Broadband Watch logo
バックナンバー

その116「DLNAの仕組み」
[2007/03/26]
その115「ドメインとActive Directory」
[2007/03/19]
その114「ワークグループができること」
[2007/03/12]
その113「WPSの仕組み」
[2007/03/05]
その112「Gopherの生い立ちと現在」
[2007/02/26]
その111「Wikiの使われ方」
[2007/02/19]
その110「文字コードとは」
[2007/02/05]
その109「IISの生い立ち」
[2007/01/29]
その108「NASの登場と一般への普及」
[2007/01/22]
その107「HomePNAのいろいろ」
[2007/01/15]
その106「Ogg Vorbisの成り立ち」
[2006/12/25]
その105「MIDIの原理とSMFの構造」
[2006/12/18]
その104「AIFFの構造」
[2006/12/11]
その103「WAVの構造と現状」
[2006/12/04]
その102「WMAの歴史」
[2006/11/27]
その101「AACの特徴」
[2006/11/20]
その100「MP3/MPEG Audioの仕組み」
[2006/11/13]
その99「HSDPAの仕組み」
[2006/11/06]
その98「H.264・MPEG-4 AVCの特徴」
[2006/10/30]
その97「IEEE 802.16e(モバイルWiMAX)の特徴」
[2006/10/23]
その96「TIFFの特徴」
[2006/10/16]
その95「PNGの現状と今後」
[2006/10/02]
その94「GIFの構造」
[2006/09/25]
その93「10GBASEの種類(2)」
[2006/09/11]
その92「10GBASEの種類」
[2006/09/04]
その91「GbEのいろいろ」
[2006/08/28]
その90「JPEGの特徴」
[2006/08/21]
その89「DivXの広がり」
[2006/08/07]
その88「MPEGの仕組み」
[2006/07/31]
その87「WMVのこれまで」
[2006/07/24]
その86「AVIの生い立ちとそのコーデック」
[2006/07/10]
その85「QuickTimeの変遷」
[2006/07/03]
その84「Realのこれまでと今後」
[2006/06/26]
その83「ShareとWinny」
[2006/06/19]
その82「DOCSISの仕組み」
[2006/06/12]
その81「SQLインジェクションの流れ」
[2006/06/05]
その80「RSSの動作」
[2006/05/29]
その79「Skypeの仕組み」
[2006/05/22]
その78「BitTorrentの特徴と今後」
[2006/05/15]
その77「Winnyの仕組みと現状」
[2006/05/08]
その76「WinMXの特徴」
[2006/04/24]
その75「Gnutellaの歴史と構造」
[2006/04/17]
その74「Napsterの歴史」
[2006/04/10]
その73「P2Pのいろいろ」
[2006/04/03]
その72「IEEE 802.11nの動向」
[2006/03/27]
その71「ActiveX Scriptingの動作」
[2006/03/20]
その70「Ajaxの仕組み」
[2006/03/13]
その69「DHTMLの動作」
[2006/03/06]
その68「Scriptの定義」
[2006/02/27]
その67「JavaScriptの仕組み」
[2006/02/20]
その66「Javaの動作」
[2006/02/13]
その65「RFCのプロセス」
[2006/02/06]
その64「ActiveX DocumentとActiveX Controlの違いと共通点」
[2006/01/30]
その63「ActiveX Controlの機能」
[2006/01/23]
その62「ActiveXを構成するもの」
[2006/01/16]
その61「Cookieの仕組みと用途」
[2005/12/26]
その60「malwareとその分類」
[2005/12/19]
その59「rootkitの動作」
[2005/12/12]
その58「CSSの役割」
[2005/12/05]
その57「HTMLの変遷」
[2005/11/28]
その56「PONとその種類」
[2005/11/21]
その55「FWAの仕組み」
[2005/11/14]
その54「DoSとDDoS」
[2005/11/07]
その53「SNMPとMIBの動作」
[2005/10/03]
その52「Jumbo Frameとフレームサイズ」
[2005/09/12]
その51「WPA2の仕組み」
[2005/09/05]
その50「WPAとWPA-PSKの違い」
[2005/08/29]
その49「WPAの仕組み」
[2005/08/22]
その48「WebDAVの動作」
[2005/08/08]
その47「OFDMAの仕組みとOFDMとの違い」
[2005/08/01]
その46「OFDMの仕組み」
[2005/07/25]
その45「WiMAXの特徴」
[2005/07/11]
その44「Wi-Fiの役割」
[2005/07/04]
その43「FTPの目的と動作」
[2005/06/27]
その42「UPnPの動作」
[2005/06/20]
その41「ネットマスクの仕組み」
[2005/06/13]
その40「ARPの機能」
[2005/06/06]
その39「DNSの原理」
[2005/05/30]
その38「デフォルトゲートウェイの役割」
[2005/05/23]
その37「MACアドレスの仕組み」
[2005/05/16]
その36「スイッチとその進化」
[2005/05/09]
その35「ルータによるメリット」
[2005/04/25]
その34「ブリッジの原理」
[2005/04/18]
その33「リピータの機能」
[2005/04/11]
その32「IPアドレスのクラス」
[2005/04/04]
その31「ブロードキャスト/マルチキャスト/ユニキャスト」
[2005/03/28]
その30「SMTP AUTHと認証の種類」
[2005/03/14]
その29「Submissionポートとスパムメール対策」
[2005/03/07]
その28「Outbound Port25 Blockingとは」
[2005/02/28]
その27「PGPの仕組み」
[2005/02/21]
その26「PKIと認証局」
[2005/02/14]
その25「公開鍵暗号方式とは」
[2005/02/07]
その24「共通鍵暗号とは」
[2005/01/31]
その23「SSHの仕組みと応用」
[2005/01/24]
その22「SSLの役割」
[2005/01/17]
その21「POP3とIMAP4の違い」
[2004/12/27]
その20「POP3の役割と機能」
[2004/12/20]
その19「SMTPの機能と問題点」
[2004/12/13]
その18「SPIとパケットフィルタリング」
[2004/12/06]
その17「LANの概念とその広がり」
[2004/11/29]
その16「SIPの役割」
[2004/11/15]
その15「プロキシの利用」
[2004/11/08]
その14「VoIPの仕組み」
[2004/11/01]
その13「イーサネットとは」
[2004/10/25]
その12「IP/TCP/UDP/ICMPとは」
[2004/10/18]
その11「DHCPの役割」
[2004/10/04]
その10「MIMOとは」
[2004/09/27]
その9「DMZとその効果」
[2004/09/13]
その8「ファイアウォールとは」
[2004/09/06]
その7「NATとNAPTの違いとIPマスカレード」
[2004/08/30]
その6「VPNとVPNパススルーの仕組み」
[2004/08/23]
その5「無線LANの問題とWEP」
[2004/08/09]
その4「IEEE 802.11a/b/gって何を意味しているの?」
[2004/08/02]
その3「ダイナミックDNSって?」
[2004/07/26]
その2「グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス」
[2004/07/12]
その1「PPPoEって何だろう?」
[2004/07/05]

その38「デフォルトゲートウェイの役割」


デフォルトゲートウェイって何?

 ネットワークで通信する場合、「相手を特定すること」と「相手と接続すること」は、必ずしも同義ではありません。例えば図1のようなケースを考えてみます。クライアントA〜Cがルータの下にぶら下がっており、このルータがインターネットに接続しているというケースです(間にあるモデムなど省略します)。さて、このケースでクライアントAはどうやって“bb.watch.impress.co.jp”に接続するのでしょうか?

 この場合、まず接続する相手を特定する必要があります。これは次回説明するDNSの働きなのですが、例えばWebブラウザに“http://bb.watch.impress.co.jp/”と入力されたら、ここから“bb.watch.impress.co.jp”という部分を取り出し、これをDNSというサービスに投げます。

 DNSは「“bb.watch.impress.co.jp”=“210.173.173.66”」と知っているので、返事として“210.173.173.66”というIPアドレスをクライアントAに返してくれます。これを受けてクライアントAは、“210.173.173.66”というIPアドレスに接続要求を出そうとするわけですが、クライアントAはこの“210.173.173.66”がどこにあるのかを知りません。

 これが“192.168.1.2”などの場合であれば、クライアントAは「相手がLAN内にある」とわかるので(これはいずれお話するネットマスクの働きになります)、ARP(これもそのうちお話します)を使って相手のMACアドレスを特定し、そこに対して通信をかければ良いわけです。しかし、“210.173.173.66”は、明らかに同じLAN上にありません。

 こうしたときに機能するのが、デフォルトゲートウェイ(Default Gateway)という呼ばれるものです。クライアントAは、相手がどこにあるのかわからない場合、とりあえずデフォルトゲートウェイにパケットを投げます。そうすると以後は、デフォルトゲートウェイ側でやってくれる、というわけです。


図1:デフォルトゲートウェイの利用例

ゲートウェイとデフォルトゲートウェイ

 そもそもネットワークの場合、相手と必ずしも直接繋がっているわけではないケースが非常に多いため、ゲートウェイと呼ばれるサービスが考慮されています。例えば図2のように、サーバーA〜Cとの接続に、それぞれ専用のゲートウェイA〜Cが用意されているケースを考えます。この場合で、クライアント側に以下のような設定を行なう必要があります。

・サーバーAと通信する場合は、ゲートウェイAをサーバーAとみなして通信する
・サーバーBと通信する場合は、ゲートウェイBをサーバーBとみなして通信する
・サーバーCと通信する場合は、ゲートウェイCをサーバーCとみなして通信する

 図1のケースでも、「210.173.173.66と通信する場合は、192.168.1.1を210.173.173.66とみなして通信する」という設定をクライアントA〜Cに入れておけば、問題なくクライアントA〜Cが“bb.watch.impress.co.jp”に要求を出せるようになります。

 ところが、インターネットの先には山ほどサイトがあるわけで、これを1つ1つ設定していたらキリがありません。このため、「デフォルト」、つまり「同じネットワーク上にない相手と接続する場合に、特に指定がなければ」、192.168.1.1をその相手とみなして通信しましょう、というのがデフォルトゲートウェイです。


図2:ゲートウェイとデフォルトゲートウェイ

 当然ながら、ゲートウェイは複数存在していても構いませんが、デフォルトゲートウェイはネットワーク(図2で言えば、LAN上)に、原則として同時に1つしか存在してはいけません。ただ、このあたりはOSによってちょっと扱いが異なってきます。

 例えば、Windows系だと、2枚のイーサネットカードを装着し、各々を別々のLANに接続した場合、デフォルトゲートウェイが2つ設定できます(イーサネットカードごとにデフォルトゲートウェイの設定が可能)が、同時に使われるのはどちらか1つだけです。この場合、どちらのデフォルトゲートウェイの設定を使うかという設定は、Interface Metricという値を変更することで操作します。

 一方、Unix/Linux系OSでは複数のゲートウェイをデフォルトゲートウェイに同時に設定することは可能ですが、この場合どちらのゲートウェイもちゃんとデフォルトゲートウェイとして動作しなくてはなりません。ただし、こうした複数のデフォルトゲートウェイの管理というケースは、普通のユーザーには普段は不要といって良いでしょう。





2005/05/23 10:55

槻ノ木 隆
 国内某メーカーのネットワーク関係「エンジニア」から「元エンジニア」に限りなく近いところに流れてきてしまった。ここ2年ほどは、企画とか教育、営業に近いことばかりやっており、まもなく肩書きは「退役エンジニア」になると思われる。(イラスト:Mikebow)
Broadband Watch ホームページ
Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.