられない理由と、オフィスのIPR光100M導入
大庭美広
[2002/12/12]
第二十四景:一戸建てを契機にBフレッツへ。半年にわたる戦いの日々
藤田洋史
[2002/11/28]
第二十三景:名古屋の快適ADSL事情
奥川浩彦
[2002/11/21]
第二十ニ景:光の国へのワインディングロード
工藤ひろえ
[2002/11/14]
第二十一景:引っ越しを機にCATVからADSLへ乗り換え
伊達浩二
[2002/11/07]
第二十景:ハツモノ狙いは高リスク?
礒村浩一
[2002/10/24]
第十九景:インターネットマンションでVDSL!
杉山淳一
[2002/10/03]
第十八景:USENの固定IPとFreeBSDでアプリケーションゲートウェイ設置
関野史朗
[2002/09/26]
第十七景:華のOLブロードバンドライフ
サッキー
[2002/09/19]
第十六景:常時接続十五周年漂流記
法林浩之
[2002/09/12]
第十五景:縛り期間のあるサービスにご注意!
西尾 淳
[2002/09/05]
第十四景:地方農村のブロードバンド事情
福住 護
[2002/08/29]
第十三景:再開発予定地の落とし穴と8M化で発覚したINS干渉
川上卓也
[2002/08/22]
第十二景:恵まれた地域で最先端サービスを実体験
一ヶ谷兼乃
[2002/08/08]
第十一景:ADSL 8Mが10kbps!? ノイズ地獄の克服
こまんち
[2002/08/01]
第十景:加入電話ライトサービスの実施でADSL導入を決意
多和田新也
[2002/07/25]
第九景:ナローな専用線からの脱出目指し奮闘中
矢部雅一
[2002/07/18]
第八景:CATV、めっちゃいいっす
大柴 滋
[2002/07/11]
第七景:スピードネットで超速ブロードバンド
熊谷直樹
[2002/07/04]
第六景:光収容を乗り越えて Part2
法林岳之
[2002/06/27]
第五景:遅れてきた田舎の常時接続
中村繁利
[2002/06/20]
第四景:家族でブロードバンドは難しい!
荒田淳子
[2002/06/12]
第三景:マンションアダプタにご用心
すずまり
[2002/06/05]
第ニ景:回線トラブルとの格闘
清水理史
[2002/05/30]
第一景:光収容を乗り越えて
法林岳之
[2002/05/24]

海外から日本のTVが視聴できる3製品を使ってみました


筆者宅にて3製品を試用してみた
 7月にアイオーデータから「SlingBox」、ノバックから「どこでもTV for Skype」が相次いで発売された。両製品ともシステムは異なるが「海外からでも日本の自宅のテレビが見られる」というコンセプトの製品である。この2製品の前には、すでにソニーが2年前から同コンセプトの「ロケーションフリー(旧名ロケーションフリーテレビ/エアボード)」、略称「ロケフリ」を3製品リリースしている。

 筆者は中国の滞在先に元祖の12.1インチモニタ付きロケフリこと「LF-X1」を長い間導入していたが、ここに来て同コンセプトの製品が2製品リリースされたので、海外からの、というより中国からの、さらに具体的には中国の一都市の筆者の家からの閲覧では、ロケーションフリーを含めた3製品でどれが一番快適なのかを検証してみた。

 なお、今回の実験はインターネットによる映像の発信は日本で、受信は中国でしか行なっていない。中国のネット環境は、国策により一般的なネット環境と異なるところもあるので、一概に他国も同じ状況となるとは断言できない。そこはご了承願いたい。製品のレビューについては行なわない。ここでは、あくまで筆者の中国の家から視聴した場合のクオリティや、筆者の環境における設定のしやすさなどに着目したい。

 なお、SlingBoxについては、Broadband Watchの清水理史氏の連載記事や、AV Watchの小寺信良氏の連載で紹介されている。また、他の2製品についても、同様に清水理史氏の連載で紹介済みだ(どこでもTV for Skypeはこちら、ロケーションフリーこちら)。それぞれの製品については、それらレビューをご覧いただきたい。


ストレスのない映像はSlingBox

Slingbox本体と同梱物一式

Slingbox背面
 さて、前置きが長くなってしまったが、最初に外国に滞在する日本人ならもっとも気になる点、肝心かなめの画面の滑らかさなどを紹介しよう。結論からいうと、滑らかさで言えば

1.SlingBox
2.ロケーションフリー
3.どこでもTV for Skype

 という順番になった。とくに、SlingBoxは映像音声にストレスを感じない点で頭抜けているという印象だ。

 筆者の経験では、中国でロケーションフリーを使うと、トラフィックが少ない深夜から午前中にかけてはストレスなく見られるのだが、午後からは映像はカクカク、音声も「ここここんんんんんにににちちちちちわわわわわ」といった具合になってしまい、ゴールデンタイムではそれにさらに輪がかかり視聴が極めて困難になる。ところがSlingBoxは今回調査を行なった限りでは映像がカクカクになることは、午前中はもちろんゴールデンタイムでも極めて少なかった(カクカクがないわけではない)。

 どこでもTV for Skypeに関しては、残念ながら一番カクカクであった。しかし、Skypeがベースだけに音声が切れ切れになることはない。割り切って、日本語の番組そのものをバックグラウンドミュージックと思って流しておく、あるいはアナウンサーの音声のみ聞ければ満足という人であれば、ロケーションフリーよりもどこでもTV for Skypeのほうがいいかもしれない。

 ロケーションフリーに関しては、発売して既に数年経っている利用者の多い製品のため、世界各地の日本人が導入してブログなどに感想を書いている。これから海外へ行く場合、滞在先でロケーションフリーがどの程度快適に見られるかは、googleやyahooなどで「ロケーションフリー 国名」といった形で検索して、実際の利用者の感想を読むと参考になるだろう。

 機能面では、もちろん3製品全てがテレビ視聴が可能だが、ロケーションフリーおよびSlingBoxでは、HDDレコーダーなどを接続してHDDレコーダーに録画したコンテンツを視聴できるほか、録画設定など遠隔操作をすることも可能だ。レコーダーやプレーヤーの対応機種についてはファームウェアのアップデートにより随時対応機種が増えるので、購入前にソニーの「LF-PK1/PSP リモコン対応機種一覧」やSling Mediaの「リモコンサポート接続機器リスト」のページを確認して、対応機種を確認していただければと思う。


設定の簡単さではどこでもTV for Skypeに軍配。ただし要PC

どこでもTV for Skype

どこでもTV for Skypeの本体と同梱物一式
 「海外で日本のテレビが視聴できる」という製品は、ITに精通した人からITに興味のない人まで、海外に在住する日本人なら誰もが欲しがる夢の製品だ。しかし、導入には日本の自宅に置くサーバーと、海外で起動するクライアントPCの両方の設定が必要となる。

 PC側の設定はさして難しくないが、サーバー側の設定は個々のネットワークの環境も絡むため、状況によっては設定がかなり面倒になる。ITに詳しい人ならどの製品でも、もしもつまづく点があっても、ネットで調べるなりして努力と根性でどうにかするだろう。しかし、問題はITに疎い、興味がない人である。そうした人でも、簡単に設定できる製品はどれだろうか。

 おそらく、最も簡単なのは、どこでもTV for Skypeだろう。ネットワークの設定は不要で、本製品とSkypeの導入さえしてしまえば後は説明書に従うだけで、すぐにPCでのテレビ視聴は可能だ。ただし、どこでもTV for Skypeの場合は、自宅でTVを見たいときに常に起動しているPCが別途必要となる。

 SlingBoxとロケーションフリーは、設定の難易度ではどっちもどっちといったところ。どちらも設定時には、ネットワークの専門用語がたくさん登場する上に、ルータがいくつも家庭内で使われていると(多段になっていると)さらにややこしくなる。

 ただしお金を払うことをためらわないならば、SlingBoxに関してはUPnP機能を持ったルータを導入すれば比較的に設定は簡単にできるし、ロケーションフリーに関しても、ソニーが設定サービスをオプションで提供しているので、さほど苦労しないはずだ。したがって、費用がかかってもかまわないという前提であれば、一番設定が面倒なのはSlingBoxということになる。

 ロケーションフリーとSlingBoxに関しては、視聴するPCにソフトをインストール必要がある。一方どこでもTV for Skypeに関しては、視聴するPCにSkype以外の専用ソフトなどをインストールする必要はない。つまり、自前のノートPCや、腰を据えた長期滞在先でのマイデスクトップPCであればロケーションフリーかSlingBoxでもかまわないが、海外で転々としネットカフェでネットに接続するような人や、海外のさまざまな出向先で仕事をする人などの場合は、PCを利用するたびに専用ソフトをダウンロードしてインストールすることは難しい。そういう用途には、どこでもTV for Skypeのほうを薦めたい。

 ちなみに、3製品ともマニュアルはダウンロード可能。海外にマニュアルを持っていく必要がないのは嬉しい。どこでもTV for SkypeとSlingBoxに関しては視聴用PCのソフトウェアもダウンロードできる(ロケーションフリーはPCでの視聴用ソフトが別売のため、ダウンロードは不可)。


ロケーションフリー「LF-X1」背面 左から、ロケーションフリー「LF-X1」(左)、「Slingbox」(中央)、「どこでもTV for Skype」(右)。どこでもTV for SkypeはVAIO TYPE Uをサーバーにしている

導入費用は(複数台PCがすでにあれば)どこでもTV for Skypeが安価

 導入費用で比べてみよう。製品自身の実売価格で比べてみると

・どこでもTV for Skype 1万円弱
・SlingBox 3万円弱
・ロケーションフリー+PC用ソフト 3万円強

 となる。ただし、どこでもTV for Skypeには、自宅に別途PCが必要となる。動作環境としては、CPU動作クロックが1.8GHz以上とのことなので、あまり古いPC(Windows 2000世代以前)では厳しいだろう。このPCを、海外にいる間、必要な時に常に電源をONにできるかどうかが鍵となる。SlingBoxとロケーションフリーに関しては別途UPnP対応のルータが必要(有線のみのルータで5,000円程度)となる。さらにロケーションフリーに関して設定をメーカーサポートに依頼する場合は、プラス15,000円程度の出費となる。

◇      ◇     ◇

 さて、ここまで、画質・設定のしやすさ・価格など、いろいろな面から比較してきたが、それぞれに特徴があるので、一概にお勧めはこれ! というのは難しい。どこにウエイトを置くかでまったく変わってくることもある。

 筆者の個人的意見としては、海外での映像のクオリティだけで選べばSlingBoxを、設定の確実性でいえばモニタなしロケーションフリーを、導入のし易さや現地で不特定多数のPCで利用するならどこでもTV for Skypeがお薦めということになる。また、「パソコンのモニタなんかで見たくない!」「リモコンでなくてはテレビを操作できない!」とPCに抵抗がある人に、海外で利用してもらうなら、ソニーの現行製品であるモニタ付きの旧ロケーションフリーことLF-X1を使うほか道はないだろう。


新ロケーションフリーの画質に期待!

 さて、上のようにまとめたところで、ソニーのロケーションフリー新製品が発表された

 新モデル「LF-PK20」は10月20日発売で、テレビをロケーションフリーのクライアントとして利用できる「ロケーションフリー TVボックス(LF-BOX1)」も同時発売されるという。新モデルでは画質の向上が図られたほか、学習リモコン機能も搭載されたそうなので、これから購入される場合は、待てるならば10月20日の「LF-PK20」の発売を待ち、発売早々に購入したユーザーのブログや掲示版などでの評判を確認してから、どれを購入するのがいいか検討する方がいいだろう。筆者も、新モデルが出たら機会を見て試してみようと思っている。



URL
  「ロケーションフリー」製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/locationfree/index.html
  「SlingBox」専用サイト
  http://www.slingmedia.jp/
  「どこでもTV for Skype」製品情報
  http://www.novac.co.jp/products/hardware/vp-skype/nv-lf2000/index.html

2006/09/11 11:43

山谷剛史
 海外専門のITライター。カバー範囲は中国・北欧・インド・東南アジア。さらなるエリア拡大を目指して日々精進しております。現在中国滞在中。
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.